StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【Canon】EOS R50 ダブルズームキットの魅力と作例 ~やさしいカメラ記事~

【Canon】EOS R50 ダブルズームキットの魅力と作例 ~やさしいカメラ記事~

Canon EOS R50 + RF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STM

 
カメラをはじめようとお考えの方はもちろん、新しいメーカーへのお買い替えや機材選びなどで悩んでいる皆さまへ向けた「やさしいカメラ記事」を連載しております!
「わたしが使っているカメラ以外はよくわからない・・・」という方にもわかりやすく解説しておりますので、最後までお付き合いいただけましたら幸いです。

今回使用するのは、Canonの「EOS R50 ダブルズームキット」です。
「EOS R50」と2本のズームレンズがセットになっているという、まさにはじめてカメラにチャレンジしてみようという方や、昔はカメラに触っていたけれど最近はご無沙汰な方など、幅広いみなさまにお使いいただけるアイテムです。

「EOS R50」は幅広いユーザーが使いやすいカメラです。
重量328g、幅116.3mmと、EOS Rシリーズ最小・最軽量として昨年登場しました。
携行性と画質を両立するAPS-Cサイズセンサーは高画質な写真を創り出してくれます。
カメラ任せにできる機能がいくつも搭載されており、一番簡単な全自動の「シーンインテリジェントオート」は夜景や逆光などの難しいシーンでも上手に写してくれてます。
誰でも、簡単に、綺麗に。
そんなやさしいカメラです。

「RF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STM」はわずか約130gと、筆者のスマホより100g以上軽いという携行性に優れるレンズです。
十分な手ブレ補正もついており、35mm判換算で29~72mm相当という使いやすい焦点距離をカバーします。
全長は44.3mmと短く、同じく小型の「EOS R50」と組み合わせることで、非常にコンパクトになります。

「RF-S55-210mm F5-7.1 IS STM」は35mm判換算88-336mm相当のレンズで、300mm超相当のレンズとは思えない驚きの小ささと軽さを誇ります。
望遠レンズらしい引き寄せ効果や圧縮効果、そしてボケ味で、作品を彩ることができます。
また望遠マクロとしては最大撮影倍率0.28倍なので、小さな花なども大きく写すことができます。
手ブレ補正も備わっていますので、シャッタースピードを稼ぎたい時にも安心です。

この何でも撮りたくなる組み合わせで撮影してきました。
それではどうぞご覧ください。
 
 

Canon EOS R50 + RF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STM

 
たくさんの人が巨大水槽に集まる休日。
誰かの邪魔になってしまうことのないよう、人混みではコンパクトな機材が役に立ちます。
大きな水槽も広角端18mm(35mm判換算35mm相当)まで引ければ写すことができました。
 
 

Canon EOS R50 + RF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STM

 
どの水槽も混んでいて、比較的空いていたイソギンチャクのところへ近寄ります。
「RF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STM」は最短撮影距離がAFの場合で20cmとかなり近寄ることができるので、イソギンチャクの触手もこのとおり見やすく撮ることができました。
実はMFに切り替えると15cmとさらに寄れるのです。
「EOS R50」のユーザーはAFを使う方が多いかなと思い、今回はAFのまま撮影しました。
なお最短撮影距離とはレンズ先端からではなく、センサー面から合焦面までの距離です。
 
 

Canon EOS R50 + RF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STM

 
レンズを付けかえることなくそのまま撮っていきます。
72mm相当の望遠域まで使えるので、水族館のような室内の撮影で困ることはありません。
魚が人間を見ています。
翡翠のような美しいグリーンの目が魅力的です。
この魚は常に動いていましたが、どうしてもその目を撮りたかったのです。
泳いでいる中でも優秀なAFがその目にピントを合わせてくれました。
 
 

Canon EOS R50 + RF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STM

 
葉っぱに乗って休むカエル。
寝ているように見えたのですが、よく見ると目が開いていました。
水槽が少し汚れていたせいか、すこしふんわりとした描写になったように思います。
あまり明るくない状況でしたが、ボディにもレンズにも手ブレ補正がついているので安心です。
 
 

Canon EOS R50 + RF-S55-210mm F5-7.1 IS STM

 
外に出たのでレンズを「RF-S55-210mm F5-7.1 IS STM」に変えて、遠方の景色を引き寄せて撮ります。
ずっと遠くにある橋も一緒に写すことができました。
 
 

Canon EOS R50 + RF-S55-210mm F5-7.1 IS STM

 
本ボディは乗り物を捉えるAFがあり、飛んできたヘリコプターにレンズを向けたところ捕捉してくれました。
メーカーは飛行機は捉えるとしているものの、ヘリコプターについては明言されていませんが、追ってくれました。
 
 

Canon EOS R50 + RF-S55-210mm F5-7.1 IS STM

 
遠くから望遠端で撮ったシルエット。
少し色が残っているのが綺麗です。
本ボディに搭載されているAPS-Cサイズセンサーは、携行性と高画質を両立するバランスのよさが魅力。
陽が傾く時間帯でも美しい色合いで高画質に描き出します。
 
いかがでしたでしょうか。
今回は「EOS R50」に「RF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STM」と「RF-S55-210mm F5-7.1 IS STM」がセットになったダブルズームキットで撮影しました。
小ささと高画質が両立するのですから、エントリーユーザーだけでなく、楽をしたくなったベテランや、手軽に本格的な作品を撮りたい方にも向いています。
本ボディはカラーバリエーションがブラックだけでなくホワイトも用意されているのが嬉しいところ。
ぜひセットでお手にとっていただきたいです。
 
 

[ Category:Canon | 掲載日時:24年05月08日 13時35分 ]

新規会員登録
マップカメラのおすすめイベント

EarlySummerSALE 先取/下取交換15%UP

RECOMMEND

PAGE TOP