Select Language

【Nikon】COOLPIX P1000 未知の世界への誘い

[ Category: Nikon|掲載日時:2019年01月26日 10時30分]



今回は「Nikon COOLPIX P1000」で撮影してみました。

発表された時から、「3000mm相当という未知の望遠域の世界はどんなものか」と気になっていました。
鏡筒部分のズームレバーの隣の「クイックバックズームボタン」を押すと、いったんワイド側に引き下がり、元の焦点距離まで再度ズームアップしてくれます。
画角が極端に狭いため、被写体を探すのにかなり役立ちました。


手振れ補正の効果は非常に強く、頼もしく感じました。通常、超望遠レンズの領域は三脚が必須となりますが、
地面に膝を付いたり、壁や手すりを利用して工夫すれば、「Nikon COOLPIX P1000」では手持ち撮影でも、
ほとんど手振れせず撮影することができました。

ここに掲載した写真は、すべて三脚も一脚も使用せず、手持ちで撮影しています。


COOLPIX P1000
3000mm相当


満月は非常に魅力的ですが、欠けた月にも面白さがあります。
クレーターの凹凸が驚くほど緻密に描写されています。
月の撮影だけに限定してしまえば「もう天体望遠鏡は要らないのでは?」
と思ってしまうほど、簡単に撮影出来てしまいました。


COOLPIX P1000
2200mm相当


日中の月も撮影してみました。日中でも実はこんなにクレーターが見えるということに驚きました。
3000mm相当の画角は月の上下がはみ出てしまう程の画角の狭さです。
肉眼では見えない異次元の世界を体験できます。


COOLPIX P1000
3000mm相当


およそ15kmほど離れた地点から3000mm相当の焦点距離で、東京タワーの一部を撮影。
この日は寒い一日でしたが、日差しがあり風がないため、陽炎が出てしまい画像が揺らいでしまっています。
肉眼ではポツンとしか見えない、ずっと遠くの被写体を手に取るように撮影できます。


COOLPIX P1000
750mm相当


陽炎が強いため、列車の編成写真は断念。
長望遠レンズの圧縮効果と、陽炎を利用し、少し幻想的な画作りをしてみました。


COOLPIX P1000
1500mm相当


COOLPIX P1000
1700mm相当


公園の林にいたヒヨドリを狙ってみました。3000mm相当の超望遠を駆使すれば、
シジュウカラやメジロなど、もっと小さい上に警戒心の強い鳥たちも逃げられずに撮影できそうです。


COOLPIX P1000といえば「月撮影専用カメラ」というイメージと持っていましたが、
いろいろな可能性があることが少し試しただけでもよく分かりました。
超望遠レンズの未知の世界を手軽に体験できる1台です。




[ Category: Nikon|掲載日時:2019年01月26日 10時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!31票


【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】

【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月16日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『4K動画×手ブレ補正』 手持ちでシネマクオリティを実現するOM-D Movie 4K動画撮影機能はもちろん、E-M1 X...
続きを読む
null

私の現像レシピ[2020年02月15日]

先日、自分でフィルム現像をしていて本当に良かったなぁと感じたことがありました。 カメラ屋さん「ご自身で現像されたんですか?」 私「ええ、意外と簡単ですよ。」 カメラ屋さん「私も興味がありまして... 暗室でですか。」 私「いえ、暗室がなくてもできますよ。私はお風呂場を暗室の代わりにしてやってます。」 カメラ屋さん「すごい、私もやってみようと思います。」 自家現像...
続きを読む
【Laica】ひだまりの暗箱、詠う蛹

【Leica】ひだまりの暗箱、詠う蛹[2020年02月15日]

のぼる朝日は靄を帯びて、 窓からのぞく歩道は白く歪んでみえます。 鼻をすする声と軽快な足音が入り混じる街は 少し早めの春の訪れを感じさせます。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 この度はライカブティック 7周年にあやかりまして 7枚の御手と少しのおまけを 撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 『愛昧』 さて、いきなりで大変恐縮ですが ...
続きを読む
Canon EOS R5 開発発表

【Canon】次世代のフルサイズミラーレス『EOS R5』が開発発表されました![2020年02月14日]

2020年2月13日、キヤノンは次世代のフルサイズミラーレスカメラ『EOS R5』と、新しい「RFレンズ」の開発を発表しました。 「EOS Rシステム」をさらに魅力的にする新製品を公開された資料から紹介いたします。 EOS R5 2020年に発売される見込みの『EOS R5』には、新開発のCMOSセンサーを搭載し、電子シャッターで最高約20コマ/秒、メカシャッターで最高約12コマ/秒の連写性能の...
続きを読む
Canon + Zoo

【Canon】Canon + Zoo 【EOS 5DsR】[2020年02月14日]

皆様は、普段どれくらい動物園に足を運びますか。 大人になってみると、なかなか縁がないという方も多いかもしれません。 動物園は家族や親しい人と行く場所…そういった認識は、カメラと望遠レンズさえあれば覆すことが可能です。 敢えて申し上げるのであれば、カメラを持っているなら、望遠レンズを持っているなら、ぜひ動物園へ行きましょう。 ・動物園で望遠レンズ? 動物園のように...
続きを読む