【FUJIFILM】X100とちょっとそこまで | THE MAP TIMES 
Select Language



【FUJIFILM】X100とちょっとそこまで

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2019年02月04日 13時00分]



FUJIFILM X100が発売されたのが、2011年3月のことでした。APS-Cサイズのセンサーと35mmF2相当のレンズ。そしてハイブリットビューファインダーを搭載したクラシカルなデザインは人々を魅了しました。
今ではX100S・X100T・X100Fとそのデザインとコンセプトを活かしながら世代を重ねて、多くの人に愛されるカメラとなっております。

今回は、初代X100を持って江の島まで行ってきました。登場から約8年。デジカメとしては古い世代となりますが、まだまだ、現役のカメラです。

FUJIFILM X100

新宿駅から1時間と少し。小田急線に乗って片瀬江ノ島駅につきました。ホーム下りるとそこは工事中。改札の場所が今までと変わっていて驚きます。
2020年に向けて改修工事をしているそうで、竜宮城のイメージを残しつつ、より便利で使いやすい駅へと変貌するそうです。特徴的だった赤い柱にピントを合わせつつ、工事が進む元の改札を撮影しました。

FUJIFILM X100

駅を出ると強い海風にさらされます。この日は気温が低いので、しっかりと防寒対策をしてきていましたが、その寒さに襟元のマフラーをしっかりと巻き直します。
江の島に向かって、しばらく歩いていくと迎えてくれるのが灯篭の下に掘られた龍でした。その顔は、こんなところでじっとしているよりも、程よく雲が浮かぶ空へ飛び立っていきたそうな表情をしていました。

FUJIFILM X100

参道を抜け、階段をのぼりながら辺津宮、中津宮と進みます。平日にも関わらず多くの人々が参拝をしながら奥を目指していきます。
境内には所々に願いの書かれたピンクの絵馬がかけられていたり、紅白のおみくじが結ばれ境内に色を添えます。一瞬静かになった境内で、シャッターを押しました。

FUJIFILM X100

江ノ島を登り切った先にあるのが、今日の目的地のサムエルコッキング苑と江の島シーキャンドルです。サムエルコッキング苑は明治時代の英国人貿易商「サムエル・コッキング」に由来した植物園です。園内には高さ59.8メートルの江の島シーキャンドルがあり、遠くからでもその姿を見ることが出来ます。

FUJIFILM X100

ちょうどこの時は江の島ウィンターチューリップ開催されており、園内の入り口に多くのチューリップが咲いていました。ここでマクロモードを入れるとファインダーがOVFからEVFに切り替わりピントをしっかりと見ながら撮影することが出来ます。
少し時期が遅かったので見ごろは過ぎていましたが、沢山のチューリップを撮影しました。

FUJIFILM X100

園内を進みシーキャンドルのエレベーターを昇ると360度のパノラマが待っています。この日は天気が良く見下ろす弁天橋をはじめ、奥には横浜や東京スカイツリーまで見渡すことが出来ます。また、場所を変えると三浦半島や伊豆半島、少し雲が掛かっていましたが富士山もしっかりと見ることが出来ました。

FUJIFILM X100

絶景を楽しんだ後は、シーキャンドルを降りますが今回はエレベーターを使わずに外階段を使います。塔内の階段は柱と柱の間にあり、上を見上げるとシーキャンドルの構造がよくわかります。翻り柵の間から下を覗くと、程よく高いおかげで下の景色がはっきりと見えてしまうので、一歩一歩スリリングな思いをしながら階段を下りました。

今回のお散歩はここでお終い。江ノ島は都心からも近く、撮影におすすめの場所です。ここでは紹介しきれなかった様々なスポットもあるので、四季折々で楽しむことが出来ます。

改めてX100を使って感じたことは、単焦点なのでレンズに悩むことがなくひとつの画角で撮れるということ。時にはレンジファインダーのようにその瞬間を切り取り、時には一眼レフのようにじっくりと撮れるということ。
そして何よりもクラシカルな外観がカッコイイので、色々な場所へ持って行きたくなるということです。
外に出掛けてその瞬間を切り取るお散歩カメラには、ぴったりだと改めて思いました。

FUJIFILM X100。あなたの相棒にいかがでしょうか?






〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓



[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2019年02月04日 13時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

とある50R 【増税前にデビュー】とある50R 中望遠デビュー編 2019年09月11日
『とある50R 中望遠デビュー編 』 茹だるような暑さが続いております。 写真を撮りに出掛けた際、まだまだ小休憩は欠かせません。 涼しく冷えた喫茶店で、撮影した写真を眺めながら、過ごすひと時は心地のいいものです。 さて、今回は増税前ということで、今までなかなか手が出なかったレンズ、GF120mm F4 R LM OIS WR Macroをチョイスし、写真を撮りに出掛けました。 今回は“マクロレンズ”としての運用ではなく、“120mm(35mm判換算約95mm)”という中望遠域の焦点距離を活かした運用を...
続きを読む
こFUJIFILM 広角でスナップデビュー 【増税前にデビュー】FUJIFILM 広角でスナップデビュー 2019年09月04日
『FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR』 -言葉を写真に- 1/40 F8 ISO200 WB AUTO FUJIFILM唯一のボディ内手ブレ補正搭載のX-H1と FUJIFILMで最広角となる大口径超広角ズームレンズであるXF8-16mmF2.8 R LM WR、 この組み合わせで都内へ出かけました。 1/60 F2.8 ISO500 WB AUTO ボディとレンズ、合わせておおよそ1,400gの重量ですので、 決して軽くはない組み合わせでしたが、 X-H1の深いグリップにより、迷わずすぐに構えることが出来たので、 とっさの撮影でも安定して撮影...
続きを読む
【私のお気に入り】横浜、ちょっとだけ散歩 【私のお気に入り】横浜、ちょっとだけ散歩 2019年08月19日
とある夏の日、セミの声のシャワーを浴びながらたどり着いたのは横浜の洋館でした。 出迎えてくれたのは、ブラフ18番館。横浜山手にある大正末期に建てられた歴史のある建物です。 建物の中に入ると冷房がよく効いており、ひんやりとした空気が出迎えてくれます。外の暑さとはまるで別世界に来たようでした。 この日の相棒はFUJIFILM X100。2011年発売と少し古いカメラですが、ちょうどよい大きさとしっかりとした描写力を兼ね備えているので、ちょっとしたお散歩にはいつもこのカメラを持って行き...
続きを読む
とある50R 【私のお気に入り】とある50R ACROS編 2019年08月07日
『とある50R ACROS編 』 長い梅雨が明けて暑い夏がやってまいりました。 写真を撮りに出かけた際、ついつい喫茶店などで休んでしまう。 私はそんな夏が好きです。 さて、私の『お気に入り』、それはFUJIFILMのフィルムシミュレーション、ACROSです。 FUJIFILMが積み重ねてきた写真用フィルムの歴史、その中でも多くの人々に愛用されてきたモノクロネガフィルムACROSを忠実にシミュレートしたものです。 各メーカーがカメラに搭載しているフィルターとは一味違った機能になっています。 今回...
続きを読む
FUJIFILM X100F 【私のお気に入り】FUJIFILM X100F 2019年07月31日
『FUJIFILM X100F』 私のお気に入りのひとつはFUJIFILMX100Fです。 毎日のように持ち歩き、自分の記録として使ったり、スナップを撮影したりしています。 1/125 f5.6 iso1250 毎日使っていても飽きない理由が大きく分けて3つあります。 1つめはISO、スピード、F値の操りがアナログ操作であることです。 画角が固定なことも、写真に迷いがなく統一した作品作りができます。 デザインやボタン配置等に無駄がなく、かっこいいルックスも好みです。 2つめは開放の甘さです。 F2で撮ると、...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]