【FUJIFILM】X100とちょっとそこまで | THE MAP TIMES 
Select Language



【FUJIFILM】X100とちょっとそこまで

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2019年02月04日 13時00分]



FUJIFILM X100が発売されたのが、2011年3月のことでした。APS-Cサイズのセンサーと35mmF2相当のレンズ。そしてハイブリットビューファインダーを搭載したクラシカルなデザインは人々を魅了しました。
今ではX100S・X100T・X100Fとそのデザインとコンセプトを活かしながら世代を重ねて、多くの人に愛されるカメラとなっております。

今回は、初代X100を持って江の島まで行ってきました。登場から約8年。デジカメとしては古い世代となりますが、まだまだ、現役のカメラです。

FUJIFILM X100

新宿駅から1時間と少し。小田急線に乗って片瀬江ノ島駅につきました。ホーム下りるとそこは工事中。改札の場所が今までと変わっていて驚きます。
2020年に向けて改修工事をしているそうで、竜宮城のイメージを残しつつ、より便利で使いやすい駅へと変貌するそうです。特徴的だった赤い柱にピントを合わせつつ、工事が進む元の改札を撮影しました。

FUJIFILM X100

駅を出ると強い海風にさらされます。この日は気温が低いので、しっかりと防寒対策をしてきていましたが、その寒さに襟元のマフラーをしっかりと巻き直します。
江の島に向かって、しばらく歩いていくと迎えてくれるのが灯篭の下に掘られた龍でした。その顔は、こんなところでじっとしているよりも、程よく雲が浮かぶ空へ飛び立っていきたそうな表情をしていました。

FUJIFILM X100

参道を抜け、階段をのぼりながら辺津宮、中津宮と進みます。平日にも関わらず多くの人々が参拝をしながら奥を目指していきます。
境内には所々に願いの書かれたピンクの絵馬がかけられていたり、紅白のおみくじが結ばれ境内に色を添えます。一瞬静かになった境内で、シャッターを押しました。

FUJIFILM X100

江ノ島を登り切った先にあるのが、今日の目的地のサムエルコッキング苑と江の島シーキャンドルです。サムエルコッキング苑は明治時代の英国人貿易商「サムエル・コッキング」に由来した植物園です。園内には高さ59.8メートルの江の島シーキャンドルがあり、遠くからでもその姿を見ることが出来ます。

FUJIFILM X100

ちょうどこの時は江の島ウィンターチューリップ開催されており、園内の入り口に多くのチューリップが咲いていました。ここでマクロモードを入れるとファインダーがOVFからEVFに切り替わりピントをしっかりと見ながら撮影することが出来ます。
少し時期が遅かったので見ごろは過ぎていましたが、沢山のチューリップを撮影しました。

FUJIFILM X100

園内を進みシーキャンドルのエレベーターを昇ると360度のパノラマが待っています。この日は天気が良く見下ろす弁天橋をはじめ、奥には横浜や東京スカイツリーまで見渡すことが出来ます。また、場所を変えると三浦半島や伊豆半島、少し雲が掛かっていましたが富士山もしっかりと見ることが出来ました。

FUJIFILM X100

絶景を楽しんだ後は、シーキャンドルを降りますが今回はエレベーターを使わずに外階段を使います。塔内の階段は柱と柱の間にあり、上を見上げるとシーキャンドルの構造がよくわかります。翻り柵の間から下を覗くと、程よく高いおかげで下の景色がはっきりと見えてしまうので、一歩一歩スリリングな思いをしながら階段を下りました。

今回のお散歩はここでお終い。江ノ島は都心からも近く、撮影におすすめの場所です。ここでは紹介しきれなかった様々なスポットもあるので、四季折々で楽しむことが出来ます。

改めてX100を使って感じたことは、単焦点なのでレンズに悩むことがなくひとつの画角で撮れるということ。時にはレンジファインダーのようにその瞬間を切り取り、時には一眼レフのようにじっくりと撮れるということ。
そして何よりもクラシカルな外観がカッコイイので、色々な場所へ持って行きたくなるということです。
外に出掛けてその瞬間を切り取るお散歩カメラには、ぴったりだと改めて思いました。

FUJIFILM X100。あなたの相棒にいかがでしょうか?






〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓



[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2019年02月04日 13時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

X-Pro2 +ズームレンズ 【FUJIFILM】X-Pro2 +ズームレンズで動物を撮る 2019年02月16日
X-Pro2にズームレンズは邪道だと言われるかもしれませんが、今回3本のズームレンズで街中にいる動物を撮ってきました。 使用したレンズはこちらの3本です。 「フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS」 「フジノン XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS」 「フジノン XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR」 まずは「フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS」から。 非常に軽く、個人的には一番使用するレンズです。 自宅近くで綺麗な野良猫を発見。 こちらを警戒しつつも、やはりお腹が空いているの...
続きを読む
【ATOMOS】FUJIFILM X-T3でF-Log・10bit外部収録を試す 【ATOMOS】FUJIFILM X-T3でF-Log・10bit外部収録を試す 2019年02月11日
今回はATOMOS 「NINJA FLAME」とFUJIFILM 「X-T3」を使い動画の外部収録テストを行いました。 使用機材:FUJIFILM X-T3+XF16-55mm F2.8 R LM WR/ATOMOS NINJA FLAME 撮影設定:4:2:2 10bit ProRes HQ F-Logでの収録自体は前モデル「X-T2」「X-H1」でも対応していましたが、8bitではどうしても階調表現に限界があり、今回10bit記録に対応した事でよりLog収録を活用しやすい環境が整いました。 ~撮影~ 4KやLOG収録が浸透し、映像撮影では多機能モニターは必需品となっています。 この分野には様々...
続きを読む
【FUJIFILM】X100とちょっとそこまで 【FUJIFILM】X100とちょっとそこまで 2019年02月04日
FUJIFILM X100が発売されたのが、2011年3月のことでした。APS-Cサイズのセンサーと35mmF2相当のレンズ。そしてハイブリットビューファインダーを搭載したクラシカルなデザインは人々を魅了しました。 今ではX100S・X100T・X100Fとそのデザインとコンセプトを活かしながら世代を重ねて、多くの人に愛されるカメラとなっております。 今回は、初代X100を持って江の島まで行ってきました。登場から約8年。デジカメとしては古い世代となりますが、まだまだ、現役のカメラです。 新宿駅から1時間と少し...
続きを読む
GFX50S×GF45F28 【FUJIFILM】GFXでスナップ撮影 2018年12月16日
F8 1/125秒 ISO100 GFX50SにGF45mm F2.8 R WRを付けて京急線の新子安から子安の区間を撮影しました。 F8 1/80秒 ISO100 露出補正-0.7 新子安駅に着く直前、車内から線路脇にある寺院を見つけ早速来た道を戻る事にしました。 燈籠、踏み切り、門という見慣れない光景に思わず撮影しました。 参道を電車が横切るなんて珍しい場所でした。 F2.8 1/680秒 ISO100 露出補正-0.7 中判カメラの開放とはいかほどのものか試してみたく燈籠を撮影しました。 ピント面の緻密な描写とアウト...
続きを読む
【FUJIFILM】X-H1でエテルナを試す 【FUJIFILM】X-H1でエテルナを試す。 2018年12月03日
【FUJIFILM】X-H1でエテルナを試す  “Eternal(永遠なるもの)”を語源とする映画用フィルムがかつてありました。時代の流れか、フィルムは生産終了となり、それ以来このフィルムの持つ独特の発色・粒状性・階調バランスは、まさに語源通りに(永遠)に見られなくなると思われました。 しかし、エテルナは蘇りました。かつては映画用ということもあり、一般的には使われることのなかったエテルナが、フィルムシュミレーションとして、ミラーレ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]