Select Language

【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと7日!M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROを使ってみた!

[ Category: OLYMPUS|掲載日時:2019年02月15日 10時30分]




E-M1X




皆様こんにちは!
待望のOLYMPUSフラッグシップ機「OM-D E-M1X」の発売日が迫ってまいりました!
今回は「OM-D E-M1X」を待つ間に、現フラッグシップ機である「OM-D E-M1 Mark II」と
「M.ZUIKO PROレンズ」を合わせて使ってみた!という趣旨で、発売日までの7日間毎日連載していく予定です。

E-M1Xの購入を検討している方はもちろん、オリンパスのPROシリーズに興味がある方も参考になると思いますので、是非お楽しみください。

今回は「E-M1X」と一緒に使用して頂きたいレンズの一つ
PROシリーズの高倍率ズーム「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」をE-M1 MarkIIとセットで、親族の結婚式で使用してみました。


OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO


結婚式は出来る限りスマートに、できる限りレンズ交換はしたくないもの。
出来る限り軽量で、高倍率で画質も欲しい…そんなワガママな願いを叶えてくれるのが"M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO"です。

35mm換算24mmスタートなので、狭い会場でも広がりのある撮影ができます。
チャペルを真下から撮影しましたが、広角特有の歪みも無く、周辺部の画質にも余裕があると感じます。


OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO


式の後に行われる見どころのフラワーシャワー。
並んだ場所によってレンズを選ばないと、ベストショットを狙うのはなかなか難しいシーンですが、本レンズは一本でカバーできるので心強い限りです。
絞りもF4通しなので、ズーミングしてもシャッタースピードが変わらないところも、結婚式での撮影では助かる部分です。


OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO



式中のチャペル内で大きな音を立てるのはご法度。
もちろんレンズ交換する音や、動作も周りから見ると気になってしまうもの。
35㎜換算24-200mmの本レンズならレンズ交換することなく、上に掲載した写真の様にスムーズに構図を変更する事ができます。
ミラーレスならではのサイレントシャッターを併用すれば、式の進行を妨げることなく撮影する事ができるのも嬉しい部分です。


OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO


横アングルで全体像を写してみたり、縦アングルで花嫁さんを切り出してみたり…。
ついつい色々なアングルで撮影したくなってしまいます。
画質も開放から安定しているので、ピントや画像の乱れなども気にならずに撮影に集中出来ます。

式場ではマニュアル露出で撮影することが多く、出来る限り設定は変更したくないもの。
通常高倍率ズームではF値が変わってしまうので、ズームするたびに設定を見直さなければいけませんが、本レンズはF4通しなのでそんな心配も必要ありません。


OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO


望遠側でも安定した画質を維持しているので、大胆なトリミングを行っても綺麗な画像を得る事ができます。
(上の写真はほぼ等倍切り出しです!)

レンズの性能に加えて、小型マイクロフォーサーズとは思えないセンサー性能の良さも改めて実感することができるのではないでしょうか?
E-M1Xは同様のセンサーを搭載しているので、大事なワンシーンでも信頼して使用することができそうです。


OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO


本レンズはテレ側で45cmまで寄る事ができ、最大撮影倍率も35mm換算で0.42倍と、一つの被写体をググッと引き寄せる事ができます。

ピントが合っているところは立体的でシャープでありながら、単焦点と遜色のないボケ味を味わってみると、本当に24-200mmをカバーしている高倍率ズームなのか?と疑問にすら思うほど。

難しいウェディングドレスの白い生地も白とびすることなく、階調が豊かな事にも驚いてしまいます。


OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO


披露宴の最後を締めくくる場面では、会場全体が暗くなりスポットライトが照らされます。

シャッタースピードが下がりがちな場面ですが、本レンズは5軸シンクロ手ぶれ補正が入っており、最大で約6.5段も補正する事ができるスーパーレンズ。
手ブレを気にすることなく撮影に集中する事ができました。


高倍率ズームレンズは画質がどうしても…
という声を耳にしますが、本レンズはその不安を一掃する描写力を持った銘レンズ。
どんなシーンでも画質/焦点距離に縛られることなく、自由な構図を楽しめるのは本レンズの一番の魅力。

是非最新機種「OM-D E-M1X」と共に使って頂きたい一本です。


今回使用した機材はコチラ!







〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: OLYMPUS|掲載日時:2019年02月15日 10時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!24票


みんなのライカ

みんなのライカ[2020年02月25日]

ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン7周年を迎えることとなりました。 これもひとえに、たくさんのお客様のご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一同一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 さて、今日は本館地下スタッ...
続きを読む
ACROS IIで撮る鎌倉

【FUJIFILM】ACROSⅡで撮る鎌倉[2020年02月25日]

去年の11月に発売された富士フイルムのネオパン100 ACROS II。富士フイルムは、需要の減少と原材料の入手困難により、2018年秋に全ての黒白フィルムの販売を終了していましたが、販売継続を望む声が多く寄せられたことを受けこの度ACROSⅡとして復活したのです!価格高騰や生産終了などのニュースが相次ぐ中、この復活はとてもうれしいニュースです。 今回はそんなACROSⅡを使って鎌倉で撮影をしてき...
続きを読む
SIGMA fp + SIGMA MC-21 + TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD

【SIGMA】しぐまびより Part35[2020年02月25日]

SIGMA fp から使えるようになった「ティールアンドオレンジ」 Quattroから使えるようになったアスペクト比「21:9」と 合わせることがすっかりマイブームになりました。 現像ソフト「Adobe Lightroom」に SIGMAの カラーモードを反映できるプリセットが用意されるようになってから最近はこちらで現像しています。 「ティールアンドオレンジ」のみだけでなく「サンセットレッド」なども使えま...
続きを読む
【FUJIFILM】X-PRO2とちょっとそこまで

【FUJIFILM】X-PRO2とちょっとそこまで[2020年02月24日]

川崎で用事を済ませ時間が余った午後の日のこと。 天気もいいのでどこに行こうかと予定もなく駅の路線図を眺めていたら目に留まったのが秘境駅「海芝浦」でした。 「海芝浦」駅に向かうにはひとつの方法しかありません。それは鶴見線に乗ること。 早速、電車に乗り換え鶴見線の始発駅である鶴見駅に向かいました。 昭和の面影を色濃く残すレトロなホームに3両編成の短い電車入ってきます。...
続きを読む
スローシャッター×ポートレート

【OLYMPUS】スローシャッター×ポートレート【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月23日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『スローシャッター×ポートレート』 絞り:F4 / シャッタースピード:1/2秒 / ISO:200 / 使用レンズ:OLYMPUS M...
続きを読む