【SONY】影を求めて Light and Shadow | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】影を求めて Light and Shadow

[ Category:SONY|掲載日時:2019年02月25日 14時30分]



SONY α7RⅢ+Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount
SONY α7RⅢ+Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount
焦点距離:110mm 絞り:F2.5 シャッタースピード:1/1250秒 ISO:100




『影を求めて~Light and Shadow~』




『撮影』   

「光」あるところには必ず「影」があります。「影」という言葉はネガティブなイメージを抱きやすいこともあり、ついつい「光」の方に注目しがちではありますが、今回は「影」に注目して、「影」を追い求めて、品川駅周辺を歩きました。


使用機材は「SONY α7RⅢ」
「Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount」
「Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount」


撮影設定はJPEGエクストラファイン、各種レンズ補正は全て“切”、クリエイティブスタイルは「白黒」コントラスト+3シャープネス+3の設定です。後処理などは一切行っていません。

1枚目の写真はベンチに座り、膝の上にカメラを置いた状態で撮影しています。置きピンで、チルト液晶を傾けて、行きかう人の足元を狙いました。110mmという画角が丁度良く画を切り出せました。靴が地面に着くか、着かないかという印象的な瞬間が非常に気に入っています。前後の動きを感じさせる画となりました。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


SONY α7RⅢ+Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount
焦点距離:110mm 絞り:F2.5 シャッタースピード:1/500秒 ISO:100

木製デッキの上に並べられた椅子に印象的な斜光が降り注ぎ、地面に興味深い影のパターンを並べています。背中側に横縞をデザインした椅子で、グラデーションの出方が面白いと思いました。

SONY α7RⅢ+Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount
焦点距離:110mm 絞り:F2.5 シャッタースピード:1/500秒 ISO:100

影に沈む公衆電話機がノスタルジーな空気を醸し出しています。ハイライトとシャドーのコントラストが気に入った一枚です。

SONY α7RⅢ+Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount
焦点距離:110mm 絞り:F2.5 シャッタースピード:1/500秒 ISO:100

机上の傷跡。解像力の高い「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount」がその軌跡を捉えました。何てことはない、ただのテーブルですが、モノクロで見ると物体としての「年期」をより強く感じます。手前のテーブルの黒と、奥の背景の白のコントラストが小気味よいです。


SONY α7RⅢ+Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount
焦点距離:110mm 絞り:F2.5 シャッタースピード:1/400秒 ISO:100

今回追い求めていた「影」。面白い斜光に出会えた瞬間でした。連続した柱に同じような影が落ちていて、そのパターンが気に入りました。



------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


SONY α7RⅢ+Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount
SONY α7RⅢ+Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount
焦点距離:40mm 絞り:F4.5 シャッタースピード:1/40秒 ISO:100

後半からは、レンズを「Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount」に交換して撮影を続けました。最近特に気に入って使用している画角が40mmです。狭すぎず、広すぎず。その丁度良い塩梅は、スナップ撮影に最適だと思います。蒲鉾状の半円ドームには、天井に規則的なパターンと、ドーム両端には放射状に広がるガラス窓がありました。


SONY α7RⅢ+Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount
焦点距離:40mm 絞り:F4.5 シャッタースピード:1/40秒 ISO:100

先程のガラス窓のすぐ近くのタイルです。窓からこぼれた光がタイルの模様を綺麗に浮かび上がらせています。

SONY α7RⅢ+Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount
焦点距離:40mm 絞り:F1.2 シャッタースピード:1/2500秒 ISO:100

S字にカーブした渡り廊下です。水平をワザと崩すと、少し不安感のある画に仕上がりました。目立ったハイライトが無いせいで、さらに不安感が漂う画になっています。

SONY α7RⅢ+Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount
焦点距離:40mm 絞り:F1.2 シャッタースピード:1/5000秒 ISO:100

屋外の木陰に一人たたずむ男性。遠くからその後ろ姿を見かけた瞬間に、「画になる背中だな。」と思いました。補正を全て切って、さらに開放にしているので手前周辺部は少し流れているかな。と思いますが、それすらも「味」に感じてしまいます。

SONY α7RⅢ+Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount
焦点距離:40mm 絞り:F1.2 シャッタースピード:1/800秒 ISO:100

マンションの1階部分にある駐輪場です。上は建物になっているので、吹き抜けている両側からの光しか届きません。当日の天候は「曇り時々晴れ」直射光が出たり、遮られたりでタイミングを見計らうのが非常に難しい日でした。直射光ではありませんが、奥の吹き抜け道路側からの光によって、自転車の後輪、その輪郭が浮き立つような描写に心が動きました。

SONY α7RⅢ+Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount
焦点距離:40mm 絞り:F1.2 シャッタースピード:1/500秒 ISO:100

先程と同じ場所です。どこから運ばれてきたのやら、買い物カートが置き捨てられていました。奥の道からの光がすべり込んで、手前の柱を浮き立たせ。反対側の吹き抜けからの光が、カートを浮かび上がらせています。壁の質感までも捉えられているのは、流石「 NOKTON 40mm F1.2 Aspherical」と言えそうです。

SONY α7RⅢ+Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount
焦点距離:40mm 絞り:F1.2 シャッタースピード:1/800秒 ISO:100

こちらはノーファインダーでざっくりと狙ってみたカットです。エスカレーターの両側ガラスに映り込みがあり、面白い表現になっています。

SONY α7RⅢ+Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount
焦点距離:40mm 絞り:F1.2 シャッタースピード:1/1250秒 ISO:100

ラストカットはゆるく右にカーブを描く廊下を縦構図で狙いました。右手前、柵の影が道にパターンを描いていました。


如何でしたでしょうか。天候条件的に影の狙いずらい日でしたが、精いっぱい影を追い求めて、歩き回りました。「Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount」「Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount」の二本はマニュアルフォーカスのみのレンズです。ピントリングの操作感は非常に良好で、狙い通りにピントを送ることが出来ました。解像力も双方申し分なく、素晴らしいレンズだと思います。現像処理などで後からモノクロに変換することも容易となった現代ですが、最初からモノクロのみに設定をしてしまい、現場で画の善し悪しを見るのも良いなと、今回の撮影を通じて思いました。


↓今回の撮影で使用した機材はコチラ!↓






〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2019年02月25日 14時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

ヴィンテージカメラ mickey35を使ってみた 【SONY】待望の動物対応 瞳AFがα6400に実装されました! 2019年06月13日
本日、α6400ユーザーが待ちに待った動物対応 瞳AFのファームウェアが公開されました! アップデートはコチラから!(ソニー公式サイト) ご自宅で簡単にアップデートが可能です。 α7RIII、α7IIIで先行搭載され、話題の新機能が遂にα6400にも搭載! フルサイズ機に比べると手軽で使いやすいエントリー機 α6400に対応したことで、今まで以上に気軽に動物対応瞳AFを楽しめるようになりました。 使い方はいたってシンプル! 動物に向かってシャッターを半押しするだけで簡単に瞳にピントが合っ...
続きを読む
ポピーに魅せられて 【写真を楽しむ6月】ポピーに魅せられて 2019年06月10日
α7III + FE24-105mm F4G OSS + ND8 91mm | F5.6 | 1/6 | ISO100 ポピーに魅せられて 暑い日が続いた5月後半、日中は撮影への集中力が続かない為、早朝に撮れる被写体を探しました。 筆者はインターネットで被写体を探したり、グーグルマップでのロケハンをしばしば行いますが、 今回見つけた被写体は、「早朝のポピー」でした。陽が高くなる前なら動きやすいと、休みの日に早速撮影地へ出向きました。 α7III + MC-11 + Art135mm F1.8 DG HSM(キヤノンEF) 135mm | F3.5 | 1/60 | IS...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】動物瞳AFを愉しむ 【写真を楽しむ6月】動物瞳AFを愉しむ 2019年06月01日
先日のファームアップで待望の「動物対応瞳AF」が実装された、ソニー「α7III / α7RIII」。 今回は「α7RIII」に「FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM」を装着し、その実力を体感すべく、いざ動物園へ。 先ずは、腹ごしらえから。 赤い瞳ではなく、いくらが零れ落ちるボリューム。 うねうねとした角にインパクトのある動物と目が合います。 「ブラックバック」というそうです。 てっきりシカの仲間かと思いきや、ウシ科に属するそう。 動物の分類も奥が深いなと変なところに感心したりします。 ...
続きを読む
【SONY】雨ニモマケズ、風ニモマケズ。 【SONY】雨ニモマケズ、風ニモマケズ。 2019年05月27日
焦点距離:24mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/400秒 ISO:125 我々、カメラ好きにとって毎年やってくる憂鬱な季節。 【梅雨】 豊かな四季を誇る日本にとって、植物への恵となる雨・・・。わかってはいるのですが、如何せん湿気は機材の大敵であり、せっかくの休日に撮影に行こうと考えていても天気は生憎の【雨】。 生まれつきの出不精な私にとっては、家にこもりっぱなしにもなりがちな季節。 【梅雨】 ジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジ...
続きを読む
【SONY】強くてニューゲーム 【SONY】強くてニューゲーム 2019年05月14日
愛らしい容姿と、美しい囀り…。 被写体として、小鳥ほど魅力のあるものはなかなか無いのではないでしょうか。 とはいえ撮影難易度は非常に高く、「作品」を撮ろうとすると多大な努力を要します。情報収集から始まり、なわばりの位置特定、さらには目当ての鳥が現れるまで何時間も粘ったり…。 どちらかというと筆者は「歩きながら小鳥を探し、見つけたら撮る」というお手軽撮影派です。なので今までは愛機の一眼レフに70-300mmのズームを装着し、ライトに野鳥撮影を楽しんでおりました。 ですが、そ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]