トークイベント『ライカが捉えた奇界遺産』レポート | THE MAP TIMES 
Select Language



トークイベント『ライカが捉えた奇界遺産』レポート

[ Category:Leica|掲載日時:2019年02月22日 13時45分]





2019年2月17日 東京・新宿。マップカメラ本館地下1階『ライカブティック MAPCAMERA SHINJUKU』の6周年記念イベントとして、世界中の“奇妙なもの”を撮影されている佐藤健寿氏をお招きしたトークイベント『ライカが捉えた奇界遺産』を開催いたしました。今回はその様子を、写真を交えてレポートいたします。







テレビ番組をはじめとする様々なメディアでご活躍されている佐藤氏。今回のトークイベントでは実際に使用している『Leica M10』と、発売されたばかりの限定モデル『Leica M10-P サファリ』をご持参いただきました。世界中を旅しながら撮影をする機材として、なぜライカを選んだのか。スライドショーに質問を交えながらイベントがスタートします。

まず、メインはM型を使用しているそうですが、21mmの超広角や135mmの望遠を使用する時、そして動画撮影をしたい場合は『Leica SL』を使用しているといいます。 「M10は本当に高性能なのでほとんどこれだけで十分なのですが、例えばお祭りなどを撮る時、メインはスチルで撮っておいてイベント用に動画も撮りたいと思った時はSLを使用しています。」






世界中の廃墟も撮影している佐藤氏。この時のスライドはキューバにある廃墟になった劇場を『Leica SL』で撮影したそうです。
撮影現場の状況や廃墟になった歴史的背景など、詳しい解説を聞きながら見る佐藤氏のスライドショーに全員が引き込まれます。







「廃墟を撮影する時は、よくズミルックス21mm(Leica ズミルックス M21mm F1.4 ASPH. )を使用します。私はこのレンズがすごく好きで、写真のように暗所で広角を使いたい場合、レンズ選択肢が狭まるんです。一眼レフ用でも同スペックのレンズはありますが、結構大きくて重い。しかしライカレンズは一眼レフ用と比べるとだいぶ小さくすることができますし、立体感やボケ味など写りがとても良い。」






「廃墟の撮影によく行くのですが、こういう場所ってストロボを使って撮るより、窓や建物の割れ目から漏れてくる自然光を活かして撮影をした方が写真に雰囲気が出るので明るい広角レンズのズミルックス21mmは非常に重宝しています。」

「特にこの21mmをM型で使おうと思うと外付けの光学ファインダーをつけて確認しながら撮影したり、LVやEVFを使用して撮影したりすることになるのですが、本来のM型の使い方ではないので若干のラグが生まれるんです。タイミングが少しずれるような。そういった場合は、もうSLに21mmをつけっぱなしにして、M型には50mmや35mmをつけて撮っています。」






スライドショーが続く中、「ライカでしか撮れない写真とは?」という質問に対し、映し出されたのは闘鶏場の写真でした。

「M型ライカは小型なので相手に緊張感を与えなくていいのが大きなメリットでして、キューバや世界各地を撮影していると“緊張感を与えてはいけない場所”も多々あるんです。ここ(キューバの闘鶏場)も違法で賭博などが行われている場所なので、大きな一眼レフを出してバシャバシャ!っと撮影をしたら警戒されて追い出されてしまうでしょう。もしくは危険な目に遭うかもしれません。その点、M型はそんなに目立たないというか、撮影していても「なんか古いフィルムカメラだな」くらいにしか思われないんです。本当は最新のデジタル機なのに。でもそう思われるのは私にとって好都合で、緊張感を与えずに撮れるのはもちろん、盗難に遭うリスクも少なくなります。」






その後も、様々な国の奇界遺産や廃墟の写真が登場します。その流れで「今見ておくべき日本の奇界遺産は?」という問いに、とても興味深いお話をされていました。

「ちょっと逆説的な話になってしまうのですが、2020年以降の景色がどうなるのかはとても興味深いです。4年に1度行われるスポーツの祭典は毎回色々な国で行われていますが、そういった施設や建物というのはすぐに廃墟化していくものがとても多い。すごい廃墟って大体パターンがあって、ある“特殊な目的”で作られている、そしてそのために大きなお金が動いている、という条件があります。今国内でも様々な施設を建設していますが、それが今後どういう廃墟になるんだろうと、考えているのは多分僕だけではなく、世界中にいると思いますね。」






スライドショー終盤は東アジアの“とある国”の話題に。持っていった機材は『Leica M10』と『Leica M9』だそうです。

「実際に暮らしている人々はごく普通の人たち。みんなスマートフォンのカメラで写真を撮ったりしていましたが、カメラを持っている人はいませんでした。なので、カメラを持っていると外国人なんだなって周りからも分かります。なかなか入国するのが難しい国ということもあり、大変なところもありました。現地ではガイドが必ず2人付くのですが、ジワジワと疑ってくるんです。スパイなんじゃないかって。私としては全然ジャーナリズムな目的で行ったわけではないので笑って済ませたのですが、そういう事は色々ありました。」

「私のPCにアニメキャラクターのシールが貼ってあるのですが、実はこれにも理由があります。実際にその国へ行ったことがある方から「疑われた時にPCやスマホを確認される場合もある」と聞いていたので、シリアスな取材などと疑われないように急遽空港の売店で購入して貼りました。結果的には特にそのような事はありませんでしたが。」






面白いお話がたくさん聞けたスライドショーが終了し、最後は佐藤氏に直接質問できるコーナーへ。その中から少しご紹介いたします。

Q.撮影にライカを使おうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?
「昔ニューヨークに住んでいた頃に、フリーマーケットで購入したM6が私にとって最初のライカになります。ライカはもちろん知っていましたが、それまでは“特殊なカメラ”みたいなイメージを持っていました。しかし実際に使うと、とても面白いし、すごくスピード感のある撮影ができる。ただその頃、仕事は中判カメラがメインだったので、仕事では使わなかったです。本格的に仕事で使うようになったのは『Leica M8』です。旅をしながら撮影するスタイルだったため、小型で写りの良いカメラという事で自然に行き着きました。」







最後の質問は佐藤氏の撮影道具にも触れられます。

Q.仕事で色々機材を持っていくと思うのですが、どのようなカメラバッグを使用しているのでしょうか?
「私自身あまり機材の保管に気を使う方ではないので、手荷物で持っていく場合はバッグにインナークッションを入れています。飛行機で持っていくときは『thinkTANKphoto』のキャスターが付いているタイプ、あとは『DOMKE』も使用しています。カメラバッグの選択基準としては軽くてコンパクトなもの。実は今、とあるメーカーとカメラバッグを開発しているのですが、色々こだわったせいでコストが高くなってしまいました。もし商品化できたとしても少量生産になると思います。」

写真左に写っているバッグがその開発中のもの。発売が楽しみです。







最後はご自身の『Leica M10-P サファリ』を手に持ってパシャリ。
約2時間のトークイベントでしたが、世界中の美しい写真や珍しい写真を拝見できただけでなく、貴重なお話もたくさん聞けた魅力的なイベントになりました。ありがとうございました。

今回も皆様のおかげでトークイベントを開催することができました。この場をお借りしまして再度お礼申し上げます。 今後も皆様にお楽しみいただけるイベントを企画して参りますので引き続きマップカメラ、そして ライカブティック MAPCAMERA SHINJUKUを宜しくお願いします。




▲△▲ 佐藤健寿氏も審査員として参加するフォトコンテストも開催中です! ▲△▲






[ Category:Leica|掲載日時:2019年02月22日 13時45分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 【増税前にデビュー】ヨコハマワイドスナップ 2019年09月22日
筆者は神奈川県出身で、横浜は何度も訪れたことはある地なのですが、 気が付けばいつも人との用事で赴くことばかりで、撮影のために訪れるのは初めてでした。 今回使用するレンズはM.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0です。 購入してから何か月か経ってしまい、撮影に使用するのは初めてとなります。 普段、望遠系のレンズで一部を切り取る撮影に慣れているせいか、 自分の影や通行人の姿など、余計なものが写りこんでしまうことがありました。 そのためお見せできるショットは少し...
続きを読む
【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 動物瞳AF 【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 動物瞳AF 2019年09月21日
α7RIV + FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS / 400mm F5.6 SS 1/4000 ISO 1600 SONY α7RIV × 超高画素&動物対応瞳AFの実力 今年のαシリーズはハードウェアの進化とともに、ソフトウェア面でも大幅な進化がありました。 その中でもミラーレス業界初の動物対応 リアルタイム瞳AFに驚かれた方も多いと思います。 私も犬を飼っており、動物瞳AF機能の恩恵を受けたユーザーの1人でした。 α7IIIに搭載された動物瞳AFで撮影した愛犬はどれも目元にびしっとピントが合っており、衝撃を受けた事を良く...
続きを読む
はじめてのマクロレンズ 【増税前にデビュー】はじめてのマクロレンズ 2019年09月21日
雨の雫を撮影してみたかったんです。 世の中には素敵な雫写真が沢山あるので、 真似したくなりました。 そうはいっても雨の日にカメラを持ち出す気にはなれず。 雨上がりでの撮影チャンスにもなかなか出会えず。 ということで無理やり庭に水をまいて撮影することにしました。 くつろいでいた虫達が逃げ回っております。 今回使用した機材はこちら。 『PENTAX KP』 『PENTAX HD DA35mm F2.8 Macro Limited』 「HD DA35mm F2.8 Macro Limited」は、 小型で携帯性もよく「KP」との相性も抜...
続きを読む
【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 2019年09月20日
ようやく過ごしやすい気温になってきました。 個人的に夏は好きなので名残惜しいですが、秋は紅葉などの風景写真を撮る楽しみがあります。 とは言うもの、私はまだ夏気分を捨てきれないので、 少しばかりですが涼しい金魚たちを使用したカメラと共にご紹介させてください。 Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM 何やら怪しげな雰囲気を漂わせる作品です。 よく見ると金魚が泳いでいます。 今回使用したレンズは「Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM」です。 選んだ理由は全ての要求を満たしていたから、...
続きを読む
7RM4 - Otus 55 【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 世界最高の標準レンズ 2019年09月20日
ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Carl Zeiss Otus 55mm F1.4 マウントアダプター:SIGMA MC-11 キャノンEF用/ソニーE用 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 SONY α7RIV × Carl Zeiss Otus  カールツァイスの中でも圧倒的なパフォーマンスで他の追従を許さないレンズ『Otus』のラインナップ。今回は標準レンズとして位置する『Otus 55mm F1.4』と、フルサイズカメラ世界初、有効画素数6100万画素を持つ『SONY α7RIV』を使用して撮影を行いました。  甲州街道沿いの駐輪場で撮影し...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]