【Tokina】最高画質の50mmで日常にスウィーツ | THE MAP TIMES 
Select Language



【Tokina】最高画質の50mmで日常にスウィーツ

[ Category:etc.|掲載日時:2019年02月27日 10時30分]






スウィーツ03



最高画質の50mmで日常にスウィーツ


皆様は、50mm、好きですか。
50mmとは、もっともポピュラーな焦点距離のひとつで、36×24mmのフルサイズ・135フォーマットにおける、いわゆる標準レンズです。
銀塩時代の50mmといえば、メーカーが展開するレンズラインナップにおいて、もっとも標準的な性能が求められていました。
現代のデジタルカメラの50mmも、基本的な要素は変わっていませんが、最新の技術を用いて、より高画質化を求める動きも出てきました。

以前、SIGMAからArtレンズシリーズが発表された時、ユーザーは大きな衝撃を受けました。
「軽い」「コンパクト」といったスペックを押すことが大半であった、いままでの50mmや35mmというレンズを大きく凌駕するサイズ。
例えばSIGMAのArt 50mm F1.4 DG HSMでは、815gという重量、77mmというフィルターサイズです。
当時、「実用的なサイズではない」という意見もあったことをよく覚えていますが、その端正な描写、美しいボケ味は多くのユーザーを魅了し、今日におけるArtレンズの評価、その礎を築きました。

それ以降、各種主要メーカー、サードパーティーメーカーを問わず、よりユニークなスペックのレンズが世の中で多く発売されるようになりました。
携帯性などを度外視しても、ストイックに描写能力を追及するレンズが現れたことで、ユーザーである私たちも、多様性に富んだレンズ選択を享受することができます。


Tokinaから送る、最高の"Opera"


そのような潮流が起こる市場の中で、昨年、Tokinaより発売されたレンズがあります。
その名も、Opera 50mm F1.4 FF。
いま、デジタルカメラの技術の著しい進化に伴い、撮像素子も高画素化をたどっています。
Operaはそうした高性能化するデジタルカメラに対応する新ブランド群です。
今回はそのOpera 50mm F1.4 FFで撮影してまいりましたので、どうぞご覧ください。


例年より気温が高い日本海側。
まずは開放付近でスナップショットで"ならし運転"です。


Nikon D850 + Tokina Opera 50mm F1.4 FF
(F2 IS200 SS1/400)


まず驚いたのは、そのボケの自然さです。
アウトフォーカス部は不自然にボケが際立つことなく、
まるで無段階のようになだらかにボケが広がっていくような感覚を覚えます。
開放付近ですと、周辺減光が起こりますが、
それがよりドラマチックな雰囲気を醸し出します。

伝統的な建物が多く存在する日本海側の地域です。
一つ一つの神社仏閣が、荘厳な佇まいをしています。


Nikon D850 + Tokina Opera 50mm F1.4 FF
(F1.4 ISO100 SS1/50)

Nikon D850 + Tokina Opera 50mm F1.4 FF
(F1.4 ISO100 SS1/160)


町のはずれで見かけた空き地を、絞り込んで撮影。
50mmという焦点距離は、感覚的にもすっと体の中へ入ってくる印象があります。
開放から適度にシャープな描写をする本レンズですが、
絞り込むとより一層の解像感を感じます。



(F8 ISO100 SS1/400)


古い鉱山跡にて。
この季節、日本海側の空は重たく、鉄さびた風景との組み合わせでは、
盛者必衰、あるいはそれに似たような風情を感じさせます。
Opera 50mm と組み合わせれば、それらを見た目の感覚で、そのまま写真に焼き付ける事ができます。


Nikon D850 + Tokina Opera 50mm F1.4 FF
(F1.4 ISO2000 SS1/125)


ピントを画面中央部に配置し、少々ローアングルで、奥行きを演出します。
アウトフォーカス部に点光源があっても、恐れる事は何もありません。


Nikon D850 + Tokina Opera 50mm F1.4 FF
(F1.4 ISO100 SS1/500)


プロファイル補正などは行っていませんが、この歪曲の少なさです。
壁面のディテールを見事に写し取る事ができました。


Nikon D850 + Tokina Opera 50mm F1.4 FF
(F1.4 ISO200 SS1/50)


近接撮影もお手の物です。
しかし、ここまで開放からの良く写ってくれると、
開放ばかり使ってしまうのは悪い癖です。


Nikon D850 + Tokina Opera 50mm F1.4 FF
(F8 ISO100 SS1/250)


お気に入りの一枚です。
シャドー部の粘りもレンズによる恩恵を感じます。



これは、50mmレンズの決定版だ


普段からこのような職に携わらせていただいてるので、
まだまだ短いカメラ人生の中でも、様々なレンズを試してまいりました。
そのような曲りなりの私の感覚の中でも、このレンズはある種の50mmレンズの完成系だという認識を抱きました。
開放から程よいシャープネスで、コントラストは現代的ですが、こってりはしすぎない。色のりもボディを大きく限定する事は無く、歪曲は少ない。そして、絞れば遠景も問題なく対応できる・・・


多くの写真家の方にとって、50mmは写真の始まりでもある基本の焦点距離です。
いま、Opera 50mm F1.4 FFを手にして、あなたの写真原点へ回帰してみませんか。

★先んじて他のスタッフがキヤノン用のOpera 50mm F1.4 FFの記事を掲載しております。よろしければこちらもご覧ください。






〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓







[ Category:etc.|掲載日時:2019年02月27日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 2019年06月20日
私は大学一年生の時に、祖父の形見のNikon F4を譲り受け、今でもF4で写真を撮り続けています。 今回はF4で撮影した、どこか懐かしい気分にさせてくれるようなポートレートをご紹介しながらF4の魅力に触れていきたいと思います。 Nikon F4は1988年にフラッグシップ機として発売されました。Nikon F一桁シリーズ初のオートフォーカスが搭載されています。 見た目はとてもメカメカしく、レバーやダイヤルにも存在感があります。シャッタースピードの最高速は1/8000秒。 そして大きくて重量があるのも特...
続きを読む
空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]