【Canon】Diamond sparkle! | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】Diamond sparkle!

[ Category:Canon|掲載日時:2019年03月05日 13時45分]




この世に生を受け、初めて目を開いたその時から
私たちはどれほどの光に、幾多の色に出会えたのでしょうか。
朝日の暖かなオレンジ。芳醇な葡萄の紫。目の覚めるような絨毯の赤…。どれも魅力的です。
そうして思い出の中で輝き続ける沢山の色の中でも、自分が本当に「特別」と思える色って何でしょう?
私にとってそれは、海や空の水色でした。


EOS 6D MarkⅡ+EF16-35mm F4L IS USM

出会った瞬間に、心が舞い上がるような美しい水色。
いつもそれを探して、カメラを肩から下げ、愛車と共に走ります。もちろん愛車の色も水色。
できればカメラも水色…とはさすがにいきませんが。


EOS 6D MarkⅡ+EF16-35mm F4L IS USM

どこまでも純化された、ソーダ水のような水色を表現したい。
Canon EOS 6D MarkⅡは、そんな私の思いを受け止める、とっても素敵なカメラです。


EOS 6D MarkⅡ+EF16-35mm F4L IS USM

私が一眼レフにこだわるのは、自分の目で見えているものと同じ世界をファインダーでも見たいから。
素通しの景色(今)を、シャッターを切ることで想い出(過去)に閉じ込める。これって、本当に素敵なことだと思うんです。

クリアで見やすいEOS 6D MarkⅡの光学ファインダーなら、ストレスなくフレーミングが出来ます。
撮影に必要な情報も沢山表示できるので、いちいちファインダーから目を離さなくても大丈夫。
特に従来より見やすくなった電子水準器は最高なんです!
海を撮る際に重要な水平が、簡単に出せます。


EOS 6D MarkⅡ+EF16-35mm F4L IS USM

海風が巻き上げた細かな砂埃やチリも、防塵防滴のボディならへっちゃらです。
フラッグシップに負けず劣らずの堅牢性です。


EOS 6D MarkⅡ+EF16-35mm F4L IS USM

同じ場所、同じ海でも同じ水色はありません。
その日の風向きや、前日の天気。そして季節…。それらによってどんどん表情を変えてゆきます。
だからこそ、こんなにも魅せられてしまうのでしょう。
できることなら、この世のすべての水色を自分だけのものにして抱きしめていたい。旅はまだまだ続きます。


EOS 6D MarkⅡ+EF16-35mm F4L IS USM

輝度差の激しいシーンでは、搭載されたHDR機能が活躍します。
グラフィック調モードを選べば、絵画のような世界が簡単に楽しめます。


EOS 6D MarkⅡ+EF16-35mm F4L IS USM

EOS 6D MarkⅡ+EF16-35mm F4L IS USM


何度同じ場所に通っても、そのたびに違う「おかえりなさい」で迎えてくれる海。
ホワイトバランスやピクチャースタイルを次々と変えながら、一番輝きと華やぎのある色で写真に残してゆく。
そんな私の傍らには、いつでもEOS 6D MarkⅡがいるのです。













[ Category:Canon|掲載日時:2019年03月05日 13時45分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Panasonic LUMIX DC-S1R+Leica  テレエルマリート M90mm F2.8 【私のお気に入り】新しいお気に入り、S1R 2019年07月18日
私にはお気に入りがありません。 別にネガティブな理由ではありません。 ただ単純にお気に入りの移り変わりが多いだけです。 今までのお気に入りはオリンパスを始め、キヤノン・フジフィルム・ペンタックスと色々変わってきました。 そして、今、新しくお気に入りになろうとしているカメラがあります。 「Panasonic LUMIX DC-S1R」 動画に強みを持ったミラーレスカメラLUMIXシリーズ。 そこから出た待望のフルサイズミラーレス機。 発表された日から手に取りたい1台でした。そして今私の手元に。 ...
続きを読む
Nikon Z 50mm F1.8 S 【私のお気に入り】旅行とZで日常にスパイス【Nikon】 2019年07月17日
スパイス12 どんよりとした天気の中に、時折見せる晴れ間。 照らされる新緑の木々が、より一層青々としてきた文月。 昨日、SONYより新型のミラーレスカメラが発表される等、 今年のミラーレス市場はますます盛り上がってまいりました。 しかしながら、Nikonを愛してやまない私は、相も変わらず、 愛用のボディと共に写真活動に臨みます。 今回の撮影に持ち出したのは、愛機Nikon Z6と、Z 50mm F1.8 Sです。 50mmは基本の「き」である 去る7月初旬、私はZ6と、持ち出したZ 50mm F1.8 ...
続きを読む
Leica M Monochrom 【私のお気に入り】LEICA MM 2019年07月16日
私のお気に入り 『LEICA M Monochrom』 その「デジタルモノクロ縛り」の哲学に惚れ込んでからは すっかり私のお気に入りになりました。 そして始まった、お気に入りレンズを模索する日々の中から 気に入った幾つかのレンズを紹介していきます。 MINOLTA SUPER ROKKOR 50mm F1.8 此処でいきなり、MINOLTAレンズです。 旧千代田光学であるMINOLTA、 銘板にその名残である「CHIYOKO」と記してあるのも気に入っています。 明るく使いやすいレンズ、心なしか白が綺麗に写るような気がし...
続きを読む
【私のお気に入り】 旅と一緒にSONY RX100M5A 【私のお気に入り】 旅のお伴にSONY RX100M5A 2019年07月15日
F1.8 1/40 ISO-2000 24mm 観覧車からのラスベガス夜景 F2.8 1/50 ISO-1600 53mm アンテロープ・キャニオン アメリカのラスベガスと西海岸のキャニオン観光。 そこでRX100M5Aをお伴に連れて行きました。 メイン機にフルサイズを携え、サブ機のつもりで持って行きましたが、 フルサイズ顔負けの素晴らしい画の数々!! 今まで所詮コンデジという印象が一気に変わりました。 F2.8 1/160 ISO-500 70mm まずはラスベガス・マッカラン国際空港に到着するなりパシャリ。 飛行機を...
続きを読む
空飛ぶ巨大なカメと 【私のお気に入り】空飛ぶ巨大なカメと 2019年07月14日
私は幼少の頃から鉄道好きで、写真を始めたきっかけも鉄道を撮ることから始まりました。 そんな私が飛行機に興味を持ち始めたのが「ジャンボ」の愛称で親しまれてきたとボーイング747型機が、日本の航空会社から無くなると聞いた時からです。 鉄道写真を撮る人達の間では、廃線となる路線や引退する車両に集まることを「葬式鉄」と呼びますので、これに倣えば葬式空がきっかけだったのかもしれません。 小型低燃費機へのシフトは日本だけではないようで、国際線が発着する空港でも大型機を...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]