【Canon】Diamond sparkle! | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】Diamond sparkle!

[ Category:Canon|掲載日時:2019年03月05日 13時45分]




この世に生を受け、初めて目を開いたその時から
私たちはどれほどの光に、幾多の色に出会えたのでしょうか。
朝日の暖かなオレンジ。芳醇な葡萄の紫。目の覚めるような絨毯の赤…。どれも魅力的です。
そうして思い出の中で輝き続ける沢山の色の中でも、自分が本当に「特別」と思える色って何でしょう?
私にとってそれは、海や空の水色でした。


EOS 6D MarkⅡ+EF16-35mm F4L IS USM

出会った瞬間に、心が舞い上がるような美しい水色。
いつもそれを探して、カメラを肩から下げ、愛車と共に走ります。もちろん愛車の色も水色。
できればカメラも水色…とはさすがにいきませんが。


EOS 6D MarkⅡ+EF16-35mm F4L IS USM

どこまでも純化された、ソーダ水のような水色を表現したい。
Canon EOS 6D MarkⅡは、そんな私の思いを受け止める、とっても素敵なカメラです。


EOS 6D MarkⅡ+EF16-35mm F4L IS USM

私が一眼レフにこだわるのは、自分の目で見えているものと同じ世界をファインダーでも見たいから。
素通しの景色(今)を、シャッターを切ることで想い出(過去)に閉じ込める。これって、本当に素敵なことだと思うんです。

クリアで見やすいEOS 6D MarkⅡの光学ファインダーなら、ストレスなくフレーミングが出来ます。
撮影に必要な情報も沢山表示できるので、いちいちファインダーから目を離さなくても大丈夫。
特に従来より見やすくなった電子水準器は最高なんです!
海を撮る際に重要な水平が、簡単に出せます。


EOS 6D MarkⅡ+EF16-35mm F4L IS USM

海風が巻き上げた細かな砂埃やチリも、防塵防滴のボディならへっちゃらです。
フラッグシップに負けず劣らずの堅牢性です。


EOS 6D MarkⅡ+EF16-35mm F4L IS USM

同じ場所、同じ海でも同じ水色はありません。
その日の風向きや、前日の天気。そして季節…。それらによってどんどん表情を変えてゆきます。
だからこそ、こんなにも魅せられてしまうのでしょう。
できることなら、この世のすべての水色を自分だけのものにして抱きしめていたい。旅はまだまだ続きます。


EOS 6D MarkⅡ+EF16-35mm F4L IS USM

輝度差の激しいシーンでは、搭載されたHDR機能が活躍します。
グラフィック調モードを選べば、絵画のような世界が簡単に楽しめます。


EOS 6D MarkⅡ+EF16-35mm F4L IS USM

EOS 6D MarkⅡ+EF16-35mm F4L IS USM


何度同じ場所に通っても、そのたびに違う「おかえりなさい」で迎えてくれる海。
ホワイトバランスやピクチャースタイルを次々と変えながら、一番輝きと華やぎのある色で写真に残してゆく。
そんな私の傍らには、いつでもEOS 6D MarkⅡがいるのです。













[ Category:Canon|掲載日時:2019年03月05日 13時45分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

TL2と行く。 【増税前にデビュー】TL2と行く。 2019年09月17日
ここ1ヵ月くらい、関西の方へ、その先へと 足を延ばすことが多かったです。 夜行バスに飛び乗り京都へ行ったり 目的地を鳥取県、某砂丘にしレンタカーを走らせたり。 (帰りはレンタカーの返却リミットが迫りタイムアタックな 帰路となり、あまりゆっくりはできませんでした) 今回使用したレンズは、 ライカ・スクリューマウントのNikkor 50mm F1.4です 口径には当時の呼び名(日本光学)で NIPPON KOUGAKUと刻まれているレンズです。 ズマリット50mm F1.5を気にかけていましたが ...
続きを読む
【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 2019年09月16日
今回は、スーパーマクロレンズにデビューしてみました。 上の写真は皆さんも日頃から目にしている「ある物」をクローズアップして撮影したものです。 何を撮影したものか分かりますでしょうか。 その「ある物」とは、ボールペン(0.5mm)です。 比較用に等倍撮影が可能なフルサイズ対応、標準マクロレンズで撮影してみます。 SONY α7III + SONY FE 50mm F2.8 Macro 次は今回の撮影に使用する最大倍率4.5:1のマクロレンズ 中一光学 「FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1」(最短撮影距離は約...
続きを読む
null 【増税前にデビュー】ミラーレスカメラとパンケーキレンズ 2019年09月14日
夏が本格的に始まる頃、日常的に撮るために小さいカメラが欲しくなりミラーレスカメラを購入しました。 ボディはコロンとした形が可愛いCanonのEOS-MレンズはEF-M22mm F2 STM。 23.7mm・質量約105gと、小振りなレンズです。 ボディに取り付けると本当に小さく、リーズナブルなレンズですが侮ることなかれ とてもよく写るレンズです。 日常的に使うとはいえ、夏の日中に撮影することは少なく 夕方から、夜にかけて撮ることがほとんど。 帰り道によく会う猫 夏らしく地元のお祭...
続きを読む
雨色景色Vol8 【増税前にデビュー】雨色景色Vol8【SONY】 2019年09月13日
ご無沙汰しております。 雨男です。 暑い暑い夏もようやく落ち着き始めてきました。 すこしひんやりとする秋めいた風が肌に触れると夏の終わりを感じるのは筆者だけでしょうか。 本日は令和になって初めての中秋の名月。 そんな中、今回の雨色景色は末広がりの8回目。 使用機材はα7IIIと先月末に発売したばかりのFE 35mm F1.8で撮影を行って参りました。 筆者は雨男なため、友人や会社の有志などで写真を一緒に撮りに行くと大概、雨が降ります。 すごく迷惑ですね・・・。 ...
続きを読む
null 【MapTimes】One More Times!! vol.3【航空祭】 2019年09月13日
THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 というわけで今回のキーワードは「航空祭」 航空祭は各地で一年を通して開催されております。 THEMAPTIMESでは2013年からブログがありました。 2013年青森県三沢市航空祭を撮ろう!!(三沢編)、航空祭を撮ろう!!(ブルーインパルス編) 2014年青森県三沢市航空祭を...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]