Select Language

CP+2019 私が選ぶ「ココがすごい!」スタッフ編

[ Category: etc.|掲載日時:2019年03月11日 11時01分]


CP+2019


2019年2月28日から3月3日までパシフィコ横浜で開催された「カメラと写真映像のワールドプレミアショー CP+」。
毎年沢山の新製品が発表される注目のイベント。1日では取材しきれないボリュームということで、今年はお客様からのTwitter情報も募集させていただき、沢山の情報をお寄せいただきました。ありがとうございます。

お客様情報の多かったランキングとは別に、スタッフが気になった新製品をいくつか紹介いたします。


Panasonic LUMIX S1R / S1

Twitter投稿でも注目の高かった「Lマウントアライアンス」。
Panasonicブースでは、同規格でLUMIXシリーズ初のフルサイズ機「Sシリーズ」が注目を集めていました。

Panasonic LUMIX S1R

LUMIX Sシリーズは、4730万画素の高解像モデル「S1R」と、高感度に強い2420万画素の「S1」の2モデルが登場。
今回、私が体感したのは高解像モデルの「S1R」でした。

マイクロフォーサーズの「LUMIX DC-G9 PRO」を見慣れていた影響か、第一印象は「デカイ」。しかしグリップが肉厚に作られていますので、標準ズーム「LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.」と合わせても、持ちやすい印象です。


S1Rチルト液晶

実機に触れて面白いと感じたのが、背面の液晶モニターです。アングルの自由度を広げるチルト液晶が、縦方向だけでなく横方向にも稼働します。縦位置撮影用に採用されたという3軸チルトは、バリアングル液晶と比べ、耐衝撃性が向上しているとのことです。


S1Rメモリーストッロ

そして記録メディアにはXQDが採用され、SDカードとのダブルスロットに。
ニコンに続きXQDが採用されたことでメデイアの普及も期待されますが、現状パナソニックからの販売は予定されていないとのこと。
「Lexar」や「SanDisk」ブースでは、後に対応予定の「CFexpress Card」が展示されていましたので、こちらに期待したいと思います。






SONY リアルタイム瞳AF

SONYブースでは、直前に発表された新レンズ『FE 135mm F1.8 GM』がお披露目されていました。


SONY FE 135mm F1.8 GM

ソニーの最新光技術を余すことなく投入し、圧倒的な高解像と美しいぼけ描写の両立を実現した大口径レンズです。


FE 135mm テスト撮影

展示レンズの「フォーカスホールドボタン」には、事前に「瞳AF」が割り当てられていたので、普段、ポートレートを撮らない筆者でも簡単にピントを合わせることができました。描写の美しさも凄いのですが、この使いやすさには驚きです。


動物瞳AF

瞳AFと言えば、一部の機種でファームウェアのアップデートにより動物の眼にもピントが合うようになると発表されいましたが、今回そのデモンストレーションを見ることができました。
流石に会場に、本物の動物を連れてくるわけにはいかないとのとこで、動くぬいぐるみでの検証でしたが、動物の動きをしっかり追い続けてくれる高い追従性も確認できました。


瞳AF検出対象選択

瞳検出の設定画面では人物と動物、どちらを優先させるかの選択ができました。これにより、ペットを抱えた人物を撮影する時など、同じ画面に人物と動物の両方が収まる際の利便性が向上するとのこと。本当によく出来ています。
ニコンのZシリーズもこれを追うかのように瞳AF機能が発表されましたが、この分野ではまだソニーが先をいってると言わざるをえません。




動物対応のリアルタイム瞳AF機能搭載(搭載予定)モデルはこちら




RICOH GR III

リコーイメージングブースでは、高級コンパクトカメラの人気シリーズ「GR」の最新モデル「GR III」のコーナーに長い行列ができていました。
私も一足先に体感しようと列に並びます。途中、新モデルの予習をしようとカタログを貰ったのですがこのカタログ、製品仕様以外は全て作品写真という潔さ。「製品紹介は載ってないのですか?」の問いに、「このカメラはスペックより、写真を見てもらいたいカメラなので。」との回答。コンパクトカメラとは思えない、上質の描写を早く味わいたいものです。


RICOH GR III

でも一応、スペックのおさらいを。
レンズやイメージセンサー、映像エンジンなど、ほぼ全ての主要パーツが新しく生まれ変わりました。映像エンジンの進化により処理スピードだけでなく、高感度耐性も向上したとの事。
そして、よりコンパクトになったボディです。最近では画質を追求するがために、光学系が大きくなりつつあります。そんな中で、小型化と高画質化の両立はまさに朗報と言えるのではないでしょうか?
これは素直に欲しいと思わせるカメラです。






[ Category: etc.|掲載日時:2019年03月11日 11時01分]

面白いと思ったらコチラをClick!26票


【OLYMPUS】ギュッと詰まった小型化技術

【OLYMPUS】ギュッと詰まった小型化技術[2019年11月13日]

プラザ正面に堂々たる展示が。 2019年11月22日発売が決まったOM-D E-M5 Mark III。 先代のOM-D E-M5 Mark II発売が2015年3月なので、実に4年半ぶりのモデルチェンジです。 新製品の全国ツアーとも言うべき「OLMPUS FOTOFESTA 2019」にて試した方もいらっしゃると思いますが、東京は少し先の11月16日。 幸いにしてオリンパスプラザ新宿がご近所なので、タッチ&トライと作例写真鑑賞を兼ねて進化点を伺ってきました。 オリンパスの十八番ライブコンポジットの作例が美しい ■随所に感...
続きを読む
秋風に手を振って

【Canon】11月、秋風に手を振って ー憧れー[2019年11月12日]

待っていました。頬撫でる風に秋の匂いが混ざるこの時を。 待っていました。憧れ続けたこのカメラを使えるその時を。 キヤノンユーザーならば一度は使ってみたいと思うカメラ、「EOS-1DX MarkⅡ」。左肩には誇らしげに輝く「D」のバッジを配し、日本の、ひいては世界の報道やスポーツ現場の“今”を伝え続けたメッセンジャー。 そのカメラに「EF85mm f1.2L Ⅱ USM」を装着し、夢の島へ行ってまいりました。 長年の夢だった組み合わせで撮影する場所が「夢の島」だなんて、素敵な偶然もあったものです...
続きを読む
D610 24-85mm

【Nikon】新しい地図のつくりかた Vol.1 地下神殿[2019年11月12日]

秋になり、過ごしやすくなりました。 普段なら行かないような場所も、不思議と行きたくなります。 今回は普段行かないような、とある施設に行ってきました。 その施設とは・・・ 〈首都圏外郭放水路〉 通称、地下神殿とも呼ばれています。 今回はこの施設の見学ツアーに参加してきました。 首都圏を洪水から守るために作られた施設として近年話題になっています。 いくつかのツアーがありますが、今回は〈深部を探る!ポンプ堪能コース〉に参加しました。 首都圏外殻放水路は三脚持ち込み...
続きを読む
X-Pro3&XF35mmF1.4

【FUJIFILM】X-Pro3と行く日光の旅[2019年11月12日]

テレビで某鉄道会社が名曲My Favorite Thingsをバックに京都に行くCMも流れ始めましたね。 ということで「そうだ!紅葉撮りに行こう」となり、両親と奥さんを引き連れてと日光へ向かいました。 相棒は今月28日に発売予定の「FUJIFILM X-Pro3」。 まだまだカメラ初心者の筆者は普段「X-T20」を愛用しており、「X-Pro」シリーズは初体験。 ファインダーの位置の違いだけでも戸惑うようなレベルですが、 愛用の「フジノン XF 35mm F1.4 R」を装着して、秋の日光を満喫してきました。 まずは「湯...
続きを読む
写真展のご案内 〜『AboxPhotoClub Toyama 2019』写真展

写真展のご案内 〜写真展『Abox Photo Club Toyama 2019』~[2019年11月12日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 写真展 『AboxPhotoClub Toyama 2019』 です。 是非足をお運び下さい。 会場:富山市ガラス美術館5F ギャラリー1・2(入場無料) 会期:2019 年11 月15 日(金)~17 日(日) 開場:10時~19時(最終日17時まで) 出品作家:高崎 勉(塾長)/阿閉 みゆき/池田 真理/碓井 勇一郎/岡本 和宏/奥沢 翔平/粕谷 千春/金川 はるみ/金田 めぐみ/亀井 栄二/川村 浩一/行天 琴美/黒谷 さおり/澤田 修平...
続きを読む