【Nikon】一眼レフで社会科見学 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Nikon】一眼レフで社会科見学

[ Category:Nikon|掲載日時:2019年03月24日 10時45分]


船の科学館
絞り:F8 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200 / 使用機材:Nikon D700 + AF-S 17-35mm F2.8D ED

翌年の東京五輪の準備が進み、東京湾周辺の景色にも変化が見られるようになったと聞きます。
そこで以前撮影した写真を見返してみると、ハードディスクの中から出てきたのは2011年夏に台場の船の科学館の展望台から撮影した写真でした。
初代南極観測船の「宗谷」や青函連絡船の「羊蹄丸」など、昭和に活躍した船たちを見ることができます。
8年前は「Nikon D700」を使っていたんだ…と懐かしみつつ、驚くのはその鮮明な画質です。
フィルム時代からカメラを始めた身には、劣化しない画像はやはり凄いと思ってしまいます。

宗谷
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:1600 / 使用機材:Nikon D700 + AF-S 17-35mm F2.8D ED

これらの船は今はどうなっているのだろう?
ネットで検索してみると、「宗谷」はまだ見学可能なようですが、「羊蹄丸」は船の科学館閉館後、廃棄されてしまったとの事。
資料として保存されているものでも、いつまでも残っていると考えるのは間違いのようです。
そんな中、東京湾にもう一艘、南極観測船が係留されていることが分かり、見学に行ってきました。

初代しらせ
絞り:F8 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + AF-S 24-70mm F2.8E ED VR

お台場の対岸、千葉県の船橋港に係留されているのが3代目の南極観測船「しらせ」です。
先の「宗谷」が昭和40年まで活躍した後、2代目の「ふじ」(昭和40年~昭和58年)を経て、昭和58年に就航し平成20年まで活躍しました。
宗谷とは比べものにならない大きな船体。海上自衛隊の艦艇であることを示す4桁の数字が目を引きます。

しらせ操舵室
絞り:F4 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + AF-S 24-70mm F2.8E ED VR

事前に申し込む事で、船内も見学することができます。
広い操舵室では、船を前後に操作する3本のスロットルレバーを搭載した筐体が目を引きます。
南極の厚い氷に遭遇した際、一旦200~300m後ろに下がり、勢いをつけて体当たりをしながら進むため、前後の操作が重要だったとのこと。

操舵室から望む船橋港
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + AF-S 24-70mm F2.8E ED VR

操舵室から望む東京湾。改めて大きな船だと実感できます。

救護艇
絞り:F4 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + AF-S 24-70mm F2.8E ED VR

現役を引退し動くことはなくなっても、救護艇などの装備はそのまま。活躍していた頃を思い出させる嬉しい配慮です。

しらせ調理場
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/10秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + AF-S 24-70mm F2.8E ED VR

船内見学では食堂等の施設も見ることができました。厨房では安全上からガスが使えないため、代わりにエンジンのボイラーから得られる蒸気で調理したとの事。

隊員食堂
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:800 / 使用機材:Nikon D5 + AF-S 24-70mm F2.8E ED VR

食堂の机は床に固定され、卓上の物が滑り落ちないよう縁取りもされています。これだけ大きな船でもそれだけ揺れたということでしょう。

他にも隊員の部屋や医療室など、長期航海に必要な施設を見ることができました。

隊員の部屋
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/15秒 / ISO:800 / 使用機材:Nikon D5 + AF-S 24-70mm F2.8E ED VR
歯科治療室
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:800 / 使用機材:Nikon D5 + AF-S 24-70mm F2.8E ED VR
ヘリポート
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:800 / 使用機材:Nikon D5 + AF-S 24-70mm F2.8E ED VR
搭乗デッキ
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:400 / 使用機材:Nikon D5 + AF-S 24-70mm F2.8E ED VR

さて、今回の撮影には一眼レフカメラの「Nikon D5」を使用しました。狭い通路や急な階段を昇り降りする船内見学には、コンパクトで軽量なミラーレス機の方が便利かと思いつつも、肉眼でもこの貴重な資料をしっかり見ておきたかったからです。
見やすい電子ビューファインダーも増えてきましたが、ファインダー越しに被写体のリアリティさを感じるという意味ではまだ光学ファインダーの方が優れていると感じています。
今回の撮影で久しぶりに一眼レフを使いましたが、やっぱりこっちの方が撮っていて楽しいと感じる不思議な魅力がありました。便利さで言ったら勝者は間違いなくミラーレスなのですが…。

最近の新製品を見ていると一眼レフの衰退は避けられそうもありませんが、一眼レフにもまだまだ頑張ってもらいたいものです。ファインダーの違いによる使い分けは必要ですから…。




▼ 今回の使用機材はこちら ▼










〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2019年03月24日 10時45分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 2019年06月20日
私は大学一年生の時に、祖父の形見のNikon F4を譲り受け、今でもF4で写真を撮り続けています。 今回はF4で撮影した、どこか懐かしい気分にさせてくれるようなポートレートをご紹介しながらF4の魅力に触れていきたいと思います。 Nikon F4は1988年にフラッグシップ機として発売されました。Nikon F一桁シリーズ初のオートフォーカスが搭載されています。 見た目はとてもメカメカしく、レバーやダイヤルにも存在感があります。シャッタースピードの最高速は1/8000秒。 そして大きくて重量があるのも特...
続きを読む
空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]