【Nikon】一眼レフで社会科見学 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Nikon】一眼レフで社会科見学

[ Category:Nikon|掲載日時:2019年03月24日 10時45分]


船の科学館
絞り:F8 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200 / 使用機材:Nikon D700 + AF-S 17-35mm F2.8D ED

翌年の東京五輪の準備が進み、東京湾周辺の景色にも変化が見られるようになったと聞きます。
そこで以前撮影した写真を見返してみると、ハードディスクの中から出てきたのは2011年夏に台場の船の科学館の展望台から撮影した写真でした。
初代南極観測船の「宗谷」や青函連絡船の「羊蹄丸」など、昭和に活躍した船たちを見ることができます。
8年前は「Nikon D700」を使っていたんだ…と懐かしみつつ、驚くのはその鮮明な画質です。
フィルム時代からカメラを始めた身には、劣化しない画像はやはり凄いと思ってしまいます。

宗谷
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:1600 / 使用機材:Nikon D700 + AF-S 17-35mm F2.8D ED

これらの船は今はどうなっているのだろう?
ネットで検索してみると、「宗谷」はまだ見学可能なようですが、「羊蹄丸」は船の科学館閉館後、廃棄されてしまったとの事。
資料として保存されているものでも、いつまでも残っていると考えるのは間違いのようです。
そんな中、東京湾にもう一艘、南極観測船が係留されていることが分かり、見学に行ってきました。

初代しらせ
絞り:F8 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + AF-S 24-70mm F2.8E ED VR

お台場の対岸、千葉県の船橋港に係留されているのが3代目の南極観測船「しらせ」です。
先の「宗谷」が昭和40年まで活躍した後、2代目の「ふじ」(昭和40年~昭和58年)を経て、昭和58年に就航し平成20年まで活躍しました。
宗谷とは比べものにならない大きな船体。海上自衛隊の艦艇であることを示す4桁の数字が目を引きます。

しらせ操舵室
絞り:F4 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + AF-S 24-70mm F2.8E ED VR

事前に申し込む事で、船内も見学することができます。
広い操舵室では、船を前後に操作する3本のスロットルレバーを搭載した筐体が目を引きます。
南極の厚い氷に遭遇した際、一旦200~300m後ろに下がり、勢いをつけて体当たりをしながら進むため、前後の操作が重要だったとのこと。

操舵室から望む船橋港
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + AF-S 24-70mm F2.8E ED VR

操舵室から望む東京湾。改めて大きな船だと実感できます。

救護艇
絞り:F4 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + AF-S 24-70mm F2.8E ED VR

現役を引退し動くことはなくなっても、救護艇などの装備はそのまま。活躍していた頃を思い出させる嬉しい配慮です。

しらせ調理場
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/10秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + AF-S 24-70mm F2.8E ED VR

船内見学では食堂等の施設も見ることができました。厨房では安全上からガスが使えないため、代わりにエンジンのボイラーから得られる蒸気で調理したとの事。

隊員食堂
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:800 / 使用機材:Nikon D5 + AF-S 24-70mm F2.8E ED VR

食堂の机は床に固定され、卓上の物が滑り落ちないよう縁取りもされています。これだけ大きな船でもそれだけ揺れたということでしょう。

他にも隊員の部屋や医療室など、長期航海に必要な施設を見ることができました。

隊員の部屋
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/15秒 / ISO:800 / 使用機材:Nikon D5 + AF-S 24-70mm F2.8E ED VR
歯科治療室
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:800 / 使用機材:Nikon D5 + AF-S 24-70mm F2.8E ED VR
ヘリポート
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:800 / 使用機材:Nikon D5 + AF-S 24-70mm F2.8E ED VR
搭乗デッキ
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:400 / 使用機材:Nikon D5 + AF-S 24-70mm F2.8E ED VR

さて、今回の撮影には一眼レフカメラの「Nikon D5」を使用しました。狭い通路や急な階段を昇り降りする船内見学には、コンパクトで軽量なミラーレス機の方が便利かと思いつつも、肉眼でもこの貴重な資料をしっかり見ておきたかったからです。
見やすい電子ビューファインダーも増えてきましたが、ファインダー越しに被写体のリアリティさを感じるという意味ではまだ光学ファインダーの方が優れていると感じています。
今回の撮影で久しぶりに一眼レフを使いましたが、やっぱりこっちの方が撮っていて楽しいと感じる不思議な魅力がありました。便利さで言ったら勝者は間違いなくミラーレスなのですが…。

最近の新製品を見ていると一眼レフの衰退は避けられそうもありませんが、一眼レフにもまだまだ頑張ってもらいたいものです。ファインダーの違いによる使い分けは必要ですから…。




▼ 今回の使用機材はこちら ▼










〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2019年03月24日 10時45分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Z 24-70mm f/2.8S 【Nikon】新標準ズームで日常にスパイス 2019年05月08日
スパイス11 皐月になって、すっかり日も延びてきました。 めまぐるしく過ぎていく季節の中で、様々なカメラ機材が新たに登場しています。 本日ご紹介するNikon Z 24-70mm f/2.8Sも、4月19日に発売したばかりの新製品です。 すべてが新しい待望の「標準ズーム」 Nikonの誇るF2.8通しのズームレンズライン、いわゆる大三元。 その中でも24-70mmという焦点距離は、様々な撮影にまず必要なもっともポピュラーなレンズと言って差し支えありません。 従来からプロが現場で多用する同レンズは...
続きを読む
D850と荒川起点 【新元号令和、平成を振り返る】D850と荒川起点 2019年04月26日
もうすっかり暖かくなり、 カメラを持ち撮影に出かけるには良い季節になりました。 さて平成がそろそろ終わろうとしています。 私がカメラに興味を持ち、初めて手にしたデジタル一眼レフカメラは Nikon D810でした。 平成26年に発売の高画素フルサイズ機です。 D850は平成29年登場。 4575万画素というさらなる高画素化と連射性能等、スペックがアップしています。 ニコン初のフルサイズカメラD3が発売されたのが平成19年。 振り返ってみると、この10年ほどで飛躍的な進化を遂げました。 D700が発...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 2019年04月20日
初めて意識的に写真を撮ったのは18歳でした。高校を卒業し、進路がバラバラになる友人達を撮るためにフィルムのコンパクトカメラで撮影をしていました。 それから写真を撮るようになり、アルバイトをしてNikon FM10と50mmを購入。 ボディは壊れるまで使いました。 当時はカメラと言えばフィルムカメラの時代で、進学先で出来た友人達やライブハウスで撮影したりする日々を送っていました。 その頃から「ロンドンの街をフィルムで撮りたい」という夢があり、2016年にお休みをいただいて渡英。 ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】NIKON AF時代のニュースタンダード 【新元号令和、平成を振り返る】NIKON AF時代のニュースタンダード 2019年04月14日
平成を振り返るシリーズ。 今回は1995年(平成7年)発売のNikon (ニコン) Ai AF Nikkor 50mm F1.4Dをご紹介します。 50mmといえば〝標準レンズ"と呼ばれ、人の視線に近い画角ということでカメラ初心者からプロまで幅広く使用されているレンズです。 広角レンズや望遠レンズと比べて特別な効果が無い分、自然でストレートな表現が可能な50mmはまさに定番レンズといえるでしょう。 今回ご紹介するAi AF Nikkor 50mm F1.4Dが発売された頃、カメラ業界ではオートフォーカス(AF)が徐々に広がり、カメラ操...
続きを読む
Nikon S3 【新元号令和、平成を振り返る】レンジファインダーニコンで日常にスパイス【Nikon】 2019年04月03日
スパイス10 気が付けば、平成という時代もカウントダウンを迎えています。 同時に春の訪れも、往々にして、気がついた頃にはもうすぐ傍に感じるものです。 今年も今年とて、あっという間に春の景色が広がり始めました。 さて、春は新しい出会いへの期待や、別れへの不安など、様々な感情が交差する季節。 同時に、新しいことへの挑戦の可能性も秘めています。 十人十色の春の始まりですが、一つ、これから何かを始めようとする方へ、ささやかな提案です。 「平成の最後に、S型ニコン、始...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]