【SIGMA】絶妙な中望遠 SIGMA Art 105mm F1.4 | THE MAP TIMES 
Select Language



【SIGMA】絶妙な中望遠 SIGMA Art 105mm F1.4

[ Category:SIGMA|掲載日時:2019年03月30日 21時00分]

null


こんにちは。
今回は「SIGMA Art 105mm F1.4 」で撮った写真を
ご紹介したいと思います。

中望遠レンズといえば 85mmや135mmを思い浮かびます。
100mmといえばマクロレンズが思い浮かびます。
つまりあまり聞きなじみのない焦点距離です。(私にとっては)
ただ以前ブログ企画で100mmのレンズを撮ったことがあります。
今再びのCONTAX! Vol.32 Planar T*100mm F2
今再びのCONTAX! Vol.34 Planar T*100mm F2 Part2
この時思ったんです。
実はこの「100mm」って一番程いい中望遠なんじゃないか?と。
85mmではやや遠い、135mmではちょっと近い。
中望遠を意識した時のイメージはどうしても誤差が生じて
それを微調整したりするのですが、それがぴったりと噛み合う事が多かったのです。


null


「BOKEH-MASTER」とメーカーが謳うF1.4の105mm 中望遠レンズ。
まずこのスペックが化け物じみています。
そして開放F値の写りがピント部がとてもシャープであるという二重の驚き。
撮影者は被写界深度だけ気をかけていれば大丈夫です。

SIGMA のレンズの印象といえば高解像、
シャープといった言葉が思い浮かびます。
ただこの105mmを筆頭に「色気」を醸し出すレンズが
増えてきたように思います。
中望遠では特にその特徴が引き立っていると感じます。
ガラスの塊のようなずっしりとした重さも
この写りでは仕方ない、気にならないと思うようになれれば
最高の写りはあなただけのものです。


null


これは青い空と木が映えたから。
そしてどれだけ解像するのかなという好奇心で絞って撮りました。
結構、遠景なのですが、、凄いです。


null


きめ細かい解像はこういう古びたものなどの描写にもぴったり。
拡大して画像を確認するとこのレンズの凄さが分かります。
だからこういうものも撮りたくなってしまう、という。

null


null


薄暗い道。(なぜこんな道を通ったのだろう、、)の先に光明が。
あれが撮りたい、という撮影者の気持ちを最大限に汲んでくれます。
というより描写や解像に関して不安になる必要がない、
というのが正しいでしょうか。
撮りたいと思ったものを撮る。それに応えてくれる。シンプルです。
もう一枚の木の写真も同様です。


null


中間辺りにピントを置いています。
というよりふとピントを回しながら見ていたら
その中間で手が止まったという感じです。
これも距離がかなりありますが前後ともに105mmという
中望遠のレンジが不思議な画をつくりだしました。

null


小さい画像では分かりにくいかもしれませんが
カーテンの細かな模様が繊細に描写されています。
ガラス越しとは思えない描写力。
とはいえそういう話は後付けでファインダーを覗いて見たとき
とても綺麗だったのです。
この写真を撮った理由はそれだけです笑

null


被写体を浮き立たせる。
中望遠でやりたい事の一つ。
その仕事を完璧にこなしてくれる。
このレンズを使わない理由がどんどんなくなっていきます。

null


写真において光学的な話ではネガティブな「逆光」も
カメラマンは撮り方でポジティブな要素に変えてきました。
光学的に進化すればこの「逆光」の問題は解消出来ることだと思いますが、
この105mmはその「逆光」をポジティブに使えそうです。


null


なんだか淋しそうに生えてました。
ほぼ日が暮れかけた時間帯でもシャッタースピードを気にせず
撮れるのはやはり魅力です。
周辺に減光がありますが、やはり暗いと落ちます。
レンズプロファイルを適用することで解決したりします。
個人的にはこの写真を撮ったときの心情にマッチしているのでこのままで。

浮き立ち感じとボケの滑らかさ。うっとりです。

被写体がいるならその被写体を引き立てるのに最高のレンズ。
何もなくとも日常を切り撮ると今までとは違う世界を見れるレンズ。
三脚座を外せば案外撮りやすいので持ち歩きなら推奨いたします。

次回またこのレンズを使うときには
また趣向を変えて撮ってみたいです。
それでは。






〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SIGMA|掲載日時:2019年03月30日 21時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

SIGMA DP3 Merrill 【SIGMA】FFFを待ち焦がれ 2019年07月11日
フルサイズセンサーのFoveon。 Foveonユーザーになってからずっと夢見ていたその時が ついに来年実現しそうで考えるとソワソワしてしまいます。 ちなみにFoveon FFは Quattroの1:1:4からFoveonのオリジナルである1:1:1が採用されるとのこと。 その流れも含め今回は DP3 Merrillで撮影した横浜山手西洋館です。 もともと撮影する人たちにとって楽しいスポットですが 毎年何かの展示が開催されることがあります。 今回、数年前の展示ではございますがどうかご覧ください。 金属の質感...
続きを読む
初夏の森を歩く 【写真を楽しむ6月】初夏の森を歩く 2019年06月23日
私はよく森を散歩するのですが、カメラを持って森に入ると色々な発見に出会えます。 焦点距離:106mm 絞り:f5.6 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 森といえば木漏れ日。 至る所に射し込む光が森の木々をより一層幻想的にしてくれています。 焦点距離:18mm 絞り:f9.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 池、もしくは沼と言うべきでしょうか。 森の妖精でも現れそうな雰囲気です。 焦点距離:250mm 絞り:f9.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 この光景には頬が緩...
続きを読む
本日もまた写真日和。毎日がそうであるように。 本日もまた写真日和。毎日がそうであるように。 2019年05月21日
のんびり、まったり・・・好きな写真を好きなように撮り続けてはや10年。 喜怒哀楽に合わせて時を残してくれるカメラやレンズを、私は敬意を込めて“彼ら”と呼びます。 カメラはCANON EOS7DMarkⅡ、それに付けるレンズはSIGMA Art 30mm F1.4 DC HSM お初にお目にかかります。新人スタッフのカメラ話に暫し、お付き合い下さいませ。 私が学生時代から愛用し続けているこの組合わせは 撮影において非常に便利、かつ、実に可愛げのある写真を生み出します。 このレンズが実現するボケ描写はあらゆる...
続きを読む
熱帯植物園 【SIGMA】熱帯植物園 2019年05月10日
今回、私が選んだカメラは、2015年に発売された 【SIGMA dp0 Quattro】です。 これを持って熱帯植物園へ行ってきました。 レンズは14mmF4。 35mm判換算で21mm相当の焦点距離です。 歪曲収差が少ないのが特徴です。 目の前いっぱいに広がる熱帯の植物たちを、 一つとして逃がすまいとシャッターを切ります。 目に映る迫力をそのままに。 dp0の超広角と極限まで抑え込まれた歪曲収差だからこそできる表現ではないでしょうか。 もっとこの熱帯の世界を切り取りたいと、ワイドで...
続きを読む
Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 【新元号令和、平成を振り返る】私が見た平成の色平成最後の目黒川桜まつり 2019年04月21日
新元号の発表が迫る平成31年3月の終わり。 愛用の一眼レフを片手に初めて目黒川桜まつりに足を運びました。 「さて、レンズはどれにしようか」 初めての場所だし、混雑すれば自由に動けないかもしれない。 広角か、望遠か、単焦点か…。 そうは言っても、機材をあれもこれも持っていけるわけでもない。 そんな時に持ち出すのは、 「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」 2010年にキヤノン用が発売され、かれこれ10年近く経過しますが、 未だに人気の衰えない平成のロングセラー商品となります。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]