Select Language

ALPA in Wonderland

[ Category: etc.|掲載日時:2019年05月24日 10時30分]

Alpar 50mm f2.9




この度私が紹介させていただくのは【Alpa Reflex II】です。





Alpar 50mm f2.9



正面から





はじめに、アルパとは。
スイスの時計部品メーカー、ピニオン社製のカメラ。
レンズは他社から供給を受けていました。
【アルパ】のカメラは多くの種類がありますが、
この度私が使いますのは【アルパフレックス】のII型、前期モデルにあたります。


Alpar 50mm f2.9



Alpar 50mm f2.9







左から巻戻ノブ、シャッタースピードダイアル、巻上ノブ





まずはこのカメラの機械的な仕組みの説明から。
鉄板削り出しの文字どおり重厚な造りのボディ。
シャッタースピードは大陸式ダイアルで1/1000~1秒にバルブを加えた仕様。
シャッター幕は横走りの布幕方式です。
ファインダーは中判カメラではおなじみの上から覗いてピント合わせをするウェストレベル方式。
併せて横から覗いてふたつの像を合わせるレンジファインダー方式を搭載。
当時のカメラ技術が注ぎ込まれたハイブリットモデルです。
初期型は距離計連動の仕組みがウェストレベルを透過していたため、ファインダーとして使いづらかったようで、
II型にして両ファインダー方式が確立されています。
アルパの中ではこのモデルが比較的によく売れたといわれるのもうなずける完成度です。



ウェストレベルファインダーと収納式ルーペ



ライカのようにバルナックタイプからM型、R型への変遷がスタンダードだとすると、非常にユニークな進化です。







Alpar 50mm f2.9




Alpar 50mm f2.9





巻戻ノブとシャッタースピードダイアル




さすがスイス製と言いましょうか。
フイルムを巻き上げる時やシャッターを切った時にボディから伝わってくる
歯車の精密な振動や音が心地よく、なんとも癖になりそうです。
またシャッターレリーズは少し重めですが、ミラーショックや大きなシャッター音が発生しないのがうれしいです。
このカメラが作られて半世紀経った今でもある程度の正確性を保っているのも驚愕ものです。



Alpar 50mm f2.9




Alpar 50mm f2.9



アルミ鏡胴と低速切替レバー



レンズは【Alpar 50mm f2.9】です。
旧アルパマウントですが、現存数が少ないらしく私が好きな35mmを探していますが、見つかっていません。
マウント部から鏡胴部まですべて削り出しアルミ製で、本当に写るのか疑いたくなるような軽さが特徴です。

なお距離計連動するのはこの標準レンズだけらしいので、どうやらこのレンズとは長い付き合いになりそうです。





Alpar 50mm f2.9





Alpar 50mm f2.9




晴れた日中で撮るとその低コントラストで淡い色合いが顕著に現れます。
私のお気に入りのカラーネガを使い暗所を写すとご覧のように。

撮るたびにその表情を変え仕上がりが全く読めないこの面白さがたまりません。
この不思議な世界を描く為にカラーネガを詰めています。

モノクロで撮った写真もありますが、それはまた機会がございましたら。




Alpar 50mm f2.9





Alpar 50mm f2.9





この個体の全体的な整備不足と私の至らぬ腕前も相まって譲り受けて間もない頃は
カメラとしてまともに使えたものではありませんでした。
しかし撮っては原因と向き合い、また撮っては向き合いを繰り返した甲斐もあってか
現在では徐々にその調子を取り戻しつつあります。
内部劣化や経年変化など取り返しがつかない箇所も含めクラシックカメラの楽しみのひとつなのかもしれません。



沈胴させてコンパクトに




Alpar 50mm f2.9




それではこの度はこれにて。またの機会に。



Alpar 50mm f2.9





今回使用したフイルムはこちら。


















〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓




[ Category: etc.|掲載日時:2019年05月24日 10時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!32票


光害カットフィルター「StarScape」の魅力

【marumi】光害カットフィルター「StarScape」の魅力[2020年02月17日]

α7RⅣ + FE24-70mm F2.8 GM + M100 + StarScape for M100 + ND8 65mm | F8 | 31s | ISO100 東京都江東区にて 古今を問わず、写真撮影の応用として、「特殊な効果」を持ったフィルターは大変人気です。例えば、「C-PLフィルター」「NDフィルター」等はその中でも定番です。更に特殊なものとして、カラーフィルターやソフトフィルター、クロスフィルターなんかがありますが、昨今では夜景を...
続きを読む
null

私の現像レシピ[2020年02月15日]

先日、自分でフィルム現像をしていて本当に良かったなぁと感じたことがありました。 カメラ屋さん「ご自身で現像されたんですか?」 私「ええ、意外と簡単ですよ。」 カメラ屋さん「私も興味がありまして... 暗室でですか。」 私「いえ、暗室がなくてもできますよ。私はお風呂場を暗室の代わりにしてやってます。」 カメラ屋さん「すごい、私もやってみようと思います。」 自家現像...
続きを読む
port

【Lensbaby】創造者に新しい「創造」を。[2020年02月13日]

SONY α7RIII - Tokina atx-m 85mm F1.8 FE 1/80 - F2 - ISO:1600  皆様はLensbabyというメーカーをご存知でしょうか。  アメリカで生まれた、他メーカーにはない独特なボケの表現を可能とするレンズを生み出しているメーカーです。  写真の四隅がぐるぐるボケを生み出すBurnsideや、マクロのようにとても寄ることができ、さらに開放で使うと柔らかいボケを表現するVelvetや、独特な表現を一つ...
続きを読む
新品・中古デジタルカメラ人気ランキング

2020年1月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング[2020年02月10日]

新品デジカメ1月ランキング 1位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ 2位 Nikon Z50 ミラーレス一眼カメラ 2位 FUJIFILM X-T30 ミラーレス一眼カメラ 4位 FUJIFILM X-Pro3 ミラーレスカメラ 5位 FUJIFILM X-T3 ミラーレス一眼カメラ 6位 SONY α7RIV ミラー...
続きを読む
null

【七工匠】衝撃の出会いから1年が経ちました!【カメラを愉しむ vol.11】[2020年02月09日]

衝撃の出会いから、早いもので1年が経過しました。 その衝撃の出会いとは中国製レンズ「七工匠 7artisans」 筆者は「センサー性能」「高感度性能」「顔認識・瞳AF」というハイスペックなボディというのはあまり重要視せず、ボディは「好きな色が出れば良い」と割り切っています。 しかし装着する『レンズ』にはとことんこだわる。 純正AFレンズはもちろん、ライカやカールツァイス、フォクト...
続きを読む