ALPA in Wonderland | THE MAP TIMES 
Select Language



ALPA in Wonderland

[ Category:etc.|掲載日時:2019年05月24日 10時30分]


Alpar 50mm f2.9




この度私が紹介させていただくのは【Alpa Reflex II】です。





Alpar 50mm f2.9



正面から





はじめに、アルパとは。
スイスの時計部品メーカー、ピニオン社製のカメラ。
レンズは他社から供給を受けていました。
【アルパ】のカメラは多くの種類がありますが、
この度私が使いますのは【アルパフレックス】のII型、前期モデルにあたります。


Alpar 50mm f2.9



Alpar 50mm f2.9







左から巻戻ノブ、シャッタースピードダイアル、巻上ノブ





まずはこのカメラの機械的な仕組みの説明から。
鉄板削り出しの文字どおり重厚な造りのボディ。
シャッタースピードは大陸式ダイアルで1/1000~1秒にバルブを加えた仕様。
シャッター幕は横走りの布幕方式です。
ファインダーは中判カメラではおなじみの上から覗いてピント合わせをするウェストレベル方式。
併せて横から覗いてふたつの像を合わせるレンジファインダー方式を搭載。
当時のカメラ技術が注ぎ込まれたハイブリットモデルです。
初期型は距離計連動の仕組みがウェストレベルを透過していたため、ファインダーとして使いづらかったようで、
II型にして両ファインダー方式が確立されています。
アルパの中ではこのモデルが比較的によく売れたといわれるのもうなずける完成度です。



ウェストレベルファインダーと収納式ルーペ



ライカのようにバルナックタイプからM型、R型への変遷がスタンダードだとすると、非常にユニークな進化です。







Alpar 50mm f2.9




Alpar 50mm f2.9





巻戻ノブとシャッタースピードダイアル




さすがスイス製と言いましょうか。
フイルムを巻き上げる時やシャッターを切った時にボディから伝わってくる
歯車の精密な振動や音が心地よく、なんとも癖になりそうです。
またシャッターレリーズは少し重めですが、ミラーショックや大きなシャッター音が発生しないのがうれしいです。
このカメラが作られて半世紀経った今でもある程度の正確性を保っているのも驚愕ものです。



Alpar 50mm f2.9




Alpar 50mm f2.9



アルミ鏡胴と低速切替レバー



レンズは【Alpar 50mm f2.9】です。
旧アルパマウントですが、現存数が少ないらしく私が好きな35mmを探していますが、見つかっていません。
マウント部から鏡胴部まですべて削り出しアルミ製で、本当に写るのか疑いたくなるような軽さが特徴です。

なお距離計連動するのはこの標準レンズだけらしいので、どうやらこのレンズとは長い付き合いになりそうです。





Alpar 50mm f2.9





Alpar 50mm f2.9




晴れた日中で撮るとその低コントラストで淡い色合いが顕著に現れます。
私のお気に入りのカラーネガを使い暗所を写すとご覧のように。

撮るたびにその表情を変え仕上がりが全く読めないこの面白さがたまりません。
この不思議な世界を描く為にカラーネガを詰めています。

モノクロで撮った写真もありますが、それはまた機会がございましたら。




Alpar 50mm f2.9





Alpar 50mm f2.9





この個体の全体的な整備不足と私の至らぬ腕前も相まって譲り受けて間もない頃は
カメラとしてまともに使えたものではありませんでした。
しかし撮っては原因と向き合い、また撮っては向き合いを繰り返した甲斐もあってか
現在では徐々にその調子を取り戻しつつあります。
内部劣化や経年変化など取り返しがつかない箇所も含めクラシックカメラの楽しみのひとつなのかもしれません。



沈胴させてコンパクトに




Alpar 50mm f2.9




それではこの度はこれにて。またの機会に。



Alpar 50mm f2.9





今回使用したフイルムはこちら。


















〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓




[ Category:etc.|掲載日時:2019年05月24日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【MapTimes】One More Times!! vol.3【航空祭】 2019年09月13日
THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 というわけで今回のキーワードは「航空祭」 航空祭は各地で一年を通して開催されております。 THEMAPTIMESでは2013年からブログがありました。 2013年青森県三沢市航空祭を撮ろう!!(三沢編)、航空祭を撮ろう!!(ブルーインパルス編) 2014年青森県三沢市航空祭を...
続きを読む
本日もまた写真日和。五日目。 【増税前にデビュー】本日もまた写真日和。五日目。 2019年09月10日
9月になりました。 暑い、寒い、時々ちょうどいい、そんな気温に包まれながら。 大雨だ、大風だ、夏の名残の日差しが描く虹を眺めながら。 日々は着実に秋へと歩を進めています。 来月で入社して早半年、私が新人スタッフと名乗ってよい期間も、もう短いでしょうか。 一丁前にそんなことを思いながら、この青二才、まだ少しだけ甘えさせて頂きたいと思います。 本日も、新人スタッフのカメラ話に暫しお付き合い下さい。 増税前にデビュー、そう銘打って書かせて頂く本日のブログですが、何も悲...
続きを読む
新品・中古デジタルカメラ人気ランキング 2019年8月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング 2019年09月09日
新品デジカメ8月ランキング 1位 SONY Cyber-shot DSC-RX100M7 コンパクトデジタルカメラ 2位 Nikon Z6 ミラーレス一眼カメラ 3位 Canon EOS RP ミラーレス一眼カメラ 4位 SONY α6400 ミラーレス一眼カメラ 5位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ 6位 OLYMPUS Tough TG-6 コンパクトデジタルカメラ 7位 RICOH GR III コンパクトデジタルカメラ ...
続きを読む
null 【MapTimes】One More Times!! vol.2 2019年09月08日
THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 One More Times!! Vol.2です。 前回のOne More Times!!はコチラから。 前回に続き本館4Fスタッフのブログをご紹介させていただきます。 まずマップカメラとしては貴重なポートレート写真。 フィルムで撮った「祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート」 デジタルで撮った「キヤノン×ニコン 夏のポートレート」 アクセス数がすごいら...
続きを読む
null 【増税前にデビュー】地平線の王者:Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8 2019年09月05日
Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8 21mm 地平線が広がる雄大な風景や 目の前の空間をすべて写し込むような表現に理想的な常用広角レンズ。 とメーカーでも言うとおり、ダイナミックな写真が撮れます。 一つのシーンをドラマチックに、壮大なスケールをそのまま取り込むことが出来る画角。 そんなシーンでは必須とも呼べるレンズですが、使いこなすのには画角への感覚と経験も必要なレンズという印象です。 今回も実際には50mmと21mmを携帯して撮影に臨んだのですが、21mmだけで切り撮った世...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]