【新元号令和、平成を振り返る】SONY α77II 虫撮りから今回は鳥を撮りました | THE MAP TIMES 
Select Language



【新元号令和、平成を振り返る】SONY α77II 虫撮りから今回は鳥を撮りました

[ Category:SONY|掲載日時:2019年04月05日 10時30分]


平成を振り返ること30年前、
思うのは社会人となった年(歳がバレた)に元年4月1日消費税が始まった年であります。
3%の課税により市場が大混乱しました。
カメラの価格だけで言えば、
物品税(主にぜいたく品につけられた税)が廃止され消費税に統一されて安くなったはずです。
平成の次の元号「令和」が決まって、平成元年に起きた出来事を思い出しました。

話は変わります。
4月なのにまだまだ、寒い日が続きますが、昆虫もそろそろ出てきてもいいと思うので・・・・。

愛機のSONY α77IIボディILCA-77M2と最近購入しましたTAMRON SP 150-600mm F5-6.3 Di USD G2 A022S(ソニーA用)を付けて持って行きました。

近所の公園に緋寒桜が咲いていると聞きつけまして、平成最後の花見がてら、その花に何か来ていないか期待して向かいました。

α77II

α77II

α77II


いい感じに咲いているな。下を向くと・・・・・・。
α77II


桜の花が落ちている。
見上げると、美味そうに食べているではありませんか。
α77II


目が合いました。

α77II


お前らに渡さないぞと言う感じです。

α77II


α77II


このインコの名前はワカケホンセイインコ(♀)と言います。
インド・スリランカ原産で「カゴ抜け」飼っていたものが逃げて野生化したようです。

α77II


このインコはお前達なにしてるのみたいな傍ら、
ヒヨドリとメジロの餌場争いがありました。
鳥の世界は大きさが勝負でメジロはヒヨドリに勝てませんでした。

α77II

α77II


メジロが美味しそうに蜜を吸っています。
インコやヒヨドリが花を食べます。
食べ方、食べる物もくちばしの形が影響しています。
細いくちばしは蜜吸い、太いくちばしは花ごと食べます。

α77II


これが載るころには、本格的な花見シーズンが始まっています。
飲み過ぎ、食べ過ぎにはご用心を。
私も。

ちなみに、花見の時に咲いている桜、ソメイヨシノは接木で増えた栽培種で花に蜜など出ませんので、鳥は吸いに来ません。

番外編

クイズです。

ワカケホンセイインコですが最初のが雌で、この写真は雄です。

どこが違うでしょう。

α77II


 【答え】 黒い首環


【参考文献】

 サクラハンドブック大原 隆明 文一総合出版

 鳥くんの比べて識別!野鳥図鑑670永井真人 著 茂田良光 監修 文一総合出版

  
日本の外来生物多紀保彦 監修財団法人自然環境研究センター 編著 平凡社

日本の桜 (フィールドベスト図鑑)10巻 勝木俊雄 学研










〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓




























[ Category:SONY|掲載日時:2019年04月05日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 2019年06月20日
私は大学一年生の時に、祖父の形見のNikon F4を譲り受け、今でもF4で写真を撮り続けています。 今回はF4で撮影した、どこか懐かしい気分にさせてくれるようなポートレートをご紹介しながらF4の魅力に触れていきたいと思います。 Nikon F4は1988年にフラッグシップ機として発売されました。Nikon F一桁シリーズ初のオートフォーカスが搭載されています。 見た目はとてもメカメカしく、レバーやダイヤルにも存在感があります。シャッタースピードの最高速は1/8000秒。 そして大きくて重量があるのも特...
続きを読む
空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]