Select Language

【OLYMPUS】カメラと旅を。Ⅵ

[ Category: OLYMPUS|掲載日時:2019年05月23日 11時00分]

カメラと旅を。第6弾。
今回はウサギが有名なとある島とともにお届けいたします。

持って行ったのはOLYMPUS PEN-F+M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mmF4.0IS PRO


PEN-F+M.ZUIKO ED12-100mmF4.0IS PRO

焦点距離:12mm 絞り:F9 シャッタースピード:1/320秒 ISO:200



島自体は1周1時間で回れる大きさ。
人口20人前後、それに比べウサギは900羽を超える数が生息しています。


PEN-F+M.ZUIKO ED12-100mmF4.0IS PRO

焦点距離:100mm 絞り:F4.5 シャッタースピード:1/250秒 ISO:200



船から降りるといたるところにもふっ。もふっ。
地面に穴を掘って寝ていたり、追いかけっこをしたり、キャベツを狙って駆け寄ってきたりと島独特の風景が広がっています。


PEN-F+M.ZUIKO ED12-100mmF4.0IS PRO

焦点距離:100mm 絞り:F5 シャッタースピード:1/320秒 ISO:200



そんな中、私が今回PEN-Fを選んだ理由。
それはこの島の歴史にあります。


PEN-F+M.ZUIKO ED12-100mmF4.0IS PRO

焦点距離:14mm 絞り:F5.6 シャッタースピード:1/200秒 ISO:320



戦時中1929年から1945年にかけて毒ガスを作っており、地図から抹消され隠された孤島でした。
島の至るところに旧日本軍の遺構が残されています。


PEN-F+M.ZUIKO ED12-100mmF4.0IS PRO

焦点距離:13mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/30秒 ISO:1600



その毒ガス製造工場や砲台跡地をモノクロで撮影すること。
カラーで撮るよりも、その場の空気間や時の流れが感じられる気がします。


PEN-F+M.ZUIKO ED12-100mmF4.0IS PRO

焦点距離:13mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/60秒 ISO:1000



PEN-Fの強みの一つでもあるモノクロプロファイルコントロール
粒状フィルム効果のざらっとした風合いで、モノクロフィルム調の仕上がりになるクラッシックフィルムモノクロを使用して撮影をしました。


PEN-F+M.ZUIKO ED12-100mmF4.0IS PRO

焦点距離:41mm 絞り:F4.5 シャッタースピード:1/100秒 ISO:320



島に行く前に戦時中の記録を読み痛々しい過去を知りました。
現地にも毒ガス資料館がありますので是非訪れてみてください。


PEN-F+M.ZUIKO ED12-100mmF4.0IS PRO

焦点距離:12mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/80秒 ISO:200


PEN-F+M.ZUIKO ED12-100mmF4.0IS PRO

焦点距離:12mm 絞り:F11 シャッタースピード:1/500秒 ISO:200



私が今回訪れたのは桜の綺麗な4月初め。
前回行ったときは山を登り島を一望できたのですが、今回は通行禁止に。残念です。


PEN-F+M.ZUIKO ED12-100mmF4.0IS PRO

焦点距離:100mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/200秒 ISO:200



てくてく歩き、しゃがむ。
カメラを構える。
そしてまた数歩歩いてカメラを構える。
これの繰り返し。
1時間で回れるはずなのに1周するのに3時間以上かかりました。
もふっとしたフォルム、長い耳に、大きい目。
可愛い。
ずっと眺めていたい。
可愛い。

PEN-F+M.ZUIKO ED12-100mmF4.0IS PRO

焦点距離:12mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/1600秒 ISO:200



ピントを合わせようとするとウサギがこちらに気付き駆け寄ってきます。
M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mmF4.0IS PROでよかったと実感。
画角が広く、手ぶれ6.5段の補正効果付き。
撮影に迷いが出ません。
どんどん近づいてくるウサギに的確にピントが合い、シャッターチャンスを逃しません。

PEN-F+M.ZUIKO ED12-100mmF4.0IS PRO

焦点距離:54mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/100秒 ISO:200



こんなことをしているうちに予定時刻を過ぎてしまい、船着き場でまたウロウロ。
「また来るね。」
船に乗り込むときは既に夕暮れ時でした。


PEN-F+M.ZUIKO ED12-100mmF4.0IS PRO

焦点距離:57mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/320秒 ISO:200








〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category: OLYMPUS|掲載日時:2019年05月23日 11時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!35票


Shinjuku

【街で見つけた形にフォーカス】NikonのライカLレンズをSONYで撮る[2020年01月27日]

ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Nikon W Nikkor 3.5cm F2.5 (L39) マウントアダプター:K&F Concept KF-LME - Voigtlander L/Mリング 35/135用  NikonのLレンズ?と思った方もいると思います。今回使用したのは、NikonのL39マウントレンズ、Nikkor 3.5cm F2.5です。今回は、コンパクトながらも準広角レンズであり、F2.5とスナップとしては十分な明るさをもつ、『W Nikkor 3.5cm F2.5』を使用して撮影を...
続きを読む
ねずみ年とRP

【街で見つけた形にフォーカス】ねずみ年とRP【Canon】[2020年01月26日]

2020年。 早くも1ヵ月が過ぎようとしています。 2020年の干支はねずみ。 ねずみの形を探してみようかと考えましたが私の頭に浮かんだねずみは一つでした。 入門向けのフルサイズミラーレスEOS RPと使い勝手に定評のあるRF24-105/F4を携えて、とあるテーマパークへ行ってきました。 まず使用してみて感じたことは『軽い』と言う事。 筆者は2019年に発売されたフルサイズミラー...
続きを読む
α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z

【街で見つけた形にフォーカス】曇天から斜陽【SONY】[2020年01月25日]

街で見つけた形にフォーカス。 あっという間に令和2年目を迎えた1月の中旬、曇天模様の空の下、多摩センター駅周辺を散策することにしました。 この辺りは昔からの生活県内であり見慣れた街なのですが、ファインダーを通し新たな「形」の発見を期待して来たのでした。 雨が降らないことを祈りつつ、散策を始めます。 駅を出てすぐ、六角形のガラス張りの天蓋が二基。 あいにくの曇り空です...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

【街で見つけた形にフォーカス】気ままにスナップin下北沢【OLYMPUS】[2020年01月25日]

今回の撮影場所は下北沢です。小田急線の地下化工事が終わり、ここ5年程の間に周辺の開発が進み、地上の景色もだいぶ様変わりしてきました。 そんな下北沢でカメラを手に、お散歩スナップして参りました。気になるものに気ままにフォーカス。短いひと時でしたが、楽しい撮影でした。 以前にも似たようなことを書きましたが、真冬の撮影は日の傾きが思いのほか早く、ちょうどよく...
続きを読む
null

【Nikon】開放F値1.2!1977年生まれの元祖ノクトの作例[2020年01月24日]

先日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。本日は、元祖ノクトニッコールを最新のボディであるZ7と組み合わせて、すべて開放F値1.2で撮影してきました。1977年(昭和52年)生まれの実力やいかに! ショーウインドウに飾られたスパンコールが付いたバッグ。ベージュ系の優しい色合いの服飾に似合うやわらかい描写です。 街角に貼られたステッカー群。目が合った気がして...
続きを読む