【OLYMPUS】カメラと旅を。Ⅵ | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  【OLYMPUS】カメラと旅を。Ⅵ | THE MAP TIMES
Select Language

【OLYMPUS】カメラと旅を。Ⅵ

[ Category: OLYMPUS|掲載日時:2019年05月23日 11時00分]

カメラと旅を。第6弾。
今回はウサギが有名なとある島とともにお届けいたします。

持って行ったのはOLYMPUS PEN-F+M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mmF4.0IS PRO


PEN-F+M.ZUIKO ED12-100mmF4.0IS PRO

焦点距離:12mm 絞り:F9 シャッタースピード:1/320秒 ISO:200



島自体は1周1時間で回れる大きさ。
人口20人前後、それに比べウサギは900羽を超える数が生息しています。


PEN-F+M.ZUIKO ED12-100mmF4.0IS PRO

焦点距離:100mm 絞り:F4.5 シャッタースピード:1/250秒 ISO:200



船から降りるといたるところにもふっ。もふっ。
地面に穴を掘って寝ていたり、追いかけっこをしたり、キャベツを狙って駆け寄ってきたりと島独特の風景が広がっています。


PEN-F+M.ZUIKO ED12-100mmF4.0IS PRO

焦点距離:100mm 絞り:F5 シャッタースピード:1/320秒 ISO:200



そんな中、私が今回PEN-Fを選んだ理由。
それはこの島の歴史にあります。


PEN-F+M.ZUIKO ED12-100mmF4.0IS PRO

焦点距離:14mm 絞り:F5.6 シャッタースピード:1/200秒 ISO:320



戦時中1929年から1945年にかけて毒ガスを作っており、地図から抹消され隠された孤島でした。
島の至るところに旧日本軍の遺構が残されています。


PEN-F+M.ZUIKO ED12-100mmF4.0IS PRO

焦点距離:13mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/30秒 ISO:1600



その毒ガス製造工場や砲台跡地をモノクロで撮影すること。
カラーで撮るよりも、その場の空気間や時の流れが感じられる気がします。


PEN-F+M.ZUIKO ED12-100mmF4.0IS PRO

焦点距離:13mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/60秒 ISO:1000



PEN-Fの強みの一つでもあるモノクロプロファイルコントロール
粒状フィルム効果のざらっとした風合いで、モノクロフィルム調の仕上がりになるクラッシックフィルムモノクロを使用して撮影をしました。


PEN-F+M.ZUIKO ED12-100mmF4.0IS PRO

焦点距離:41mm 絞り:F4.5 シャッタースピード:1/100秒 ISO:320



島に行く前に戦時中の記録を読み痛々しい過去を知りました。
現地にも毒ガス資料館がありますので是非訪れてみてください。


PEN-F+M.ZUIKO ED12-100mmF4.0IS PRO

焦点距離:12mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/80秒 ISO:200


PEN-F+M.ZUIKO ED12-100mmF4.0IS PRO

焦点距離:12mm 絞り:F11 シャッタースピード:1/500秒 ISO:200



私が今回訪れたのは桜の綺麗な4月初め。
前回行ったときは山を登り島を一望できたのですが、今回は通行禁止に。残念です。


PEN-F+M.ZUIKO ED12-100mmF4.0IS PRO

焦点距離:100mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/200秒 ISO:200



てくてく歩き、しゃがむ。
カメラを構える。
そしてまた数歩歩いてカメラを構える。
これの繰り返し。
1時間で回れるはずなのに1周するのに3時間以上かかりました。
もふっとしたフォルム、長い耳に、大きい目。
可愛い。
ずっと眺めていたい。
可愛い。

PEN-F+M.ZUIKO ED12-100mmF4.0IS PRO

焦点距離:12mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/1600秒 ISO:200



ピントを合わせようとするとウサギがこちらに気付き駆け寄ってきます。
M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mmF4.0IS PROでよかったと実感。
画角が広く、手ぶれ6.5段の補正効果付き。
撮影に迷いが出ません。
どんどん近づいてくるウサギに的確にピントが合い、シャッターチャンスを逃しません。

PEN-F+M.ZUIKO ED12-100mmF4.0IS PRO

焦点距離:54mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/100秒 ISO:200



こんなことをしているうちに予定時刻を過ぎてしまい、船着き場でまたウロウロ。
「また来るね。」
船に乗り込むときは既に夕暮れ時でした。


PEN-F+M.ZUIKO ED12-100mmF4.0IS PRO

焦点距離:57mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/320秒 ISO:200








〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category: OLYMPUS|掲載日時:2019年05月23日 11時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!29票


null

【MapTimes】One More Times!! vol.7【Foveon】[2019年10月19日]

THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 今回のキーワードは「Foveon」 10月25日に発売されるSIGMA Lマウントカメラ「fp」 期待に胸膨らみすぎて眠れなかったため 今までマップカメラスタッフが撮影してきた「Foveon」をまとめてみました。 SIGMA「Foveon」は各シリーズ、各世代に根強いファンが...
続きを読む
SONY α7III + FE 16-35mm F2.8 GM

【飛行機を撮ろう】飛行機 x プロジェクションマッピング[2019年10月19日]

【飛行機を撮ろう】飛行機 x プロジェクションマッピング SONY α7III + FE 16-35mm F2.8 GM | 27mm | 1/2 | F4 | ISO640 まだ暑い7月のある日、ふと思い立ち、中部国際空港セントレアに飛びました。 羽田や成田ではなくセントレアだったのには、訳があります。セントレアには毎日たくさんの飛行機がやって来ますが、それだけでなく「FLIGHT OF DREAMS」という飛行機のテーマパークが併設されているのです。 SONY α7III + FE 16-35mm F2.8 GM | 22mm | 1/5 | F4 | ISO100 パークのメ...
続きを読む
null

旅するカメラ[2019年10月19日]

まだ残暑が続いていた頃、お休みを頂いてチェコ共和国へ旅行をしてきました。 荷造りをしながら旅行の予定をたてる。さて、どのカメラを持って行こう。 旅先を想い、使う機材についてあれこれと考えることも、旅の楽しみのひとつかもしれません。 今回使用した機材はCanonのEOS Mと、EF-M22mm F2 STM。 小振りなカメラは重荷にならず、旅行では重宝しました。 今回はプラハに滞在しました。 著名な写真家達が撮影し、素晴らしい作品が生み出されてきた街 さまざまな...
続きを読む
写真展『わたしの見つけた瞬間』vol.6

写真展のご案内 〜写真展『わたしの見つけた瞬間』vol.6~[2019年10月17日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 写真展 『わたしの見つけた瞬間』vol.6 です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
MACRO日記 Vol.2

MACRO日記 Vol.2[2019年10月17日]

日中の厳しい暑さも終わり、過ごしやすい季節になりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今回は、 Canon EOS 90D Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM の組み合わせで撮影してきました。 EOS 90Dは先月発売されたAPS-Cサイズのセンサーを搭載した一眼レフカメラ。EOS 90Dは有効画素数約3250万画素のセンサーとEOS Rなどに使われている映像エンジンDIGIC 8を積んでおり、より高画質な写真を撮ることができるようになっています。 焦点距離:100mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/250秒 ...
続きを読む