【OLYMPUS】カメラと旅を。Ⅵ | THE MAP TIMES 
Select Language



【OLYMPUS】カメラと旅を。Ⅵ

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2019年05月23日 11時00分]


カメラと旅を。第6弾。
今回はウサギが有名なとある島とともにお届けいたします。

持って行ったのはOLYMPUS PEN-F+M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mmF4.0IS PRO


PEN-F+M.ZUIKO ED12-100mmF4.0IS PRO

焦点距離:12mm 絞り:F9 シャッタースピード:1/320秒 ISO:200



島自体は1周1時間で回れる大きさ。
人口20人前後、それに比べウサギは900羽を超える数が生息しています。


PEN-F+M.ZUIKO ED12-100mmF4.0IS PRO

焦点距離:100mm 絞り:F4.5 シャッタースピード:1/250秒 ISO:200



船から降りるといたるところにもふっ。もふっ。
地面に穴を掘って寝ていたり、追いかけっこをしたり、キャベツを狙って駆け寄ってきたりと島独特の風景が広がっています。


PEN-F+M.ZUIKO ED12-100mmF4.0IS PRO

焦点距離:100mm 絞り:F5 シャッタースピード:1/320秒 ISO:200



そんな中、私が今回PEN-Fを選んだ理由。
それはこの島の歴史にあります。


PEN-F+M.ZUIKO ED12-100mmF4.0IS PRO

焦点距離:14mm 絞り:F5.6 シャッタースピード:1/200秒 ISO:320



戦時中1929年から1945年にかけて毒ガスを作っており、地図から抹消され隠された孤島でした。
島の至るところに旧日本軍の遺構が残されています。


PEN-F+M.ZUIKO ED12-100mmF4.0IS PRO

焦点距離:13mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/30秒 ISO:1600



その毒ガス製造工場や砲台跡地をモノクロで撮影すること。
カラーで撮るよりも、その場の空気間や時の流れが感じられる気がします。


PEN-F+M.ZUIKO ED12-100mmF4.0IS PRO

焦点距離:13mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/60秒 ISO:1000



PEN-Fの強みの一つでもあるモノクロプロファイルコントロール
粒状フィルム効果のざらっとした風合いで、モノクロフィルム調の仕上がりになるクラッシックフィルムモノクロを使用して撮影をしました。


PEN-F+M.ZUIKO ED12-100mmF4.0IS PRO

焦点距離:41mm 絞り:F4.5 シャッタースピード:1/100秒 ISO:320



島に行く前に戦時中の記録を読み痛々しい過去を知りました。
現地にも毒ガス資料館がありますので是非訪れてみてください。


PEN-F+M.ZUIKO ED12-100mmF4.0IS PRO

焦点距離:12mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/80秒 ISO:200


PEN-F+M.ZUIKO ED12-100mmF4.0IS PRO

焦点距離:12mm 絞り:F11 シャッタースピード:1/500秒 ISO:200



私が今回訪れたのは桜の綺麗な4月初め。
前回行ったときは山を登り島を一望できたのですが、今回は通行禁止に。残念です。


PEN-F+M.ZUIKO ED12-100mmF4.0IS PRO

焦点距離:100mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/200秒 ISO:200



てくてく歩き、しゃがむ。
カメラを構える。
そしてまた数歩歩いてカメラを構える。
これの繰り返し。
1時間で回れるはずなのに1周するのに3時間以上かかりました。
もふっとしたフォルム、長い耳に、大きい目。
可愛い。
ずっと眺めていたい。
可愛い。

PEN-F+M.ZUIKO ED12-100mmF4.0IS PRO

焦点距離:12mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/1600秒 ISO:200



ピントを合わせようとするとウサギがこちらに気付き駆け寄ってきます。
M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mmF4.0IS PROでよかったと実感。
画角が広く、手ぶれ6.5段の補正効果付き。
撮影に迷いが出ません。
どんどん近づいてくるウサギに的確にピントが合い、シャッターチャンスを逃しません。

PEN-F+M.ZUIKO ED12-100mmF4.0IS PRO

焦点距離:54mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/100秒 ISO:200



こんなことをしているうちに予定時刻を過ぎてしまい、船着き場でまたウロウロ。
「また来るね。」
船に乗り込むときは既に夕暮れ時でした。


PEN-F+M.ZUIKO ED12-100mmF4.0IS PRO

焦点距離:57mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/320秒 ISO:200








〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2019年05月23日 11時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【私のお気に入り】OM-D E-M1MarkⅡ×夏の灯り 【私のお気に入り】OM-D E-M1 MarkⅡ×夏の灯り 2019年08月29日
そろそろ夏も終盤に近づいて来ました。 少しずつ涼しくなり、ひぐらしのなく夕方になると毎年少し寂しさを覚えます。 そんな夏の終わり。 私のお気に入りの機材はOLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ ミラーレスは一眼レフに比べて小さく軽い。 1日首にかけていても負担が少なく、邪魔にもなりません。 防塵防滴で安心感があり、強い手ぶれ補正と高画質で妥協しない写真が簡単に撮れます。 レンズはM.ZUIKO DIGITAL ED75mmF1.8とM.ZUIKO DIGITAL ED12mmF2 今回はOLYMPUSならではの色合いを、軽井沢の風...
続きを読む
OLYMPUS×favorite 【私のお気に入り】OLYMPUS × favorite 2019年07月31日
『私のお気に入り』 改めて言われると中々絞れないものです。 なので今回は私のお気に入りOLYMPUSについてご紹介します。 重さや撮影状況においてノンストレスを求めていた時に、このメーカーに出会いました。 旅行からちょっとしたお出かけでも使えるコンパクトなミラーレス機。 水辺や山等での撮影時になくてはならない防塵防滴。 オリンパスならではの色鮮やかに写す高画質。 出逢ってから手に馴染むまで時間は掛かりませんでした。 PEN-F+SIGMA C56mmF1.4DCDNf/2.8 1/400sec ISO-400 PE...
続きを読む
null 【私のお気に入り】E-M1 MarkIIで花を撮る 【OLYMPUS】 2019年07月26日
今年になり、筆者は OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII を手に入れました。 すでに幾度かこの機種で撮影した写真をこのブログに掲載させていただきましたが、 お気に入りといえばやはりこの1台になってしまいます。 今まで所有してきたカメラの中で比較しても、個人的には使いやすさは一番ではないかと思います。 理由として、まず、グリップの握りが深く、心地よくホールディングができること。 長時間の撮影でも疲れを感じさせません。 操作時、各ダイアル、ボタンへの指の移動が小さくて済...
続きを読む
null 【OLYMPUS】写真を撮ろう!OM-D E-M1X 2019年07月06日
こんにちは。蒸し暑い日々が続いております。 最近カメラの湿気対策で、ドライボックスを購入しました。 さて、みなさんはどんな写真を撮影しますか。風景や人物、そして夜景など、自分が主に何を撮っているのか。 「自分がよく撮る写真はこれです。」なんて言ってみたいものです。 私はまさに「これが好きだ。」、「これを撮りたい。」を探している最中です。 というのも、カメラを手にしてまだ半年にも満たない中、カメラにかける時間も限られるのですが、頭の中には次に撮ってみたいものが色々...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]