【新元号令和、平成を振り返る】私が見た平成の色平成最後の目黒川桜まつり | THE MAP TIMES 
Select Language



【新元号令和、平成を振り返る】私が見た平成の色平成最後の目黒川桜まつり

[ Category:SIGMA|掲載日時:2019年04月21日 11時00分]

新元号の発表が迫る平成31年3月の終わり。
愛用の一眼レフを片手に初めて目黒川桜まつりに足を運びました。

「さて、レンズはどれにしようか」

初めての場所だし、混雑すれば自由に動けないかもしれない。

広角か、望遠か、単焦点か…。
そうは言っても、機材をあれもこれも持っていけるわけでもない。

そんな時に持ち出すのは、
「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」

2010年にキヤノン用が発売され、かれこれ10年近く経過しますが、
未だに人気の衰えない平成のロングセラー商品となります。

カメラを始めてみたけれど、なかなか純正レンズに手が届かないという時、
このレンズを選んだ人も多いのではないでしょうか。

今回は平成最後の目黒川桜まつりを振り返りつつ、
「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」をご紹介します。

Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM


ボディは「Canon EOS 8000D」
大きすぎず小さすぎないサイズで、レンズとのバランスも良いです。

このレンズの最大の魅力は、
ズーム全域で開放F値が2.8であること。

APS-C専用とはなりますが、純正レンズよりも手頃で、
初心者の方でも大変使いやすくなっています。

このレンズならボケを活かした写真も簡単に撮影できます。


Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM


撮影する時に最も気を付けるのはピント合わせですが、
次に注意しているのは露出オーバーにならないこと。
いわゆる「白飛び」が好みではないのですが、
桜の花びらの重なり具合があまりにも美しく、
背景に溶け込む様子が魅力的だったので、あえてオーバー気味にしてみました。

Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM


実はこのレンズなかなか接写もできる優れものでして、
最短28cmまで寄れるのです。

至近距離で撮影すれば、
花びらから葉脈までよく解像してくれます。

Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

たまにはモノクロにしてみたり…

Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM


私はRAW現像が好きで、
今回の画像はすべてRAWデータで撮影し、
後からPCで現像処理をしています。

RAWで撮影すると後から自分好みに調整ができるので、
撮影をするときにはピント合わせに集中できるのです。

意外にオートでカメラ任せにしても、
自分好みの露出で撮ってくれなかったり、
マニュアルモードで露出を自分で設定しても、
失敗することがあるので、後から直せると思うと気が楽なものです。

撮影直後はイマイチだと思っていたものが、
現像したら感動するくらい大変身をすることもあります。

実は私、どちらかというとインドア派なのですが、
今ではすっかりRAW現像の虜になってしまいました。

カメラってアウトドア派の趣味じゃない?
あまり外出しないから、カメラを持ってても使わないかも…

と思っている方がいたら、
ぜひめったに行かない貴重な外出先で撮ってみてください!
普段の日常風景でもカメラとRAW現像を使えば、
まったく違う世界が見えてきますよ!






〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category:SIGMA|掲載日時:2019年04月21日 11時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Leica M Monochrom 【私のお気に入り】LEICA MM 2019年07月16日
私のお気に入り 『LEICA M Monochrom』 その「デジタルモノクロ縛り」の哲学に惚れ込んでからは すっかり私のお気に入りになりました。 そして始まった、お気に入りレンズを模索する日々の中から 気に入った幾つかのレンズを紹介していきます。 MINOLTA SUPER ROKKOR 50mm F1.8 此処でいきなり、MINOLTAレンズです。 旧千代田光学であるMINOLTA、 銘板にその名残である「CHIYOKO」と記してあるのも気に入っています。 明るく使いやすいレンズ、心なしか白が綺麗に写るような気がし...
続きを読む
【私のお気に入り】 旅と一緒にSONY RX100M5A 【私のお気に入り】 旅のお伴にSONY RX100M5A 2019年07月15日
F1.8 1/40 ISO-2000 24mm 観覧車からのラスベガス夜景 F2.8 1/50 ISO-1600 53mm アンテロープ・キャニオン アメリカのラスベガスと西海岸のキャニオン観光。 そこでRX100M5Aをお伴に連れて行きました。 メイン機にフルサイズを携え、サブ機のつもりで持って行きましたが、 フルサイズ顔負けの素晴らしい画の数々!! 今まで所詮コンデジという印象が一気に変わりました。 F2.8 1/160 ISO-500 70mm まずはラスベガス・マッカラン国際空港に到着するなりパシャリ。 飛行機を...
続きを読む
空飛ぶ巨大なカメと 【私のお気に入り】空飛ぶ巨大なカメと 2019年07月14日
私は幼少の頃から鉄道好きで、写真を始めたきっかけも鉄道を撮ることから始まりました。 そんな私が飛行機に興味を持ち始めたのが「ジャンボ」の愛称で親しまれてきたとボーイング747型機が、日本の航空会社から無くなると聞いた時からです。 鉄道写真を撮る人達の間では、廃線となる路線や引退する車両に集まることを「葬式鉄」と呼びますので、これに倣えば葬式空がきっかけだったのかもしれません。 小型低燃費機へのシフトは日本だけではないようで、国際線が発着する空港でも大型機を...
続きを読む
ニコンの50mm 【私のお気に入り】ニコンの50mm 2019年07月13日
大切に使い続けているレンズがあります。 AI Nikkor 50mm f/1.4S 1981 年から発売されているニコンの標準レンズ。 このレンズとの出会いは学生時代。 キットで付いていたレンズの写りに満足できず、自分で調べたり周りの人に聞いてみると、どうやら単焦点レンズというものがあり50mmが標準的なレンズとされているらしい。 なるほど、じゃあ使ってみるか。 それくらいの知識で買ってみたレンズでした。 実際にカメラに装着しファインダーを覗くと、いままで見たことがないくらい世の中が輝い...
続きを読む
鎌倉×G99 【Panasonic】鎌倉×G99 2019年07月12日
5月半ばに発売されたPanasonic LUMIX DC-G99 どんなカメラだろう。とワクワクを胸にカメラ片手に鎌倉へ出かけて参りました。 ƒ/3.5 1/640sec ISO-200 撮影したのは6月半ば。この時期、紫陽花の見頃を迎える鎌倉。 例年通り私も通勤ラッシュを避けつつ朝から出かけます。 1時間ちょっと、紫陽花で有名な明月院の最寄駅に到着したものの、道のりに長蛇の列が… 回れ右して人のいない方へ。人ごみはできれば近寄りたくない筆者は線路を渡りふらふら。 ƒ/3.2 1/640sec ISO-200 ファイン...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]