【新元号令和、平成を振り返る】私が見た平成の色平成最後の目黒川桜まつり | THE MAP TIMES 
Select Language



【新元号令和、平成を振り返る】私が見た平成の色平成最後の目黒川桜まつり

[ Category:SIGMA|掲載日時:2019年04月21日 11時00分]

新元号の発表が迫る平成31年3月の終わり。
愛用の一眼レフを片手に初めて目黒川桜まつりに足を運びました。

「さて、レンズはどれにしようか」

初めての場所だし、混雑すれば自由に動けないかもしれない。

広角か、望遠か、単焦点か…。
そうは言っても、機材をあれもこれも持っていけるわけでもない。

そんな時に持ち出すのは、
「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」

2010年にキヤノン用が発売され、かれこれ10年近く経過しますが、
未だに人気の衰えない平成のロングセラー商品となります。

カメラを始めてみたけれど、なかなか純正レンズに手が届かないという時、
このレンズを選んだ人も多いのではないでしょうか。

今回は平成最後の目黒川桜まつりを振り返りつつ、
「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」をご紹介します。

Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM


ボディは「Canon EOS 8000D」
大きすぎず小さすぎないサイズで、レンズとのバランスも良いです。

このレンズの最大の魅力は、
ズーム全域で開放F値が2.8であること。

APS-C専用とはなりますが、純正レンズよりも手頃で、
初心者の方でも大変使いやすくなっています。

このレンズならボケを活かした写真も簡単に撮影できます。


Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM


撮影する時に最も気を付けるのはピント合わせですが、
次に注意しているのは露出オーバーにならないこと。
いわゆる「白飛び」が好みではないのですが、
桜の花びらの重なり具合があまりにも美しく、
背景に溶け込む様子が魅力的だったので、あえてオーバー気味にしてみました。

Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM


実はこのレンズなかなか接写もできる優れものでして、
最短28cmまで寄れるのです。

至近距離で撮影すれば、
花びらから葉脈までよく解像してくれます。

Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

たまにはモノクロにしてみたり…

Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM


私はRAW現像が好きで、
今回の画像はすべてRAWデータで撮影し、
後からPCで現像処理をしています。

RAWで撮影すると後から自分好みに調整ができるので、
撮影をするときにはピント合わせに集中できるのです。

意外にオートでカメラ任せにしても、
自分好みの露出で撮ってくれなかったり、
マニュアルモードで露出を自分で設定しても、
失敗することがあるので、後から直せると思うと気が楽なものです。

撮影直後はイマイチだと思っていたものが、
現像したら感動するくらい大変身をすることもあります。

実は私、どちらかというとインドア派なのですが、
今ではすっかりRAW現像の虜になってしまいました。

カメラってアウトドア派の趣味じゃない?
あまり外出しないから、カメラを持ってても使わないかも…

と思っている方がいたら、
ぜひめったに行かない貴重な外出先で撮ってみてください!
普段の日常風景でもカメラとRAW現像を使えば、
まったく違う世界が見えてきますよ!






〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category:SIGMA|掲載日時:2019年04月21日 11時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

本日もまた写真日和。毎日がそうであるように。 本日もまた写真日和。毎日がそうであるように。 2019年05月21日
のんびり、まったり・・・好きな写真を好きなように撮り続けてはや10年。 喜怒哀楽に合わせて時を残してくれるカメラやレンズを、私は敬意を込めて“彼ら”と呼びます。 カメラはCANON EOS7DMarkⅡ、それに付けるレンズはSIGMA Art 30mm F1.4 DC HSM お初にお目にかかります。新人スタッフのカメラ話に暫し、お付き合い下さいませ。 私が学生時代から愛用し続けているこの組合わせは 撮影において非常に便利、かつ、実に可愛げのある写真を生み出します。 このレンズが実現するボケ描写はあらゆる...
続きを読む
ヴィンテージカメラ mickey35を使ってみた ヴィンテージカメラ mickey35を使ってみた 2019年05月20日
先日リサイクルショップの陰にひっそりと転がっていた一つのカメラを購入しました。 本日はこのカメラについて書いていきたいと思います。 色々なカメラに興味が湧いてくると、最終的にたどり着くのがオールドカメラ。 そんな経験をされている方も多いのではないでしょうか? この世の中には様々なメーカーのカメラやレンズたちが眠っていますが、多くは大量生産されたレンズやボディ、希少性があってもLeicaなどの高価な有名メーカーが占めており 生産数が少ない無名メーカーのカメラはな...
続きを読む
null 【FUJIFILM】高円寺散歩 2019年05月19日
東京では、5月だというのに30℃に到達しそうな日が続きます。 夜なら外に出れると思い、 ふと思うと、仕事から帰ってくるだけで夜のご近所を知らないことに気づきました。 日も沈んできたので、 夜のご近所を散策してみます。 お供には携帯性抜群わずか155g「フジノン XF16mm F2.8 R WR ブラック」と、 「FUJIFILM X-E3」を従えていきます。 まず向かったのは高円寺~中野間の中央線の車内から見てて、 なんの建物だろうと思っていた座高円寺です。 半分もう閉まってましたが、 ...
続きを読む
GR IIとお散歩 【RICOH】GR IIとお散歩 2019年05月17日
ゴールデンウィークも終わり、初夏を思わせるような陽気になってきました。 そんな私は桜が散り始めた頃、 周りの方々からすすめられて、気になっていたカメラを手にしました。 【RICOH (リコー) GR II】です。 今回はこのカメラを持ち、駒込にある「六義園」に行きました。 巣鴨駅からとことこお散歩をしながら六義園の近くまで。 知らない場所を歩くのは楽しいですね。 庭園にはレトロなお茶屋さんがあったり、老若男女楽しめるところでした。 毎日東京のせわしないところに...
続きを読む
null 【Canon】EOS Kiss M でカメラデビュー 2019年05月16日
初めまして。今回から新たにブログを書かせていただきます。 そんな私ですが、ずばりカメラ初心者です。 どうか温かい目で見守っていただけると嬉しいです。 さて、初心者の私が相棒に選んだのは、 【Canon】の「EOS Kiss Mダブルズームキット」です。 カメラを手にして感じたのが、 普段の何気ない景色をしっかりと見つめるようになりました。 そこで、今回の写真は近所の公園を撮ろうと思い、Kiss Mで 撮影を楽しんできました。 Kiss Mを選んだ理由の一つは何と言っても軽いことで...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]