【新元号令和、平成を振り返る】私が見た平成の色平成最後の目黒川桜まつり | THE MAP TIMES 
Select Language



【新元号令和、平成を振り返る】私が見た平成の色平成最後の目黒川桜まつり

[ Category:SIGMA|掲載日時:2019年04月21日 11時00分]

新元号の発表が迫る平成31年3月の終わり。
愛用の一眼レフを片手に初めて目黒川桜まつりに足を運びました。

「さて、レンズはどれにしようか」

初めての場所だし、混雑すれば自由に動けないかもしれない。

広角か、望遠か、単焦点か…。
そうは言っても、機材をあれもこれも持っていけるわけでもない。

そんな時に持ち出すのは、
「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」

2010年にキヤノン用が発売され、かれこれ10年近く経過しますが、
未だに人気の衰えない平成のロングセラー商品となります。

カメラを始めてみたけれど、なかなか純正レンズに手が届かないという時、
このレンズを選んだ人も多いのではないでしょうか。

今回は平成最後の目黒川桜まつりを振り返りつつ、
「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」をご紹介します。

Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM


ボディは「Canon EOS 8000D」
大きすぎず小さすぎないサイズで、レンズとのバランスも良いです。

このレンズの最大の魅力は、
ズーム全域で開放F値が2.8であること。

APS-C専用とはなりますが、純正レンズよりも手頃で、
初心者の方でも大変使いやすくなっています。

このレンズならボケを活かした写真も簡単に撮影できます。


Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM


撮影する時に最も気を付けるのはピント合わせですが、
次に注意しているのは露出オーバーにならないこと。
いわゆる「白飛び」が好みではないのですが、
桜の花びらの重なり具合があまりにも美しく、
背景に溶け込む様子が魅力的だったので、あえてオーバー気味にしてみました。

Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM


実はこのレンズなかなか接写もできる優れものでして、
最短28cmまで寄れるのです。

至近距離で撮影すれば、
花びらから葉脈までよく解像してくれます。

Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

たまにはモノクロにしてみたり…

Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM


私はRAW現像が好きで、
今回の画像はすべてRAWデータで撮影し、
後からPCで現像処理をしています。

RAWで撮影すると後から自分好みに調整ができるので、
撮影をするときにはピント合わせに集中できるのです。

意外にオートでカメラ任せにしても、
自分好みの露出で撮ってくれなかったり、
マニュアルモードで露出を自分で設定しても、
失敗することがあるので、後から直せると思うと気が楽なものです。

撮影直後はイマイチだと思っていたものが、
現像したら感動するくらい大変身をすることもあります。

実は私、どちらかというとインドア派なのですが、
今ではすっかりRAW現像の虜になってしまいました。

カメラってアウトドア派の趣味じゃない?
あまり外出しないから、カメラを持ってても使わないかも…

と思っている方がいたら、
ぜひめったに行かない貴重な外出先で撮ってみてください!
普段の日常風景でもカメラとRAW現像を使えば、
まったく違う世界が見えてきますよ!






〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category:SIGMA|掲載日時:2019年04月21日 11時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

TL2と行く。 【増税前にデビュー】TL2と行く。 2019年09月17日
ここ1ヵ月くらい、関西の方へ、その先へと 足を延ばすことが多かったです。 夜行バスに飛び乗り京都へ行ったり 目的地を鳥取県、某砂丘にしレンタカーを走らせたり。 (帰りはレンタカーの返却リミットが迫りタイムアタックな 帰路となり、あまりゆっくりはできませんでした) 今回使用したレンズは、 ライカ・スクリューマウントのNikkor 50mm F1.4です 口径には当時の呼び名(日本光学)で NIPPON KOUGAKUと刻まれているレンズです。 ズマリット50mm F1.5を気にかけていましたが ...
続きを読む
【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 2019年09月16日
今回は、スーパーマクロレンズにデビューしてみました。 上の写真は皆さんも日頃から目にしている「ある物」をクローズアップして撮影したものです。 何を撮影したものか分かりますでしょうか。 その「ある物」とは、ボールペン(0.5mm)です。 比較用に等倍撮影が可能なフルサイズ対応、標準マクロレンズで撮影してみます。 SONY α7III + SONY FE 50mm F2.8 Macro 次は今回の撮影に使用する最大倍率4.5:1のマクロレンズ 中一光学 「FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1」(最短撮影距離は約...
続きを読む
null 【増税前にデビュー】ミラーレスカメラとパンケーキレンズ 2019年09月14日
夏が本格的に始まる頃、日常的に撮るために小さいカメラが欲しくなりミラーレスカメラを購入しました。 ボディはコロンとした形が可愛いCanonのEOS-MレンズはEF-M22mm F2 STM。 23.7mm・質量約105gと、小振りなレンズです。 ボディに取り付けると本当に小さく、リーズナブルなレンズですが侮ることなかれ とてもよく写るレンズです。 日常的に使うとはいえ、夏の日中に撮影することは少なく 夕方から、夜にかけて撮ることがほとんど。 帰り道によく会う猫 夏らしく地元のお祭...
続きを読む
雨色景色Vol8 【増税前にデビュー】雨色景色Vol8【SONY】 2019年09月13日
ご無沙汰しております。 雨男です。 暑い暑い夏もようやく落ち着き始めてきました。 すこしひんやりとする秋めいた風が肌に触れると夏の終わりを感じるのは筆者だけでしょうか。 本日は令和になって初めての中秋の名月。 そんな中、今回の雨色景色は末広がりの8回目。 使用機材はα7IIIと先月末に発売したばかりのFE 35mm F1.8で撮影を行って参りました。 筆者は雨男なため、友人や会社の有志などで写真を一緒に撮りに行くと大概、雨が降ります。 すごく迷惑ですね・・・。 ...
続きを読む
null 【MapTimes】One More Times!! vol.3【航空祭】 2019年09月13日
THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 というわけで今回のキーワードは「航空祭」 航空祭は各地で一年を通して開催されております。 THEMAPTIMESでは2013年からブログがありました。 2013年青森県三沢市航空祭を撮ろう!!(三沢編)、航空祭を撮ろう!!(ブルーインパルス編) 2014年青森県三沢市航空祭を...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]