【新元号令和、平成を振り返る】「またね」 | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  【新元号令和、平成を振り返る】「またね」 | THE MAP TIMES
Select Language

【新元号令和、平成を振り返る】「またね」

[ Category: Canon|掲載日時:2019年04月30日 10時31分]

2019年4月30日。本日をもって平成が終わります。
連載企画【新元号令和、平成を振り返る】もこの記事で最後となります。
マップカメラスタッフそれぞれの「平成」、お楽しみ頂けましたでしょうか?
ラストを務めますのは私、スタッフEです。
使用機材はCANON EOS 60D
Canonデジタル一眼レフの中級機として初めてバリアングル液晶を搭載した画期的な一台でした。

筆者はEOS 60Dと5年間寄り添い、数えきれないほど写真を撮りました。
当時は休日が楽しみで楽しみで、「次はどこに行こう、何を撮ろう」といつも考えていたように思います。
今思えば、何気ない当たり前の世界が色づき始めたのはこのカメラを手にしてからでした。
手放してしまった今でも、時折思うのです。「またあのシャッター音を聞きたい」と。

今回の作例は、全て自作のピクチャースタイルを使用し、撮影時の状況に応じてカメラ内でホワイトバランスを微調整しております。
したがって、色味や雰囲気に関してはオリジナルの状態とは異なっております。

EOS 60D+EF16-35mm F4L IS USM

福島県の磐梯山。稲穂が綺麗でした。


EOS 60D+EF-S 24mm F2.8 STM

千葉県の大原幽学遺跡史跡公園。紅葉の季節にはいつも撮影に行きます。


EOS 60D+EF16-35mm F4L IS USM

展望室から、ドラマティックな夕日を。


EOS 60D+EF16-35mm F4L IS USM

入り組んだ構図もお手のもの。


EOS 60D+EF16-35mm F4L IS USM
EOS 60D+EF16-35mm F4L IS USM
EOS 60D+EF16-35mm F4L IS USM

東京都内某所にて。都内スナップは楽しいです。


EF-S55-250mm F4-5.6 IS Ⅱ

千葉県の阿玉台貝塚梅林。独特な雰囲気の梅林です。


EOS 60D+EF16-35mm F4L IS USM

千葉県の袋公園。夜桜ライトアップの時期は賑わいます。


EOS 60D+EF16-35mm F4L IS USM

千葉県銚子市の地球が見える丘展望台より。本当に地球が丸く見えます。



写真多めでお送りいたしましたが、いかがでしたでしょうか。
オールクロス9点AFや、常用ISO感度6400等...
今となってはスペックで特筆すべき点はありません。
ですが、飛び道具が無い分アイデアや撮り方で工夫をすることで、より一層「撮影」を楽しめます。
また、機能という点でお話をするならば、暗所でのAF精度に関しては特筆ものです。
低照度限界は-0.5EVのはずですが、明らかにそれ以上の暗さの中でもバシバシとピントが合うように感じます。


5年間も同じカメラを使い続けると、そのカメラで感じた全てが体に染み込み、忘れ得ぬ思い出となります。ダイヤルの操作感、シャッター音、ファインダーの見え、グリップした時の手の形…。もちろん共に旅した時の風の匂いや、心模様も。

平成しか知らない筆者にとって、元号が変わるというのはやはり寂しさを伴います。いつでも隣にあったものが、急に無くなってしまったような感覚。何となく、EOS 60Dを手放した時の感覚と似ています。

だからこそ、「さよなら」ではなく「またね」と言いたい。
気の置けない友人と、何気なくかわす挨拶のように。











〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: Canon|掲載日時:2019年04月30日 10時31分]

面白いと思ったらコチラをClick!53票


MACRO日記 Vol.2

MACRO日記 Vol.2[2019年10月17日]

日中の厳しい暑さも終わり、過ごしやすい季節になりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今回は、 Canon EOS 90D Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM の組み合わせで撮影してきました。 EOS 90Dは先月発売されたAPS-Cサイズのセンサーを搭載した一眼レフカメラ。EOS 90Dは有効画素数約3250万画素のセンサーとEOS Rなどに使われている映像エンジンDIGIC 8を積んでおり、より高画質な写真を撮ることができるようになっています。 焦点距離:100mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/250秒 ...
続きを読む
『逍遥』PENTAX 6×7

『逍遥』PENTAX 67[2019年10月16日]

『逍遥』PENTAX 6×7 『逍遥(しょうよう)』とは、気ままにぶらぶら歩くこと、 つまりは散歩です。 たとえば、天気の良い日に洗濯物を干していて、ふと出かけたくなり、ちょっとそこまで散歩をする。 こういったことを『逍遥』と呼ぶのだと個人的に解釈しています。 散歩よりもちょっとかっこいい存在です。 今回は筆者が『逍遥』に持ち出したカメラ、 PENTAX67をご紹介します。 ウッドグリップがあるとよりどっしりとした印象を受けます。 少し重量が増えますが、 このカメ...
続きを読む
ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.1 ~ズミクロンS100!~[2019年10月15日]

We are summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。 幕開けを飾る記事は、...
続きを読む
【SONY】早秋の汀にて。

【SONY】早秋の汀にて。[2019年10月14日]

SONY α7S+SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN 焦点距離:45mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100 「早秋の汀にて。」 暑さが一段落して、秋深まりつつある今日この頃…。皆様、いかがお過ごしでしょうか。筆者は北の生まれなもので、夏のうだるような暑さは苦手です。まだまだ残暑厳しい日もありますが、朝晩の風に秋の気配を感じつつあります。 ふと、「秋の海」というものに興味を持ちました。 海水浴客で賑わう夏の海とは少し違う、趣のある風景に出会うため...
続きを読む
null

【Nikon】おやひこさま参り×Z7[2019年10月13日]

   9月中頃、少し遅めの夏休みを頂きましてNikon Z7にZ24-70mm F2.8をつけて、新潟県にあります越後国一宮・弥彦神社のお参りに行ってきました。  一の鳥居をくぐって左手に、神様しか通れないと言われている玉の橋があります。  平日にも関わらず、団体の参拝客の方々を見かけました。神社でお参りする際は二礼二拍一礼が一般的ですが、弥彦神社では二礼四拍一礼でお参りします。この形式は、出雲大社が有名です。  御神木である椎の大木。  お参りが終わった後は、ご本殿の背...
続きを読む