【写真を楽しむ6月】Nikon Z6 で撮影する4Kムービーの世界 | THE MAP TIMES 
Select Language



【写真を楽しむ6月】Nikon Z6 で撮影する4Kムービーの世界

[ Category:Nikon|掲載日時:2019年06月03日 11時00分]



今月のブログテーマは【写真を楽しむ6月】ですが、昨今のカメラは動画機能も充実しており
写真撮影と一緒に本格的な動画撮影も楽しめるようになりました。
そこで今回は「写真も動画も本格的に楽しめるカメラ」を紹介いたします。

紹介するのは、ニコン初のフルサイズミラーレスカメラ「Z6」
RAW 動画出力への対応も控えており、動画機としても一気に存在感を示しました。
撮影モデルは「瞳AF特集」にもご出演頂いた 水穂 まき さん。「瞳AF特集」撮影の合間にZ6で4K撮影も試してみました。


使用機材:Nikon Z6+AF-S NIKKOR 105mm F1.4E ED(マウントアダプター FTZ)
ATOMOS NINJA FLAME記録(2160/24p)
※カラーグレーディング済み(YouTubeで4K再生可能です)

写真と違い、モデルさんの表情を連続して記録出来るので編集の際に動画からベストなフレームを抜き出して4K写真として活用するのも楽しいと思います。
Z6の4K解像度は「3840×2160」、簡易的な写真素材として十分使用できます。

すべてのカットを開放F1.4で撮影。銘レンズ名高い「NIKKOR 105mm F1.4E ED」は動画でも安定して良い画を出してくれます。
Z6はクロップや画素間引きの無いフルサイズ域での4K/30p撮影に対応しており、解像感も十分。
動画撮影をメインに考えるとフルフレームでの全画素読み出し可能なZ6が筆者には魅力的に思えます。


雨の中、照明の無い薄暗い環境での撮影でしたが、肉眼よりも明るく美しい映像を収録できました。(この表現力はフルサイズならでは)
動画撮影中は被写体にカメラを向けると自動で顔認識が機能してくれます。

中望遠レンズを付けて手持ちでの撮影に臨んだため手振れが心配でしたが、カメラ内補正と「電子手ブレ補正」機能が連携する「ハイブリッドVR」は効きも良く、動画撮影をサポートしてくれました。
※「ハイブリッドVR」使用時、撮像範囲が若干狭くなります。


今回の収録には「ATOMOS NINJA FLAME」を使用。
対応している外部レコーダーを使用することで、内部記録(8 bit)よりも深い色深度を持つ10bitでの撮影が可能となります。
編集時にカラーグレーディングを行いましたが、10bitだと8bit素材に比べて破綻が起こりにくく、編集の幅が広がります。
今回の撮影では試せませんでしたが、外部収録の場合Nikon独自の「N-Log」も使用可能となります。
「N-Log」の12段、1300%の広いダイナミックレンジを活かし、カラーグレーディングに最適な映像を出力できます。

・・・

動画性能が大きく向上した事で、ミラーレスの機動力を活かした撮影から本格的なワークフローまで幅広い現場での活躍が期待されます。
今回の撮影を通して「写真」だけでなく「動画」も本格的に楽しめるオールラウンダーなカメラだと改めて実感させてくれました。
Z6をこれから購入する方、動画機能を使用したことが無い方はぜひZ6の4K動画を体験してみて下さい。
写真とは違う「動画」の新たな楽しみを発見できると思います。



▼おススメ機材▼



〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2019年06月03日 11時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

空飛ぶ巨大なカメと 【私のお気に入り】空飛ぶ巨大なカメと 2019年07月14日
私は幼少の頃から鉄道好きで、写真を始めたきっかけも鉄道を撮ることから始まりました。 そんな私が飛行機に興味を持ち始めたのが「ジャンボ」の愛称で親しまれてきたとボーイング747型機が、日本の航空会社から無くなると聞いた時からです。 鉄道写真を撮る人達の間では、廃線となる路線や引退する車両に集まることを「葬式鉄」と呼びますので、これに倣えば葬式空がきっかけだったのかもしれません。 小型低燃費機へのシフトは日本だけではないようで、国際線が発着する空港でも大型機を...
続きを読む
ニコンの50mm 【私のお気に入り】ニコンの50mm 2019年07月13日
大切に使い続けているレンズがあります。 AI Nikkor 50mm f/1.4S 1981 年から発売されているニコンの標準レンズ。 このレンズとの出会いは学生時代。 キットで付いていたレンズの写りに満足できず、自分で調べたり周りの人に聞いてみると、どうやら単焦点レンズというものがあり50mmが標準的なレンズとされているらしい。 なるほど、じゃあ使ってみるか。 それくらいの知識で買ってみたレンズでした。 実際にカメラに装着しファインダーを覗くと、いままで見たことがないくらい世の中が輝い...
続きを読む
null 【Nikon】Mission go, Let's go 2019年07月10日
航空祭シーズン本格到来間近 【岩国 / Nikon D500 + AF-S VR 200-400mm F4G ED】 7月も早いものでもう1週間以上が過ぎました。 今年は7月のほうが梅雨っぽいなと思う今日この頃です。 さてこの先8月・9月以降は各地で航空祭が多く開催されるシーズンがやってきます。 それに合わせるようにこの時期から毎年、 航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」の展示飛行も増えてきます。 日本の航空祭の目玉であることが多いブルーインパルスですが、 今年前半は飛べなかったこともあっ...
続きを読む
【Nikon】ぼうえんスナップショット! 【Nikon】ぼうえんスナップショット! 2019年07月04日
みなさんこんにちは。写真撮影を楽しんでますでしょうか?この先も花やイベント、そして旅行などみなさんに数多くのシャッターチャンスが訪れることと思います。 私は普段、撮影でNikonのAF-S 300mm F4E PF ED VRレンズをメインに使っています。描写はもちろんですが、このコンパクトで軽量な望遠レンズはスナップ撮影にぴったりです。これで今日も面白い瞬間に遭遇することを期待してカメラを構えます。 金柑の木に蝶々が遊びに来ていました。いつもそうですが、蝶々の動きが全然読め...
続きを読む
null 【写真を楽しむ6月】気軽に持ち出して 2019年06月26日
小柄なパートナー Nikon FM2 【FUJICOLOR 100】 ここ数年近く、 小柄なものを中心にフィルムカメラの人気が再燃しています。 気軽に持ち出しやすく、 ファッション性も高い、 スマホで得られるデジタルな絵柄とは異なるものが撮れる、 こういったところが人々を惹きつけるのでしょうか。 小柄なフィルムカメラといっても、 レンズ交換できるものとそうでないものがあります。 今回はレンズ交換できる小柄なフィルムのなかでも、 定番中の定番、 各所で初心者の方々にもよくオススメさ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]