【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート | THE MAP TIMES 
Select Language



【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート

[ Category:Nikon|掲載日時:2019年06月20日 07時00分]


私は大学一年生の時に、祖父の形見のNikon F4を譲り受け、今でもF4で写真を撮り続けています。
今回はF4で撮影した、どこか懐かしい気分にさせてくれるようなポートレートをご紹介しながらF4の魅力に触れていきたいと思います。

Nikon F4

Nikon F4は1988年にフラッグシップ機として発売されました。Nikon F一桁シリーズ初のオートフォーカスが搭載されています。
見た目はとてもメカメカしく、レバーやダイヤルにも存在感があります。シャッタースピードの最高速は1/8000秒。

そして大きくて重量があるのも特徴…!!
ボディの重さは約1090gあり、単三電池4本をグリップ部に装填するタイプで、にぎりやすく、ほどよく手に収まります。
F4を持って撮影に行くと、とても肩がこります…

使用レンズ…Nikon Ai AF Zoom Nikkor35-70mm F2.8D
これも祖父の形見のレンズで、直進式のズームレンズです。

Nikon F4
Nikon F4


撮影場所は江戸東京たてもの園。
大好きな場所で、今までに撮影で10回ほど行っています。

このレトロな電車も、たてもの園の敷地内にあります。
晴れている日は光が綺麗に射し込むので、フィルムカメラで撮影するには最適です。

フィルムは富士フィルムのSUPERIA X-TRA400を使用しました。
愛用していたフィルムだったのですが、現在ではもう生産終了になってしまい寂しいです…


Nikon F4
Nikon F4

なんといっても F4はファインダーが明るく見やすい!!
ピントが合わせやすいので、貴重なフィルムを一枚一枚、無駄にする事なく撮れます。

そして、大きなシャッター音も特徴のひとつです!!
数人で撮影に行くと、必ずと言っていいほど「シャッター音かっこいい!!」と言ってもらえます。
いかにも「写真を撮っている」という音がするので、身が引き締まります。



次にご紹介する写真は、江ノ電沿いの七里ヶ浜海岸と極楽寺駅で撮影した写真です。
この時に使用したフィルムは富士フィルム業務用100。
業務用フィルムの写りが好きで、なおかつ値段もお手頃なので、まとめ買いしています。

使用レンズ…Nikkor-S Auto 50mm F1.4

Nikon F4
Nikon F4
Nikon F4

私は普段、「撮っている時を楽しむ」「自分の撮りたい写真をとことん撮る」と言う気持ちを大切にしています。
また女性ならではの視点で、女性の美しさや可愛さを切り取るのが好きです。

以上、 F4で撮影した写真とF4の魅力について書かせて頂きました。
このブログを読んで、少しでも「F4使ってみたい!」「フィルムカメラ楽しそう!」と思って下さった方がいましたら、とても嬉しく思います。



〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2019年06月20日 07時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

ILCE-9 + SEL200600G 【増税前にデビュー】航空祭にミラーレスを持ち出して 2019年09月18日
はじめてのα9とSEL200600G 【 1/1000 | F8 | ISO400 】 9/16(月)は石川県小松市にある、航空自衛隊小松基地で航空祭がありました。 マップカメラをご愛顧頂いている皆様も、行かれた方はいらっしゃるのではないでしょうか。 【Nikon D500 + AF-S 200-400mm F4 VR】 さて筆者は航空祭といえば、 長らくNikon D500、つまり一眼レフを持ち出して撮影してきたのですが、 今回はずっと試してみたかったカメラ、そして初めて触るレンズで挑戦してきました。 それはSONY α9 と、 新進気鋭の...
続きを読む
TL2と行く。 【増税前にデビュー】TL2と行く。 2019年09月17日
ここ1ヵ月くらい、関西の方へ、その先へと 足を延ばすことが多かったです。 夜行バスに飛び乗り京都へ行ったり 目的地を鳥取県、某砂丘にしレンタカーを走らせたり。 (帰りはレンタカーの返却リミットが迫りタイムアタックな 帰路となり、あまりゆっくりはできませんでした) 今回使用したレンズは、 ライカ・スクリューマウントのNikkor 50mm F1.4です 口径には当時の呼び名(日本光学)で NIPPON KOUGAKUと刻まれているレンズです。 ズマリット50mm F1.5を気にかけていましたが ...
続きを読む
【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 2019年09月16日
今回は、スーパーマクロレンズにデビューしてみました。 上の写真は皆さんも日頃から目にしている「ある物」をクローズアップして撮影したものです。 何を撮影したものか分かりますでしょうか。 その「ある物」とは、ボールペン(0.5mm)です。 比較用に等倍撮影が可能なフルサイズ対応、標準マクロレンズで撮影してみます。 SONY α7III + SONY FE 50mm F2.8 Macro 次は今回の撮影に使用する最大倍率4.5:1のマクロレンズ 中一光学 「FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1」(最短撮影距離は約...
続きを読む
null 【増税前にデビュー】ミラーレスカメラとパンケーキレンズ 2019年09月14日
夏が本格的に始まる頃、日常的に撮るために小さいカメラが欲しくなりミラーレスカメラを購入しました。 ボディはコロンとした形が可愛いCanonのEOS-MレンズはEF-M22mm F2 STM。 23.7mm・質量約105gと、小振りなレンズです。 ボディに取り付けると本当に小さく、リーズナブルなレンズですが侮ることなかれ とてもよく写るレンズです。 日常的に使うとはいえ、夏の日中に撮影することは少なく 夕方から、夜にかけて撮ることがほとんど。 帰り道によく会う猫 夏らしく地元のお祭...
続きを読む
雨色景色Vol8 【増税前にデビュー】雨色景色Vol8【SONY】 2019年09月13日
ご無沙汰しております。 雨男です。 暑い暑い夏もようやく落ち着き始めてきました。 すこしひんやりとする秋めいた風が肌に触れると夏の終わりを感じるのは筆者だけでしょうか。 本日は令和になって初めての中秋の名月。 そんな中、今回の雨色景色は末広がりの8回目。 使用機材はα7IIIと先月末に発売したばかりのFE 35mm F1.8で撮影を行って参りました。 筆者は雨男なため、友人や会社の有志などで写真を一緒に撮りに行くと大概、雨が降ります。 すごく迷惑ですね・・・。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]