Select Language

【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート

[ Category: Nikon|掲載日時:2019年06月20日 07時00分]

私は大学一年生の時に、祖父の形見のNikon F4を譲り受け、今でもF4で写真を撮り続けています。
今回はF4で撮影した、どこか懐かしい気分にさせてくれるようなポートレートをご紹介しながらF4の魅力に触れていきたいと思います。

Nikon F4

Nikon F4は1988年にフラッグシップ機として発売されました。Nikon F一桁シリーズ初のオートフォーカスが搭載されています。
見た目はとてもメカメカしく、レバーやダイヤルにも存在感があります。シャッタースピードの最高速は1/8000秒。

そして大きくて重量があるのも特徴…!!
ボディの重さは約1090gあり、単三電池4本をグリップ部に装填するタイプで、にぎりやすく、ほどよく手に収まります。
F4を持って撮影に行くと、とても肩がこります…

使用レンズ…Nikon Ai AF Zoom Nikkor35-70mm F2.8D
これも祖父の形見のレンズで、直進式のズームレンズです。

Nikon F4
Nikon F4


撮影場所は江戸東京たてもの園。
大好きな場所で、今までに撮影で10回ほど行っています。

このレトロな電車も、たてもの園の敷地内にあります。
晴れている日は光が綺麗に射し込むので、フィルムカメラで撮影するには最適です。

フィルムは富士フィルムのSUPERIA X-TRA400を使用しました。
愛用していたフィルムだったのですが、現在ではもう生産終了になってしまい寂しいです…


Nikon F4
Nikon F4

なんといっても F4はファインダーが明るく見やすい!!
ピントが合わせやすいので、貴重なフィルムを一枚一枚、無駄にする事なく撮れます。

そして、大きなシャッター音も特徴のひとつです!!
数人で撮影に行くと、必ずと言っていいほど「シャッター音かっこいい!!」と言ってもらえます。
いかにも「写真を撮っている」という音がするので、身が引き締まります。



次にご紹介する写真は、江ノ電沿いの七里ヶ浜海岸と極楽寺駅で撮影した写真です。
この時に使用したフィルムは富士フィルム業務用100。
業務用フィルムの写りが好きで、なおかつ値段もお手頃なので、まとめ買いしています。

使用レンズ…Nikkor-S Auto 50mm F1.4

Nikon F4
Nikon F4
Nikon F4

私は普段、「撮っている時を楽しむ」「自分の撮りたい写真をとことん撮る」と言う気持ちを大切にしています。
また女性ならではの視点で、女性の美しさや可愛さを切り取るのが好きです。

以上、 F4で撮影した写真とF4の魅力について書かせて頂きました。
このブログを読んで、少しでも「F4使ってみたい!」「フィルムカメラ楽しそう!」と思って下さった方がいましたら、とても嬉しく思います。



〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: Nikon|掲載日時:2019年06月20日 07時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!66票


D850と宝登山

【Nikon】D850と宝登山[2020年02月21日]

2月も半ばになり、少しずつ暖かくなってきました。 今回は【Nikon D850】と 【TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2】を持って、 秩父郡長瀞町にある宝登山に行って来ました。 バイクに跨って走ること1時間。 宝登山の登山口に到着。 準備を整えて登山開始します。 この日の天気は快晴。 綺麗な景色が見れそうです。 標高は497mと低く登山道は綺麗に整備されて...
続きを読む
ライカ ブティック 7周年

LEICA Boutique ~MapCamera Shinjuku~ 7th Anniv.[2020年02月20日]

ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン7周年を迎えることとなりました。 これもひとえに、たくさんのお客様のご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一同一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 今回、7周年の感謝を込めて、...
続きを読む
Canon EOS 5D Mark IV+Carl Zeiss Milvus 50mm F2 M ZE

【Carl Zeiss 】 Milvus 50mm F2 M ZEで写す風景[2020年02月20日]

みなさんは神社やお寺に足を運ぶ機会は、どのくらいありますか。 私は初詣やちょっとした出先に、それも時間に余裕がある時でもない限り、その土地の神社やお寺に行くことは中々ありませんでした。 神社巡りや御朱印集めが趣味として人気を集める中、私は何かきっかけが無ければ、神社やお寺に訪れることはほとんどありません。 そんな中、突然ですが浅草に行く機会がありましたので、久しぶりにカ...
続きを読む
【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”

【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”[2020年02月19日]

皆様一眼レフ使っていらっしゃいますか? ここ最近はミラーレスの隆盛ですっかり影をひそめてしまった一眼レフですが、ここにきてニコンから待望のビッグネームが登場しました。 その名もD780!名機と名高いD750の後継機です。 今回の記事では、カタログスペックでは解らない細かい所について掘り下げます。 せっかくなので、わが愛機であり直接のライバルとなるであろうCanon EOS 6D MarkⅡとの...
続きを読む
【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~

【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~[2020年02月18日]

皆さま、こんにちは。 MapCameraの店舗のある新宿は暖かいなぁと感じる日がだんだんと多くなってきました。 さて、今回はLeica M10-PとNOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VMを使って写真を撮ってきました。 VMとはVoigtlander Mマウントの略です。 VoigtlanderのBessaシリーズをはじめとしてM型ライカのカメラにも装着することが出来ます。 まずは開放F1.5。優しいピント面からなだら...
続きを読む