【写真を楽しむ6月】ピクニック日和 | THE MAP TIMES 
Select Language



【写真を楽しむ6月】ピクニック日和

[ Category:Canon|掲載日時:2019年06月27日 17時30分]



6月に入ってから天気予報の傘マークが増えて、梅雨の季節がやってきたなあと実感する日々を過ごしています。
外に出ると独特な湿り気と空気を感じ、すこし憂鬱気味になりながらも気合いで乗りきることもしばしば…それでも、
たまに晴れ間が訪れると途端に気持ちが復活します。
なんてシンプルな構造でしょう。

そんな晴れの日を狙って、白いスニーカーを装備。
泥汚れなんて気にせずに好きなものを身に纏っておでかけできるって素晴らしいです。
梅雨の季節の間の、少ない晴れ間を気持ちよく過ごすために、雨の日は気持ちを温存するのです。


Canon (キヤノン) EOS 6D Mark II+EF135mm F2L USM
焦点距離:135mm 絞り:F2 シャッタースピード:1/2500秒 ISO:200

今回使用した機材は、Canon (キヤノン) EOS 6D Mark II+EF135mm F2L USM。
梅雨入り前に撮影したものになりますが、この日はとても天気がよく絶好の行楽日和。

木陰で音楽を流し談笑を楽しむグループ、首からカメラを下げてのんびり写真を楽しんでいたり、
本格的なポートレート撮影をしているグループやピクニックにきているファミリーなど、
とにかくたくさんの人たちが公園に集っていました。


Canon (キヤノン) EOS 6D Mark II+EF135mm F2L USM
絞り:F2 シャッタースピード:1/125秒 ISO:100

わたしも友人と来る途中にお弁当を購入してから、公園内でピクニックを楽しみました。
外でレジャーシートを敷いて食べるお弁当って普段にもまして美味しさが倍増します。
つやつやなお米や筍がおいしそうに撮れました。(実際にとてもおいしかったです。)
135mmという中望遠距離なので、最初は座りながら撮影しようとしましたが、さすがに焦点が合わず、
潔く中腰立ち撮影をさせていただきました。


Canon (キヤノン) EOS 6D Mark II+EF135mm F2L USM
絞り:F5.6 シャッタースピード:1/320秒 ISO:125

お昼ごはんを済ませたあとは園内をのんびり散歩。
池の付近で何かに夢中になる子供たち。
わたしも小学生の頃は、近所の川でザリガニとか捕まえていたなあと懐かしく感じました。


Canon (キヤノン) EOS 6D Mark II+EF135mm F2L USM
絞り:F2 シャッタースピード:1/4000秒 ISO:400

日差しが暖かく、野花も日光浴ができて気持ちよさそうです。


Canon (キヤノン) EOS 6D Mark II+EF135mm F2L USM
絞り:F2 シャッタースピード:1/4000秒 ISO:320

今回使用したEOS 6D Mark IIは可動式モニターを搭載したモデルなので、
ハイ&ローアングル撮影をしたい場合に、機動性が高く小回りが利いて使い勝手のよいカメラです。
フルサイズセンサーを搭載しているので、135mmという画角をそのまま存分に楽しむことができます。

EF135mm F2L USMはポートレートレンズとして、定番で且つ高い表現力を持つ非常に評価の高いレンズです。
今回はポートレート目的ではなく、スナップ撮影を楽しむために持ち出しました。
スナップ撮影でよく定番としておすすめされる単焦点レンズは、35mmや50mmという一般的に人間の視野に近い標準域のもので、
レンズそのものがコンパクトで軽く持ち運びしやすく、中望遠と比べて被写体との距離を概ね35~50cmほどに縮めることができます。
EF135mm F2L USMの最短撮影距離は90cmなので、そこそこ離れなければ焦点が合いません。
しかし御苑などの広い場所であれば、ある程度距離をとって撮影ができるので、フレームに収めやすくとても好みな使い心地でした。
中望遠ならではのボケ味が出せるところも魅力のひとつです。
とても魅力的なレンズなので、まだ手にしたことがない方はぜひお手にとってみてください。


【今回使用した機材はこちら↓】









〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2019年06月27日 17時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Leica M Monochrom 【私のお気に入り】LEICA MM 2019年07月16日
私のお気に入り 『LEICA M Monochrom』 その「デジタルモノクロ縛り」の哲学に惚れ込んでからは すっかり私のお気に入りになりました。 そして始まった、お気に入りレンズを模索する日々の中から 気に入った幾つかのレンズを紹介していきます。 MINOLTA SUPER ROKKOR 50mm F1.8 此処でいきなり、MINOLTAレンズです。 旧千代田光学であるMINOLTA、 銘板にその名残である「CHIYOKO」と記してあるのも気に入っています。 明るく使いやすいレンズ、心なしか白が綺麗に写るような気がし...
続きを読む
【私のお気に入り】 旅と一緒にSONY RX100M5A 【私のお気に入り】 旅のお伴にSONY RX100M5A 2019年07月15日
F1.8 1/40 ISO-2000 24mm 観覧車からのラスベガス夜景 F2.8 1/50 ISO-1600 53mm アンテロープ・キャニオン アメリカのラスベガスと西海岸のキャニオン観光。 そこでRX100M5Aをお伴に連れて行きました。 メイン機にフルサイズを携え、サブ機のつもりで持って行きましたが、 フルサイズ顔負けの素晴らしい画の数々!! 今まで所詮コンデジという印象が一気に変わりました。 F2.8 1/160 ISO-500 70mm まずはラスベガス・マッカラン国際空港に到着するなりパシャリ。 飛行機を...
続きを読む
空飛ぶ巨大なカメと 【私のお気に入り】空飛ぶ巨大なカメと 2019年07月14日
私は幼少の頃から鉄道好きで、写真を始めたきっかけも鉄道を撮ることから始まりました。 そんな私が飛行機に興味を持ち始めたのが「ジャンボ」の愛称で親しまれてきたとボーイング747型機が、日本の航空会社から無くなると聞いた時からです。 鉄道写真を撮る人達の間では、廃線となる路線や引退する車両に集まることを「葬式鉄」と呼びますので、これに倣えば葬式空がきっかけだったのかもしれません。 小型低燃費機へのシフトは日本だけではないようで、国際線が発着する空港でも大型機を...
続きを読む
ニコンの50mm 【私のお気に入り】ニコンの50mm 2019年07月13日
大切に使い続けているレンズがあります。 AI Nikkor 50mm f/1.4S 1981 年から発売されているニコンの標準レンズ。 このレンズとの出会いは学生時代。 キットで付いていたレンズの写りに満足できず、自分で調べたり周りの人に聞いてみると、どうやら単焦点レンズというものがあり50mmが標準的なレンズとされているらしい。 なるほど、じゃあ使ってみるか。 それくらいの知識で買ってみたレンズでした。 実際にカメラに装着しファインダーを覗くと、いままで見たことがないくらい世の中が輝い...
続きを読む
鎌倉×G99 【Panasonic】鎌倉×G99 2019年07月12日
5月半ばに発売されたPanasonic LUMIX DC-G99 どんなカメラだろう。とワクワクを胸にカメラ片手に鎌倉へ出かけて参りました。 ƒ/3.5 1/640sec ISO-200 撮影したのは6月半ば。この時期、紫陽花の見頃を迎える鎌倉。 例年通り私も通勤ラッシュを避けつつ朝から出かけます。 1時間ちょっと、紫陽花で有名な明月院の最寄駅に到着したものの、道のりに長蛇の列が… 回れ右して人のいない方へ。人ごみはできれば近寄りたくない筆者は線路を渡りふらふら。 ƒ/3.2 1/640sec ISO-200 ファイン...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]