Select Language

【Panasonic】鎌倉×G99

[ Category: Panasonic|掲載日時:2019年07月12日 12時30分]

5月半ばに発売されたPanasonic LUMIX DC-G99
どんなカメラだろう。とワクワクを胸にカメラ片手に鎌倉へ出かけて参りました。


DC-G99+Panasonic LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.

ƒ/3.5 1/640sec ISO-200



撮影したのは6月半ば。この時期、紫陽花の見頃を迎える鎌倉。
例年通り私も通勤ラッシュを避けつつ朝から出かけます。
1時間ちょっと、紫陽花で有名な明月院の最寄駅に到着したものの、道のりに長蛇の列が…
回れ右して人のいない方へ。人ごみはできれば近寄りたくない筆者は線路を渡りふらふら。


DC-G99+Panasonic LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.

ƒ/3.2 1/640sec ISO-200



ファインダーをのぞき片手で撮影をしてみる。
ボディ内手ブレ補正5軸なのでブレを気にすることなくふとした時にシャッターが切れます。
またファインダーの視認性がとても優秀。後ほどメーカーサイトを見たところ『約1.48倍(35mm判換算:約0.74倍)のファインダー倍率と、約100%の視野率で、画面の隅々まで気を配って撮影できます。』と記載が。
数字が示す通りみたままの構図を、そのまま切り取れます。


DC-G99+Panasonic LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.

ƒ/1.4 1/60sec ISO-320



美味しそうなパン屋が…素敵なカフェが…
花より団子とはこの事。
休憩をはさみつつ、お腹もいっぱい幸せになったところで、鎌倉散策再開です。



DC-G99+Panasonic LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.

ƒ/2.2 1/250sec ISO-200



ひとつ小路に入れば素敵な出会いが多くあります。
念願の紫陽花に出会えましたが、少し時期が遅かったようです。
またトコトコ歩く。
また小さな出会いが。


DC-G99+Panasonic LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.

ƒ/3.2 1/640sec ISO-200



まだ触って数時間のカメラですが、女性の手にもしっかりと馴染む大きさとグリップ。
またオートでもこの色合い
レンズはPanasonic LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.
パナライカのレンズは個人的に「大人びた静かな美しさ」を演出してくれると思っています。
キャノンのような柔らかさ、オリンパスのようなビビットではなく、パナソニックのシャープさとライカの大人びた写り。
実はパナソニックのレンズをちゃんと使用するのは初めて。
しかしG99と合わせれば、簡単に風景を美しく切り取ることができます。


DC-G99+Panasonic LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.

ƒ/3.2 1/640sec ISO-200


鎌倉といえば、海。
この写真、実はiPhoneにパナソニックのアプリを入れ、遠隔操作で撮影しております。
カメラはバックの上に据え置き。とても簡単なのでぜひお試し下さい


DC-G99+Panasonic LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.

ƒ/1.4 1/60sec ISO-200



さて、私は鎌倉に来ると絶対に行くところがあります。
前回Canon EOSRPのブログでも書かせて頂きました、江ノ電の真横にある甘味処。
今回も載せさせていただきます。
前回EOSRPで撮影したときは溶けていくようなボケを見せましたが今回は、ボケは美しく、ピントが合う部分はシャープに撮れました。
写真一枚でもメーカーや撮り手が違うだけで、写真は色を変えます。


DC-G99+Panasonic LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.

ƒ/2 1/250sec ISO-200



梅雨の時期で紫陽花のブログがいくつか掲載されておりますが、メーカーや使用機材に注視してご覧になるのもわかりやすいと思います。

また、あると嬉しい機能。
G99は手持ちのiPhone用モバイルバッテリーで充電が可能です。
また新機能として「省電力ファインダー撮影モード」が搭載されています。
私自身、バッテリーを気にすることなく300枚ほど撮り、更に帰りにBluetooth®でスマホに送信。ここまでしてもバッテリー残量は少し残っていました。



ƒ/5.6 1/1600sec ISO-200



日本の四季は同じ場所でも全く違う画を見せてくれます。
また違う機材も然り。
こうやって楽しんで、これからも写真をお伝え出来たらと思います。


DC-G99+Panasonic LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.

ƒ/4 1/1000sec ISO-200

















マップカメラのご案内


〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: Panasonic|掲載日時:2019年07月12日 12時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!38票


【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”

【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”[2020年02月19日]

皆様一眼レフ使っていらっしゃいますか? ここ最近はミラーレスの隆盛ですっかり影をひそめてしまった一眼レフですが、ここにきてニコンから待望のビッグネームが登場しました。 その名もD780!名機と名高いD750の後継機です。 今回の記事では、カタログスペックでは解らない細かい所について掘り下げます。 せっかくなので、わが愛機であり直接のライバルとなるであろうCanon EOS 6D MarkⅡとの...
続きを読む
【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~

【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~[2020年02月18日]

皆さま、こんにちは。 MapCameraの店舗のある新宿は暖かいなぁと感じる日がだんだんと多くなってきました。 さて、今回はLeica M10-PとNOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VMを使って写真を撮ってきました。 VMとはVoigtlander Mマウントの略です。 VoigtlanderのBessaシリーズをはじめとしてM型ライカのカメラにも装着することが出来ます。 まずは開放F1.5。優しいピント面からなだら...
続きを読む
光害カットフィルター「StarScape」の魅力

【marumi】光害カットフィルター「StarScape」の魅力[2020年02月17日]

α7RⅣ + FE24-70mm F2.8 GM + M100 + StarScape for M100 + ND8 65mm | F8 | 31s | ISO100 東京都江東区にて 古今を問わず、写真撮影の応用として、「特殊な効果」を持ったフィルターは大変人気です。例えば、「C-PLフィルター」「NDフィルター」等はその中でも定番です。更に特殊なものとして、カラーフィルターやソフトフィルター、クロスフィルターなんかがありますが、昨今では夜景を...
続きを読む
【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】

【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月16日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『4K動画×手ブレ補正』 手持ちでシネマクオリティを実現するOM-D Movie 4K動画撮影機能はもちろん、E-M1 X...
続きを読む
null

私の現像レシピ[2020年02月15日]

先日、自分でフィルム現像をしていて本当に良かったなぁと感じたことがありました。 カメラ屋さん「ご自身で現像されたんですか?」 私「ええ、意外と簡単ですよ。」 カメラ屋さん「私も興味がありまして... 暗室でですか。」 私「いえ、暗室がなくてもできますよ。私はお風呂場を暗室の代わりにしてやってます。」 カメラ屋さん「すごい、私もやってみようと思います。」 自家現像...
続きを読む