【Panasonic】鎌倉×G99 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Panasonic】鎌倉×G99

[ Category:Panasonic|掲載日時:2019年07月12日 12時30分]


5月半ばに発売されたPanasonic LUMIX DC-G99
どんなカメラだろう。とワクワクを胸にカメラ片手に鎌倉へ出かけて参りました。


DC-G99+Panasonic LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.

ƒ/3.5 1/640sec ISO-200



撮影したのは6月半ば。この時期、紫陽花の見頃を迎える鎌倉。
例年通り私も通勤ラッシュを避けつつ朝から出かけます。
1時間ちょっと、紫陽花で有名な明月院の最寄駅に到着したものの、道のりに長蛇の列が…
回れ右して人のいない方へ。人ごみはできれば近寄りたくない筆者は線路を渡りふらふら。


DC-G99+Panasonic LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.

ƒ/3.2 1/640sec ISO-200



ファインダーをのぞき片手で撮影をしてみる。
ボディ内手ブレ補正5軸なのでブレを気にすることなくふとした時にシャッターが切れます。
またファインダーの視認性がとても優秀。後ほどメーカーサイトを見たところ『約1.48倍(35mm判換算:約0.74倍)のファインダー倍率と、約100%の視野率で、画面の隅々まで気を配って撮影できます。』と記載が。
数字が示す通りみたままの構図を、そのまま切り取れます。


DC-G99+Panasonic LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.

ƒ/1.4 1/60sec ISO-320



美味しそうなパン屋が…素敵なカフェが…
花より団子とはこの事。
休憩をはさみつつ、お腹もいっぱい幸せになったところで、鎌倉散策再開です。



DC-G99+Panasonic LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.

ƒ/2.2 1/250sec ISO-200



ひとつ小路に入れば素敵な出会いが多くあります。
念願の紫陽花に出会えましたが、少し時期が遅かったようです。
またトコトコ歩く。
また小さな出会いが。


DC-G99+Panasonic LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.

ƒ/3.2 1/640sec ISO-200



まだ触って数時間のカメラですが、女性の手にもしっかりと馴染む大きさとグリップ。
またオートでもこの色合い
レンズはPanasonic LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.
パナライカのレンズは個人的に「大人びた静かな美しさ」を演出してくれると思っています。
キャノンのような柔らかさ、オリンパスのようなビビットではなく、パナソニックのシャープさとライカの大人びた写り。
実はパナソニックのレンズをちゃんと使用するのは初めて。
しかしG99と合わせれば、簡単に風景を美しく切り取ることができます。


DC-G99+Panasonic LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.

ƒ/3.2 1/640sec ISO-200


鎌倉といえば、海。
この写真、実はiPhoneにパナソニックのアプリを入れ、遠隔操作で撮影しております。
カメラはバックの上に据え置き。とても簡単なのでぜひお試し下さい


DC-G99+Panasonic LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.

ƒ/1.4 1/60sec ISO-200



さて、私は鎌倉に来ると絶対に行くところがあります。
前回Canon EOSRPのブログでも書かせて頂きました、江ノ電の真横にある甘味処。
今回も載せさせていただきます。
前回EOSRPで撮影したときは溶けていくようなボケを見せましたが今回は、ボケは美しく、ピントが合う部分はシャープに撮れました。
写真一枚でもメーカーや撮り手が違うだけで、写真は色を変えます。


DC-G99+Panasonic LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.

ƒ/2 1/250sec ISO-200



梅雨の時期で紫陽花のブログがいくつか掲載されておりますが、メーカーや使用機材に注視してご覧になるのもわかりやすいと思います。

また、あると嬉しい機能。
G99は手持ちのiPhone用モバイルバッテリーで充電が可能です。
また新機能として「省電力ファインダー撮影モード」が搭載されています。
私自身、バッテリーを気にすることなく300枚ほど撮り、更に帰りにBluetooth®でスマホに送信。ここまでしてもバッテリー残量は少し残っていました。



ƒ/5.6 1/1600sec ISO-200



日本の四季は同じ場所でも全く違う画を見せてくれます。
また違う機材も然り。
こうやって楽しんで、これからも写真をお伝え出来たらと思います。


DC-G99+Panasonic LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.

ƒ/4 1/1000sec ISO-200

















マップカメラのご案内


〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Panasonic|掲載日時:2019年07月12日 12時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Leica M Monochrom 【私のお気に入り】LEICA MM 2019年07月16日
私のお気に入り 『LEICA M Monochrom』 その「デジタルモノクロ縛り」の哲学に惚れ込んでからは すっかり私のお気に入りになりました。 そして始まった、お気に入りレンズを模索する日々の中から 気に入った幾つかのレンズを紹介していきます。 MINOLTA SUPER ROKKOR 50mm F1.8 此処でいきなり、MINOLTAレンズです。 旧千代田光学であるMINOLTA、 銘板にその名残である「CHIYOKO」と記してあるのも気に入っています。 明るく使いやすいレンズ、心なしか白が綺麗に写るような気がし...
続きを読む
【私のお気に入り】 旅と一緒にSONY RX100M5A 【私のお気に入り】 旅のお伴にSONY RX100M5A 2019年07月15日
F1.8 1/40 ISO-2000 24mm 観覧車からのラスベガス夜景 F2.8 1/50 ISO-1600 53mm アンテロープ・キャニオン アメリカのラスベガスと西海岸のキャニオン観光。 そこでRX100M5Aをお伴に連れて行きました。 メイン機にフルサイズを携え、サブ機のつもりで持って行きましたが、 フルサイズ顔負けの素晴らしい画の数々!! 今まで所詮コンデジという印象が一気に変わりました。 F2.8 1/160 ISO-500 70mm まずはラスベガス・マッカラン国際空港に到着するなりパシャリ。 飛行機を...
続きを読む
空飛ぶ巨大なカメと 【私のお気に入り】空飛ぶ巨大なカメと 2019年07月14日
私は幼少の頃から鉄道好きで、写真を始めたきっかけも鉄道を撮ることから始まりました。 そんな私が飛行機に興味を持ち始めたのが「ジャンボ」の愛称で親しまれてきたとボーイング747型機が、日本の航空会社から無くなると聞いた時からです。 鉄道写真を撮る人達の間では、廃線となる路線や引退する車両に集まることを「葬式鉄」と呼びますので、これに倣えば葬式空がきっかけだったのかもしれません。 小型低燃費機へのシフトは日本だけではないようで、国際線が発着する空港でも大型機を...
続きを読む
ニコンの50mm 【私のお気に入り】ニコンの50mm 2019年07月13日
大切に使い続けているレンズがあります。 AI Nikkor 50mm f/1.4S 1981 年から発売されているニコンの標準レンズ。 このレンズとの出会いは学生時代。 キットで付いていたレンズの写りに満足できず、自分で調べたり周りの人に聞いてみると、どうやら単焦点レンズというものがあり50mmが標準的なレンズとされているらしい。 なるほど、じゃあ使ってみるか。 それくらいの知識で買ってみたレンズでした。 実際にカメラに装着しファインダーを覗くと、いままで見たことがないくらい世の中が輝い...
続きを読む
鎌倉×G99 【Panasonic】鎌倉×G99 2019年07月12日
5月半ばに発売されたPanasonic LUMIX DC-G99 どんなカメラだろう。とワクワクを胸にカメラ片手に鎌倉へ出かけて参りました。 ƒ/3.5 1/640sec ISO-200 撮影したのは6月半ば。この時期、紫陽花の見頃を迎える鎌倉。 例年通り私も通勤ラッシュを避けつつ朝から出かけます。 1時間ちょっと、紫陽花で有名な明月院の最寄駅に到着したものの、道のりに長蛇の列が… 回れ右して人のいない方へ。人ごみはできれば近寄りたくない筆者は線路を渡りふらふら。 ƒ/3.2 1/640sec ISO-200 ファイン...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]