Select Language

2019年6月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング

[ Category: etc.|掲載日時:2019年07月12日 12時00分]





新品デジカメ6月ランキング
1位 Nikon Z6 ミラーレス一眼カメラ
2位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ
3位 OLYMPUS Tough TG-5 コンパクトデジタルカメラ
4位 Canon EOS R ミラーレス一眼カメラ
5位 Canon IXY200 コンパクトデジタルカメラ
6位 SONY α6400 ミラーレス一眼カメラ
7位 FUJIFILM X-T30 ミラーレス一眼カメラ
8位 SONY α7RIII ミラーレス一眼カメラ
9位 RICOH GR III コンパクトデジタルカメラ
10位 Leica Q2 コンパクトデジタルカメラ

Nikon Z6


Nikon Z6が、「令和」最初の首位であったSONY α7IIIを抜いて1位に。それも大きく差をつけての首位獲得となりました。
やはりこの時期のキャッシュバックキャンペーン投入がお客様の購買意欲に火をつけ、大きな成果を得たようです。

逆にキャンペーンの終わってしまったCanon EOS Rも、それでも4位と奮闘していますから、3強メーカーのフルサイズミラーレス機の争いも熾烈を極めてきました。
特にNikonとSONYは、それぞれ上位機種SONY α7RIIIが8位、Nikon Z7がランク外ですが11位といい位置につけていて、ハイスペック機同士の争いも楽しみに。

APS-C機の争いも激化。
SONY α6400が6位、FUJIFILM X-T30が7位と相譲らず。
どちらにするか迷ったままご来店され、店頭で実機を触られたり、スタッフにアドバイスを求められるお客様も結構いらっしゃいます。

そして、それらライバル対決の合間を縫うように常連コンパクト機がランキングに加わります。

生産完了品ながら強い! OLYMPUS Tough TG-5が3位!!
新製品 Tough TG-6の発売が7月下旬予定ですから、まだ時間があります。ニューモデルを待つか、お買い得価格のTG-5にするか、本当に悩みどころ…
とはいえ、TG-5も在庫限り・売り切れ必至ですから、ご決断はお早めに!

さらに、当ランキングですっかり常連になった1万円台コンパクトCanon IXY 200が5位、未だ品薄状態が続く人気の高画質コンパクトRICOH GR IIIが9位に入りました。
対極にあるともいえる2つのコンパクト機が順位を競うのも、新品ランキングならではの面白いところです。

今回も見どころ多きランキングでしたが、もう一つとっておきの注目株が10位に入ったLeica Q2です!!
3月発売開始から全世界的に品薄状態に陥り、メーカーのお知らせでおよそ3ヶ月待ちといわれていたQ2。その3ヶ月が経ち、ようやく少しずつ入荷してきました。
ご予約されたお客様にとって待ちに待った商品、満を持してのランキング登場です。
Leicaカメラがこのランキングに顔を出すのは、2017年10月のLeica M10以来のこと。あの時も長くお待ちになった方が多数いらっしゃいました。
その前は2016年2月の初代Leica Q(Typ116)ですから、今回のランキングをご覧の皆様はかなりレアな状況を目撃したことになります。

せっかくなので、もう一つ情報を。6月28日発売のFUJIFILM GFX100がランク外15位に登場。
次回110万円越えのカメラがランキング内に入ってくるかも… またまたレアな場面に遭遇か?!




中古デジカメ6月ランキング
1位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ
2位 Nikon D850 デジタル一眼レフカメラ
3位 SONY α7II ミラーレス一眼カメラ
4位 Canon EOS 7D Mark II デジタル一眼レフカメラ
5位 Canon EOS 6D Mark II デジタル一眼レフカメラ
6位 Canon EOS 5D Mark III デジタル一眼レフカメラ
7位 Nikon D750 デジタル一眼レフカメラ
8位 Nikon D810 デジタル一眼レフカメラ
9位 Nikon D500 デジタル一眼レフカメラ
10位 SONY α7RII ミラーレス一眼カメラ

SONY α7III


SONY α7IIIが首位を奪還。今年に入ってから中古部門の1位は、α7IIかα7IIIか、という状況が続いています。

しかし今回、1位に僅差で迫ったのはNikon D850。4位以降もずらっと一眼レフ機がランクインしました。
というのも、マップカメラでは今一度皆様に一眼レフカメラの良さを実感してもらいたく、一眼レフ機の中古価格見直しを大々的に行ったのです。
この試みは功を奏したようで、結果としてNikon・Canonの主要一眼レフ機がランキングに名を連ねることとなりました。
それも、ハイエンドクラス以外のフルサイズ機とハイスペックAPS-C機というように、両メーカーとも似たようなラインアップになっています。

1ランク上のカメラに買い換えの方以外にも、これから本格的にカメラを始めたいという方にも好評で、「一眼レフカメラのシャッター音は、写真を撮っているという気にさせてくれる」と仰る方もいらっしゃいました。
小気味よいシャッター音、どんな状況でもクリアに見える光学式ファインダーなど、一眼レフ機でしか味わえない魅力もあります。
この機会に皆様もいかがでしょうか?!

今回の中古ランキングは3メーカーで占められる結果となりました。
ランク外も11位SONY α6000、12位SONY α7RIII、13位Canon EOS 5D MarkIVと続き、他メーカーが顔を出すのは14位以降となります。
次回、他メーカーの巻き返しはあるでしょうか。このまま3強独占ではないことを期待しましょう。




[ Category: etc.|掲載日時:2019年07月12日 12時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!36票


D850と宝登山

【Nikon】D850と宝登山[2020年02月21日]

2月も半ばになり、少しずつ暖かくなってきました。 今回は【Nikon D850】と 【TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2】を持って、 秩父郡長瀞町にある宝登山に行って来ました。 バイクに跨って走ること1時間。 宝登山の登山口に到着。 準備を整えて登山開始します。 この日の天気は快晴。 綺麗な景色が見れそうです。 標高は497mと低く登山道は綺麗に整備されて...
続きを読む
ライカ ブティック 7周年

LEICA Boutique ~MapCamera Shinjuku~ 7th Anniv.[2020年02月20日]

ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン7周年を迎えることとなりました。 これもひとえに、たくさんのお客様のご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一同一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 今回、7周年の感謝を込めて、...
続きを読む
Canon EOS 5D Mark IV+Carl Zeiss Milvus 50mm F2 M ZE

【Carl Zeiss 】 Milvus 50mm F2 M ZEで写す風景[2020年02月20日]

みなさんは神社やお寺に足を運ぶ機会は、どのくらいありますか。 私は初詣やちょっとした出先に、それも時間に余裕がある時でもない限り、その土地の神社やお寺に行くことは中々ありませんでした。 神社巡りや御朱印集めが趣味として人気を集める中、私は何かきっかけが無ければ、神社やお寺に訪れることはほとんどありません。 そんな中、突然ですが浅草に行く機会がありましたので、久しぶりにカ...
続きを読む
【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”

【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”[2020年02月19日]

皆様一眼レフ使っていらっしゃいますか? ここ最近はミラーレスの隆盛ですっかり影をひそめてしまった一眼レフですが、ここにきてニコンから待望のビッグネームが登場しました。 その名もD780!名機と名高いD750の後継機です。 今回の記事では、カタログスペックでは解らない細かい所について掘り下げます。 せっかくなので、わが愛機であり直接のライバルとなるであろうCanon EOS 6D MarkⅡとの...
続きを読む
【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~

【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~[2020年02月18日]

皆さま、こんにちは。 MapCameraの店舗のある新宿は暖かいなぁと感じる日がだんだんと多くなってきました。 さて、今回はLeica M10-PとNOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VMを使って写真を撮ってきました。 VMとはVoigtlander Mマウントの略です。 VoigtlanderのBessaシリーズをはじめとしてM型ライカのカメラにも装着することが出来ます。 まずは開放F1.5。優しいピント面からなだら...
続きを読む