Select Language

【私のお気に入り】旅行とZで日常にスパイス【Nikon】

[ Category: Nikon|掲載日時:2019年07月17日 13時00分]



日常にスパイス12


スパイス12

どんよりとした天気の中に、時折見せる晴れ間。
照らされる新緑の木々が、より一層青々としてきた文月。
昨日、SONYより新型のミラーレスカメラが発表される等、
今年のミラーレス市場はますます盛り上がってまいりました。
しかしながら、Nikonを愛してやまない私は、相も変わらず、
愛用のボディと共に写真活動に臨みます。
今回の撮影に持ち出したのは、愛機Nikon Z6と、Z 50mm F1.8 Sです。


50mmは基本の「き」である

去る7月初旬、私はZ6と、持ち出したZ 50mm F1.8 Sと共に、箱根の山中におりました。
今まで私が執筆した「スパイス・スウィーツシリーズ」を読まれた事がある方なら、「また50mmか」など思われる事もあるかもしれません。しかし、50mmはとても奥が深いのです。
50mmは、36×24mmの撮像面を持つカメラにとっては、まさに基本的なレンズの一つ。
50mmという焦点距離で体に刻まれたワーキングディスタンスは、私を初心に立ち返らせ、テンポ良くシャッターを切っていくことに貢献してくれます。
そしてなにより、50mmはその銘柄によって一つ一つ個性があります。たとえば同じガウスタイプをベースとする光学系であっても、50mmは銘柄が違えば写りの雰囲気もまた違います。
無論これは50mmに限らずどのレンズにもいえることかもしれませんが、やはり定番なレンズだけに、"同じような50mm"だけでもあまたの種類があり、その一つ一つが深い味わいを持つのです。
さて、そういったわけで、満を持しての50mmでございます。



Nikon Z 50mm F1.8 S
(ISO200 F1.8 SS1/500)


ロープウェイの中での一枚。
50mmという画角が体に染み付いているせいかもしれませんが、視界をそのまま切り取るような感覚でスナップすることができます。
少しアンダー目ですが、金属の質感や、服のしわなど、階調豊かに表現することができました。



Nikon Z 50mm F1.8 S
(ISO200 F1.8 SS1/6400)


芦ノ湖遊覧船の船上からの一枚。
穏やかな休日の時間を感じさせます。
開放だとわずかながらに周辺光量が低下しますが、1~2段絞ればほぼ目立たなくなります。
ディテール表現に関しては、ご覧の通り開放から極めて良好で、遠景の細かいパターンの描写にまで用いる事ができます。



Nikon Z 50mm F1.8 S
(ISO200 F1.8 SS1/2000)

Nikon Z 50mm F1.8 S
(ISO200 F1.8 SS1/8000)


ゆっくりと時間が流れているのは、きっと私だけではなかったはずです。
平日で観光客の少ない船上では、乗り合わせた人々が思い思いの時間をすごしていました。
アンダーでも、オーバーでも表現できるような、独特の艶っぽさ。
この描写は、このレンズの最大の魅力と感じます。



Nikon Z 50mm F1.8 S
(ISO200 F8 SS1/200)


湖上を横断中に見かけた小さな鳥居。
思いがけないロケーションの出現にあわててシャッターを切りますが、
高速・静粛なオートフォーカスの性能や、ボディ内手振れ補正もあいまって、良い塩梅に写真に収めることが出来ました。



Nikon Z 50mm F1.8 S
(ISO200 F1.8 SS1/200)


箱根神社の大鳥居は観光客で大行列。
皆さん様々なポーズで記念写真を撮影していました。
撮影旅行中の私は、あくまで俯瞰的に、一歩はなれたところからシャッターを切ります。
コントラストが高く色収差などが発生すればわかりやすそうなシチュエーションですが、開放でこの描写なのですから、良好に補正されているということが良く分かります。



Nikon Z 50mm F1.8 S
(ISO200 F2 SS1/1600)


滞在中曇りの予定でしたが、山の神様の恩寵か、ずっと晴れてくれました。
おかげで、歩くたびには汗ばみ小休憩。
木漏れ日の差し込むカフェで、一服します。
最短撮影距離は40cmほどなので、従来のNikon AF-S 50mm F1.8よりもわずかながらに縮まっており、使い勝手の向上に貢献しています。
よって、このような卓上の写真も、比較的苦労せず写真に残せるようになりました。
それ以外にも、良好なボケ味なども伴って、何気ないシャッターが予期せぬお気に入りの写真になることもしばしばありました。


Zと共にあるべき、優秀な"標準レンズ"

二日間の撮影旅行で、一緒に持っていったいくつかの機材を差し置いて、私はZ 50mm F1.8 Sに首っ丈でした。
なんとも艶やかで、絶妙なコントラストの描写に、私は虜になってしまいました。
また、旅行にこのレンズを選択したのも慧眼だったかもしれません。
カメラバッグにはPeakDesignのTravel Backpack 45を選び、Z 14-30mm F4 Sなども同時にパッキングしましたが、現状発売されているZレンズは、F4やF1.8のものはレンズの背の高さが揃えられているため、効率的に荷物をまとめる事ができます。
そしてなにより、415gと軽量です。
「F1.8だから・・・」と選択を憚っている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、このレンズの魅力は、そのコンパクトなサイズ感と、そこからは想像できないような良好な描写性能にあります。
こういった設計を実現できたのは、新開発のZマウントによる恩恵なのかもしれません。
"抑えの"、そして"基本の"50mmとして。あなたのラインナップに加えてみてはいかがでしょうか。

よろしければ前回のスパイスもご覧ください。
Z 24-70mm F2.8 S編


↓今回ご紹介したレンズはコチラ↓








Map Camera Earth Photo Contest
マップカメラ25周年を記念した「Earth Photo Contest」も開催中です!
こちらの投稿テーマも"私のお気に入り"!
お気に入りの写真は何枚でもご投稿いただければと思います。様々な豪華賞品をご用意しておりますので奮ってご参加ください。



〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: Nikon|掲載日時:2019年07月17日 13時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!26票


Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4

【M42】スーパータクマー 50mm F1.4の魅力【PENTAX】[2020年01月23日]

今回はスーパータクマー50mm F1.4のレンズを使用し、撮影した写真をご紹介します。 使用カメラはCanon EOS 5D Mark IVです。 この日は、よく撮らせてもらっている友人と袴撮影をしました。 豪快なフレア・ゴーストを撮影できるのが大きな特徴のひとつです。 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 あえて逆光で撮影をし...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】ミラーレスで行くさんぽみち~成田参道~ 【Nikon】[2020年01月22日]

先日、久しぶりに成田参道を成田山に向かってぶらぶらと散歩に出かけてみました。 今回のお供はNikon Z50 16-50kitです。 この組み合わせのコンパクトさは素晴らしいと思います。 手元に構えても大きさがまったく気にならない。 グリップのホールディングの良さは歴代のニコンの機体から受け継がれたものを感じられます。 さて、1月の土・日曜日といえば成田の街中は人混みですごいイメー...
続きを読む
null

【Nikon】元祖Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct × 最新NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct の外観を比べてみまし...[2020年01月22日]

昨日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。 本日は歳の差 なんと約42歳! 『新旧 Noctノクト』を最新のNikon Z7に装着し、外観をじっくり比較してみたいと思います。 まずは元祖Noctのプロフィールからご紹介。 このレンズの誇るべきポイントは3つ。 1.サジタルコマフレアを開放から補正 2.6群7枚の変形ガウスタイプレンズ構成 3.線が細...
続きを読む
NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct で開放一本勝負!【カメラを愉しむ vol.9】[2020年01月22日]

受注生産モデルの新生Noct「Nikon NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」 実はこのレンズ、100万円を超える価格帯ながら予約殺到によりメーカーでのご予約を一時休止している希少品! 前回は外観をじっくり観察しましたが、今回はなんと『開放 F0.95』だけで撮影した作例を一挙ご紹介。 開放でも『ピント部の驚くべき立体感』 逆光では『太陽の暖かさを感じるボケ味』 それでは写真をご覧ください...
続きを読む
Nikon Z7 × NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct をZ7に装着してみました【カメラを愉しむ vol.8】[2020年01月21日]

2019年10月12日に受注を開始した受注生産モデルの「新生Noct」。 ノクトニッコールと言えば1977年(昭和52年)に発売された「Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct」。 Nocturne=夜想曲から命名されたと言われ、中古相場では今でも状態の良い個体で60万円近い価格で取引されている伝説のレンズだ。 この伝説のノクトニッコールの歴史を現代に受け継いだZシリーズ用レンズ。 これが今回ご紹介す...
続きを読む