【私のお気に入り】LAOWA 10-18mmと大自然 | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  【私のお気に入り】LAOWA 10-18mmと大自然 | THE MAP TIMES
Select Language

【私のお気に入り】LAOWA 10-18mmと大自然

[ Category: etc.|掲載日時:2019年08月05日 19時30分]



SONY α7III + LAOWA 10-18mm F4.5-5.6 Sony FE Zoom
レイクパウエル


【私のお気に入り】
LAOWA 10-18mm F4.5-5.6 Sony FE Zoom
SONY フルサイズEボディに使える、数少ない超広角レンズ。
ダイナミックな風景写真を撮影するには必須の機材となりました。
重量はわずか496g、超軽量でコンパクトサイズなスペックに惹かれます。



SONY α7III + LAOWA 10-18mm F4.5-5.6 Sony FE Zoom
ブライス・キャニオン国立公園



SONY α7III + LAOWA 10-18mm F4.5-5.6 Sony FE Zoom
ブライス・キャニオン国立公園
ナバホループトレイル



SONY α7III + LAOWA 10-18mm F4.5-5.6 Sony FE Zoom
ブライス・キャニオン国立公園
ナバホループトレイル

ブライス・キャニオン峡谷のハイキングルート。
1-2時間ほどで手軽に一周できます。
下から見上げると、大迫力の岩山の数々!!
広角レンズで撮るのが楽しくて楽しくて仕方のない時間でした。



SONY α7III + LAOWA 10-18mm F4.5-5.6 Sony FE Zoom
アンテロープ・キャニオン国立公園

世界一小さい峡谷ではないかと言われるアンテロープ。
上から太陽の光が差し込み、惚れ惚れするような光景が続きます。
狭い峡谷内では大活躍の超広角レンズ。
砂が舞うのと、ツアー時間が短いのでレンズ交換不向きとのことでレンズ選びに悩みましたが、広角にして正解でした。
峡谷内は暗くISO感度を2000程度に上げての撮影でしたが、α7IIIのスペックならノイズもあまり気になりません。



SONY α7III + LAOWA 10-18mm F4.5-5.6 Sony FE Zoom
グランド・キャニオン国立公園

アメリカで一番有名とも言えるグランドキャニオン。
両目いっぱいにひろがる美しい岩山に息を飲みます。
国立公園の中には沢山のビューポイントがあり、入場料は1週間出入り自由で25ドルという設定です。
広すぎて1日で全てを見るのは難しいですが、ツアーガイドさんがその中でもとっておきのビューポイントを絞って連れて行ってくれました。



SONY α7III + LAOWA 10-18mm F4.5-5.6 Sony FE Zoom
グランド・キャニオン
F11 1/1000 ISO-200 18mm


SONY α7III + LAOWA 10-18mm F4.5-5.6 Sony FE Zoom
F11 1/1000 ISO-200 10mm



SONY α7III + LAOWA 10-18mm F4.5-5.6 Sony FE Zoom
10mm画像のトリミング


同じ場所で10mmと18mmの画角比較、更に10mmの写真をトリミングしてみました。
収差、写りの違いが分かりやすいと思います。
ズームなので好きな画角を撮影しやすく、
写真をトリミングすれば超広角パノラマ印刷も楽しめます!



SONY α7III + LAOWA 10-18mm F4.5-5.6 Sony FE Zoom
ホースシューベンド



SONY α7III + LAOWA 10-18mm F4.5-5.6 Sony FE Zoom
レイクパウエル(人工湖)

ホースシューベンドとパウエル湖は映画『猿の惑星』の舞台として使われました。
コロラド川を堰き止めるダムを建設し、300kmに及ぶ人工湖を作り上げました。
砂漠の地に人工的に作られた湖。
映画の世界のようにとても美しい赤色の夕景色。
このレンズはリア部内側にフィルターを装着出来るので、こういった夕景色もNDフィルター等で美しく表現が出来ます!



SONY α7III + LAOWA 10-18mm F4.5-5.6 Sony FE Zoom
レイクパウエル

絞り羽根が5枚なので絞り込むと10本の光条が出ます。
撮影最短距離が15cmで近距離撮影も可能。
夜撮影、近距離撮影、パノラマ撮影と様々なシチュエーションが楽しめる。
コンパクトで持ち運びしやすく、
MFのみですがピントリングはスムーズですし、絞りリングもクリック感の有無が選べて使いやすい!

貴重な海外旅行をとても楽しませてくれ、美しい思い出を残す事ができました。
軽くて色々な撮影が楽しめる、旅には欠かせないお気に入りの一本です。


LAOWAキャッシュバックキャンペーン
8月31日までキャッシュバックキャンペーン中です!
これを機に超広角レンズを手に入れてみてはいかがでしょうか。



--------------------------------------------------------------------------------
前回、RX100M5Aで同じアメリカ旅行の写真をUPさせて頂いております。
よろしければこちらも併せてご覧ください。
【私のお気に入り】 旅のお伴にSONY RX100M5A
--------------------------------------------------------------------------------



↓今回使用した機材はコチラ!↓










null
マップカメラ25周年を記念した「Earth Photo Contest」も開催中です!
こちらの投稿テーマも"私のお気に入り"!
お気に入りの写真は何枚でもご投稿いただければと思います。様々な豪華賞品をご用意しておりますので奮ってご参加ください。




〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: etc.|掲載日時:2019年08月05日 19時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!13票


ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.1 ~ズミクロンS100!~[2019年10月15日]

We are summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。 幕開けを飾る記事は、...
続きを読む
【SONY】早秋の汀にて。

【SONY】早秋の汀にて。[2019年10月14日]

SONY α7S+SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN 焦点距離:45mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100 「早秋の汀にて。」 暑さが一段落して、秋深まりつつある今日この頃…。皆様、いかがお過ごしでしょうか。筆者は北の生まれなもので、夏のうだるような暑さは苦手です。まだまだ残暑厳しい日もありますが、朝晩の風に秋の気配を感じつつあります。 ふと、「秋の海」というものに興味を持ちました。 海水浴客で賑わう夏の海とは少し違う、趣のある風景に出会うため...
続きを読む
null

【Nikon】おやひこさま参り×Z7[2019年10月13日]

   9月中頃、少し遅めの夏休みを頂きましてNikon Z7にZ24-70mm F2.8をつけて、新潟県にあります越後国一宮・弥彦神社のお参りに行ってきました。  一の鳥居をくぐって左手に、神様しか通れないと言われている玉の橋があります。  平日にも関わらず、団体の参拝客の方々を見かけました。神社でお参りする際は二礼二拍一礼が一般的ですが、弥彦神社では二礼四拍一礼でお参りします。この形式は、出雲大社が有名です。  御神木である椎の大木。  お参りが終わった後は、ご本殿の背...
続きを読む
null

【Panasonic】巾着田を撮る。[2019年10月12日]

日高市内を流れる清流、高麗川(こまがわ)の蛇行により長い年月をかけてつくられ、 その形がきんちゃくの形に似ていることから、巾着田(きんちゃくだ)と呼ばれるようになりました。 ここ数年、通い続けて少しワンパターン化してきてしまったかな。 と思い行くのを躊躇していたのですが そういえばまだやったことがない事がある、と思って今年も行ってきました。 というわけで 焦点距離: 560mm 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 2019 巾着田を超望遠で撮る です。 ...
続きを読む
null

【MapTimes】One More Times!! vol.6【二眼レフ特集】[2019年10月11日]

THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 というわけで今回のキーワードは「二眼レフ」 今回特に注目していただきたいブログは 2008年から連載開始した「二眼レフはいかがですか?!」 番外編なども含めると、なんと総数50本を超えるボリューム! ぜひご覧いただきたいシリーズです。 画像をクリック...
続きを読む