Select Language

【私のお気に入り】BAZOOKA日記 Vol.2

[ Category: Canon|掲載日時:2019年08月08日 10時30分]

今年も本格的な夏がやってきました。
涼しい家にいてもなかなか超望遠レンズの出番はやってきません。
モータースポーツを撮ってみたいということで、今回は8月3日(土)に行われた
2019 AUTOBACS SUPER GT ROUND5 FUJI GT 500mile RACE
の予選を撮りに富士スピードウェイに行って参りました。

私が富士スピードウェイに行くのは今回が2回目。
初めて行ったのは2007年。F1世界選手権第15戦、日本GPでした。
雨と霧の中、必死にレースを観戦していたのを覚えています。
それから約12年。今度は厳しい暑さの富士スピードウェイとなりました。

Canon EOS-1D X Mark II + SIGMA Sports 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM + SIGMA テレコンバーター TC-1401

焦点距離:311mm(テレコンバーター TC-1401使用) 絞り:F8 シャッタースピード:1/320秒 ISO:100


今回は、

ボディ Canon EOS-1D X Mark II
レンズ SIGMA Sports 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM、SIGMA テレコンバーター TC-1401

で撮影に挑戦しました。

Canon EOS-1D X Mark II + SIGMA Sports 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM + SIGMA テレコンバーター TC-1401

焦点距離:840mm(テレコンバーター TC-1401使用) 絞り:F10 シャッタースピード:1/250秒 ISO:100


1.4倍テレコンバーターを使用すると、最大840mmで撮影が可能となります。
実際に撮影するまで840mmも必要ないだろうと考えていた私でしたが、マシンの顔などの一部だけをピンポイントで切り撮りたいという際は必要になると体感しました。また、場所によっては840mmでも物足りないと感じることもありました。

Canon EOS-1D X Mark II + SIGMA Sports 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM + SIGMA テレコンバーター TC-1401

焦点距離:801mm(テレコンバーター TC-1401使用) 絞り:F11 シャッタースピード:1/250秒 ISO:250


前回の静浜基地航空祭では移動をせずに撮影をしていましたが、この日はコースを一周するように移動しながら撮影をしていました。
カーブの形からどの場所から撮るのがよいのか、友人と相談しながら撮影ポイントを決めていきました。

Canon EOS-1D X Mark II + SIGMA Sports 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM

焦点距離:450mm 絞り:F7.1 シャッタースピード:1/500秒 ISO:500



ここまでの写真はCanonのDPPで多少の調整(RAW現像)を行いました。
ここからはLightroom mobileでRAW現像した写真をご覧ください。


Canon EOS-1D X Mark II + SIGMA Sports 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM + SIGMA テレコンバーター TC-1401

焦点距離:840mm(テレコンバーター TC-1401使用) 絞り:F9 シャッタースピード:1/500秒 ISO:200



Canon EOS-1D X Mark II + SIGMA Sports 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM + SIGMA テレコンバーター TC-1401

焦点距離:840mm(テレコンバーター TC-1401使用) 絞り:F10 シャッタースピード:1/800秒 ISO:500



Canon EOS-1D X Mark II + SIGMA Sports 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM + SIGMA テレコンバーター TC-1401

焦点距離:840mm(テレコンバーター TC-1401使用) 絞り:F9 シャッタースピード:1/1000秒 ISO:500



Canon EOS-1D X Mark II + SIGMA Sports 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM + SIGMA テレコンバーター TC-1401

焦点距離:801mm(テレコンバーター TC-1401使用) 絞り:F9 シャッタースピード:1/1000秒 ISO:320



Canon EOS-1D X Mark II + SIGMA Sports 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM

焦点距離:380mm 絞り:F10 シャッタースピード:1/200秒 ISO:320



いかがでしょうか。
アンダーにすることで色が引き締まり、マシンのメタリックな質感と形状が伝わると思います。
また、最後のポルシェの写真は流し撮りのため、疾走感もあり今回のベストショットと言えるお気に入りの1枚となりました。
今回の撮影は三脚を使用する場面もありました。
しかし、ボール雲台であったため思ったように被写体を追えないことが多々ありました。ジンバル雲台や一脚があればより思ったように狙えたかなと思います。

初めてのモータースポーツ撮影は暑さと日差しとの戦いでしたが、しっかりと水分補給をしていたことで無事に楽しむことができました。
また、レースはGTの1種目だけでなくF4やポルシェ、飛行機によるエアロバティックフライトなどのイベントが開催されることを知り、様々な見どころがあると感じました。
まだまだ慣れず、ピンボケやブレている写真が多かったですが、ピッシリと決まっている写真には鳥肌が立ちました。
機会があればまた撮りに行きたいと思います。

Canon EOS-1D X Mark II + SIGMA Sports 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM

焦点距離:459mm 絞り:F9 シャッタースピード:1/1250秒 ISO:320


今回使用したカメラはこちら








マップカメラ25周年を記念した「Earth Photo Contest」も開催中です!
こちらの投稿テーマも"私のお気に入り"!お気に入りの写真は何枚でもご投稿いただければと思います。
様々な豪華賞品をご用意しておりますので奮ってご参加ください。



〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category: Canon|掲載日時:2019年08月08日 10時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!19票


null

いざ、晩秋の鎌倉へ[2019年12月08日]

筆者は以前、晩秋の頃となると毎年のように京都や奈良に出かけていました。 しかしここ数年、自らの忙しさや、現地の混雑ぶりから足が遠のいておりました。 「今年もきっと現地に行けば美しい紅葉が見られるのだろう」という思いがあり、 天気の良い休日のこと、急遽、近場ではありますが鎌倉へ。 用事があり出発が遅れ、昼頃からのお出かけとなりました。 ひとまず鶴岡八幡宮にお参りに。この地...
続きを読む
OM-D E-M5 Mark III

【OLYMPUS】OM-D E-M5 Mark III で早速パナライカを試す【カメラを愉しむ vol.5】[2019年12月07日]

更なるプロフェッショナルモデルへと進化した「OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 Mark III」。121点オールクロス像面位相差AFによる高速、高精度なオートフォーカス性能を小型・軽量ボディが魅力的な新製品。 これに組み合わせるレンズは「Panasonic (パナソニック) LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8 ASPH. MEGA O.I.S.」。 正直121点のオールクロス像面位相差AFの高性能をフルで活かすならやはりオ...
続きを読む
東京紅葉Z50

【Nikon】東京紅葉Z50[2019年12月07日]

東京で秋を感じたいと思い、 皇居・丸の内エリアにNikon (ニコン) Z50 と Nikon (ニコン) AF-P DX NIKKOR 10-20mm F4.5-5.6G VR、 Nikon (ニコン) AF-P DX NIKKOR 70-300mm F4.5-6.3G ED VR を持参して撮影にいきました。 ※Nikon (ニコン) マウントアダプター FTZ装着しています。 まず最初にイルミネーションで有名な 丸の内仲通りを歩きます。 通り沿いにオブジェが並んでいます。 ま...
続きを読む
楽器を撮る。

【Canon】楽器を撮る。[2019年12月06日]

楽器を演奏する姿はかっこいい。 カメラを手にしてから、一番に撮りたいと思っていたのが、バンドのライブ写真だった。 私がギターを弾くという事もあり、自然に浮かんだ被写体だったからだ。 ひとつひとつのバンドが個性的で、撮影している時はとても楽しく、過ぎる時間はあっという間だ。 ライブ写真の中で、ギターに注目して今回のブログを書いてみた。 新品のギターも好きだが...
続きを読む
null

【SIGMA】しぐまびより Part33[2019年12月05日]

ひかり。 背の高いビルが立ち並ぶ街の日向と日陰のコントラストは一層強く、 その時その時にしか見れない街の風景の連続だったりする。 あとで撮ろうと思っていたらチャンスを逃してしまう、なんてことは何度も経験しています。 同じ街に何回足を運ぼうが、同じ顔を見れることはない。 何度も何度も通ったからこそ見れる瞬間があるのだと思います。 強くて明るい光と淡くて柔ら...
続きを読む