Select Language

【SONY】α7Rシリーズを振り返る α7RII編

[ Category: SONY|掲載日時:2019年09月01日 11時00分]


α7Rシリーズを振り返る


9月6日に発売が迫るα7Rシリーズの最新機種α7RIV。

α7Rのシリーズは高解像度機のα7シリーズとして初代、II、IIIと第3代まで歴史を重ねて来ました。同シリーズバージョンとしてベーシックモデルのα7シリーズ、高感度モデルのα7Sシリーズがラインナップされています。そして新世代のα7Rシリーズとして9月6日にα7RIVが登場します。

待望の第4世代の発売を前に、α7Rシリーズの歴史を振り返っていきます。第2回目はボディ構造を大幅に進化させたα7RIIに迫ります。


SONYα7RII



α7RIIが発売されたのが2015年8月5日。その前年2014年12月末に発売されたベーシックモデルのα7IIのボディに準じたスタイルで登場をしました。前機種α7Rより大柄のボディになったものの大幅にパワーアップがされていました。

null


画像の要となるセンサーは裏面照射型の有効約4240万画素CMOSセンサーを搭載しています。これによりより高精細な描写力を得ると共に、裏面照射型を採用し高感度性能もしっかりと出せるようになっています。

SONYα7RII


また、高解像性能をしっかりと引き出せるように、ボディの大型化に伴い5軸ボディ内手ブレ補正機構を搭載し最高4.5段分までのブレを抑える事が出来るようになりました。


SONYα7RII



ファインダーは倍率0.78倍を実現し、ZEISS「T*(ティースター)コーティング」を採用した235万ドットの「XGA OLED Tru-Finder(トゥルーファインダー)」に進化して、見やすいものへと変わっています。


SONYα7RII


AF性能も大きく向上しα7Rでは25点のコントラスト検出方式でしたが、撮像エリアの45%をカバーする範囲に399点の像面位相差AFセンサーを高密度に配置し、25点のコントラスト検出方式を併用しながら、ピント合わせが難しい被写体でも瞬時に捉えて離さないオートフォーカスが出来るようになりました。
併せて新時代のα7Rシリーズに相応しく画素加算のない全画素読み出しによる、高解像4K動画記録を実現しています。


大型化による安定感と風景撮影などにしっかりと対応できる高解像度性能を有するα7RIIはいかがでしょうか?





SONYα7RIVご予約受付中





〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: SONY|掲載日時:2019年09月01日 11時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!17票


SONY α7III×Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO

【SONY】水槽の生きものがかわいい!【Tokina】[2020年04月01日]

少し前になりますが、「SONY α7III」と「Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO」を組み合わせて、水族館へ撮影に行ってきました。 水族館といってもペットショップくらいの広さで、いつ行っても空いています。 じっくり見学できて良いと、私はこの穴場を大変気に入っており、たまに訪れるのです。 こちらはキイロハギ。 口がひょっとこのように突き出ています。 カクレクマノミがイソ...
続きを読む
【The Prime Lens】TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD『SONY』

【The Prime Lens】TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD『SONY』[2020年03月30日]

SONY α7RⅢ + TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2/Model F053SF 焦点距離:35mm 絞り:F7.1 シャッタースピード:1/1000秒 ISO:100 【The Prime Lens】 連載を続けておりました【35mm編】も今回が最終回となります。 同じ焦点距離のレンズでも、それぞれの個性が写りとしてあらわれるのをご覧いただけたかと思います。 最終回にご紹介いたしますのは、『TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD ...
続きを読む
四国

【The Prime Lens】FE 35mm F2.8 『SONY』[2020年03月16日]

【The Prime Lens FE 35mm F2.8】  【The Prime Lens】私がこのレンズを選択した理由は、ソニーEマウントの中で、他のレンズに比べて1番といっても過言ではないくらいのコンパクトさとは対照的に、ツァイスのT*コーティングの技術を使用したその描写力を存分に堪能できるレンズと思ったからです。  今回はそんな持ち運びやすさとそれに比例しない描写力を持つFE 35mm F2.8 ZAをもって四国へ行...
続きを読む
【The Prime Lens】Carl Zeiss  Loxia35mmF2 『SONY』

【The Prime Lens】Carl Zeiss Loxia35mmF2 『SONY』[2020年03月09日]

【The Prime Lens Carl Zeiss Loxia35mm F2】 【The Prime Lens】35mmという画角。単焦点レンズとしては不動の人気を誇る焦点距離。 数あるEマウント用の35mmのレンズの中から私はこのレンズを選んでみました。 Carl ZeissのLoxia35mm F2 理由はシンプル。小さくてかわいい。 もちろん写りに関してもZeissレンズですから、申し分ありません。 重いカメラが苦手な私はα7Rで...
続きを読む
【The Prime Lens】 FE35mmF1.8 『SONY』

【The Prime Lens】 FE35mmF1.8 『SONY』[2020年03月02日]

【The Prime Lens FE35mmF1.8】 【The Prime Lens】なぜ単焦点レンズなのか?その最大の魅力をお伝えしたいと思います。 今回選んだ単焦点レンズ『FE 35mm F1.8』は、開放絞りF1.8から高い解像力と小型軽量設計を実現した焦点距離35mmの大口径広角単焦点レンズです。被写体にかなり近づいてもピントが合うので、接写性能は抜群、またF1.8のボケ描写も強力で、後ろボケを生かして被写体と背景を分離...
続きを読む