【増税前にデビュー】地平線の王者:Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8 | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  【増税前にデビュー】地平線の王者:Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8 | THE MAP TIMES
Select Language

【増税前にデビュー】地平線の王者:Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8

[ Category: etc.|掲載日時:2019年09月05日 17時50分]

Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8
Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8


21mm

地平線が広がる雄大な風景や
目の前の空間をすべて写し込むような表現に理想的な常用広角レンズ。
とメーカーでも言うとおり、ダイナミックな写真が撮れます。

一つのシーンをドラマチックに、壮大なスケールをそのまま取り込むことが出来る画角。
そんなシーンでは必須とも呼べるレンズですが、使いこなすのには画角への感覚と経験も必要なレンズという印象です。
今回も実際には50mmと21mmを携帯して撮影に臨んだのですが、21mmだけで切り撮った世界を。

一枚目も歪みがないからこその美しい直線。水平が僅かでもズレると気になるのでさらに気を使います。


Canon EOS R/Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8
Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8

画角が広い為、主題を捉えるのに苦労しますが
逆を言えば、ほんのわずかな違いが主題を生むきっかけにもなります。
といいつつこの写真の主題、やや弱いのですがそれは筆者の腕のせい。。

Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8
Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8


Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8
Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8

特徴的な建築物を見ると心踊ります。
開放での撮影なので周辺に減光は見られます。
しかし驚くはその解像力です。
看板の小さな文字までくっきり写っています。
光の反射の「テカリ」の表現も見事だと思います。

Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8
Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8

あまりボケを組んで撮影することはないかもしれませんが
いざという時でも好ましい描写です。

Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8
Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8

影は影で、黒は黒。
実に魅力的な光陰の描写ではないでしょうか。
ちなみにこちらはf6.3まで絞っています。
ただ開放でも拡大して細部を見ない限り解像力に文句なし、です。

Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8
Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8


Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8
Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8


Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8
Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8

正直広角は経験値が豊かではありません。
ただこの21mmという画角は
「とても広いがゆえに、構図も絞られる」感覚で
ここから撮ってみよう、あそこから撮ってみよう、という
アタリをつけるポイント探しもシンプルです。
(筆者がバリエーション不足なだけですが、、)
なので感覚的には24mmや28mmよりも使いやすいのです。不思議です。

Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8
Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8

あっ、と見つけた飛行機雲。
とっさに見つけた被写体へのアプローチはこんな感じです。

Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8
Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8


Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8
Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8


Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8
Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8

私達の世界は光と影で溢れているなぁ、と
改めて実感させられます。
強烈なコントラストというわけではない、透明度の高い光と影。
一度使ってみると色々なシーンを撮りたくなるレンズでした。

Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8
Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8


前回のブログ「建築散策」でもこのレンズを使用しています。
こちらは「Milvus 50mm F1.4」も織り交ぜて撮影していますのでよろしければ。







null


少しずつブログまとめております。
ぜひ過去のブログもご覧ください。


〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: etc.|掲載日時:2019年09月05日 17時50分]

面白いと思ったらコチラをClick!7票


null

【MapTimes】One More Times!! vol.7【Foveon】[2019年10月19日]

THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 今回のキーワードは「Foveon」 10月25日に発売されるSIGMA Lマウントカメラ「fp」 期待に胸膨らみすぎて眠れなかったため 今までマップカメラスタッフが撮影してきた「Foveon」をまとめてみました。 SIGMA「Foveon」は各シリーズ、各世代に根強いファンが...
続きを読む
SONY α7III + FE 16-35mm F2.8 GM

【飛行機を撮ろう】飛行機 x プロジェクションマッピング[2019年10月19日]

【飛行機を撮ろう】飛行機 x プロジェクションマッピング SONY α7III + FE 16-35mm F2.8 GM | 27mm | 1/2 | F4 | ISO640 まだ暑い7月のある日、ふと思い立ち、中部国際空港セントレアに飛びました。 羽田や成田ではなくセントレアだったのには、訳があります。セントレアには毎日たくさんの飛行機がやって来ますが、それだけでなく「FLIGHT OF DREAMS」という飛行機のテーマパークが併設されているのです。 SONY α7III + FE 16-35mm F2.8 GM | 22mm | 1/5 | F4 | ISO100 パークのメ...
続きを読む
null

旅するカメラ[2019年10月19日]

まだ残暑が続いていた頃、お休みを頂いてチェコ共和国へ旅行をしてきました。 荷造りをしながら旅行の予定をたてる。さて、どのカメラを持って行こう。 旅先を想い、使う機材についてあれこれと考えることも、旅の楽しみのひとつかもしれません。 今回使用した機材はCanonのEOS Mと、EF-M22mm F2 STM。 小振りなカメラは重荷にならず、旅行では重宝しました。 今回はプラハに滞在しました。 著名な写真家達が撮影し、素晴らしい作品が生み出されてきた街 さまざまな...
続きを読む
写真展『わたしの見つけた瞬間』vol.6

写真展のご案内 〜写真展『わたしの見つけた瞬間』vol.6~[2019年10月17日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 写真展 『わたしの見つけた瞬間』vol.6 です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
MACRO日記 Vol.2

MACRO日記 Vol.2[2019年10月17日]

日中の厳しい暑さも終わり、過ごしやすい季節になりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今回は、 Canon EOS 90D Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM の組み合わせで撮影してきました。 EOS 90Dは先月発売されたAPS-Cサイズのセンサーを搭載した一眼レフカメラ。EOS 90Dは有効画素数約3250万画素のセンサーとEOS Rなどに使われている映像エンジンDIGIC 8を積んでおり、より高画質な写真を撮ることができるようになっています。 焦点距離:100mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/250秒 ...
続きを読む