Select Language

【増税前にデビュー】地平線の王者:Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8

[ Category: etc.|掲載日時:2019年09月05日 17時50分]

Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8
Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8


21mm

地平線が広がる雄大な風景や
目の前の空間をすべて写し込むような表現に理想的な常用広角レンズ。
とメーカーでも言うとおり、ダイナミックな写真が撮れます。

一つのシーンをドラマチックに、壮大なスケールをそのまま取り込むことが出来る画角。
そんなシーンでは必須とも呼べるレンズですが、使いこなすのには画角への感覚と経験も必要なレンズという印象です。
今回も実際には50mmと21mmを携帯して撮影に臨んだのですが、21mmだけで切り撮った世界を。

一枚目も歪みがないからこその美しい直線。水平が僅かでもズレると気になるのでさらに気を使います。


Canon EOS R/Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8
Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8

画角が広い為、主題を捉えるのに苦労しますが
逆を言えば、ほんのわずかな違いが主題を生むきっかけにもなります。
といいつつこの写真の主題、やや弱いのですがそれは筆者の腕のせい。。

Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8
Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8


Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8
Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8

特徴的な建築物を見ると心踊ります。
開放での撮影なので周辺に減光は見られます。
しかし驚くはその解像力です。
看板の小さな文字までくっきり写っています。
光の反射の「テカリ」の表現も見事だと思います。

Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8
Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8

あまりボケを組んで撮影することはないかもしれませんが
いざという時でも好ましい描写です。

Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8
Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8

影は影で、黒は黒。
実に魅力的な光陰の描写ではないでしょうか。
ちなみにこちらはf6.3まで絞っています。
ただ開放でも拡大して細部を見ない限り解像力に文句なし、です。

Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8
Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8


Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8
Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8


Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8
Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8

正直広角は経験値が豊かではありません。
ただこの21mmという画角は
「とても広いがゆえに、構図も絞られる」感覚で
ここから撮ってみよう、あそこから撮ってみよう、という
アタリをつけるポイント探しもシンプルです。
(筆者がバリエーション不足なだけですが、、)
なので感覚的には24mmや28mmよりも使いやすいのです。不思議です。

Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8
Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8

あっ、と見つけた飛行機雲。
とっさに見つけた被写体へのアプローチはこんな感じです。

Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8
Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8


Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8
Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8


Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8
Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8

私達の世界は光と影で溢れているなぁ、と
改めて実感させられます。
強烈なコントラストというわけではない、透明度の高い光と影。
一度使ってみると色々なシーンを撮りたくなるレンズでした。

Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8
Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8


前回のブログ「建築散策」でもこのレンズを使用しています。
こちらは「Milvus 50mm F1.4」も織り交ぜて撮影していますのでよろしければ。







null


少しずつブログまとめております。
ぜひ過去のブログもご覧ください。


〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: etc.|掲載日時:2019年09月05日 17時50分]

面白いと思ったらコチラをClick!21票


みんなのライカ

みんなのライカ[2020年02月25日]

ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン7周年を迎えることとなりました。 これもひとえに、たくさんのお客様のご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一同一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 さて、今日は本館地下スタッ...
続きを読む
ACROS IIで撮る鎌倉

【FUJIFILM】ACROSⅡで撮る鎌倉[2020年02月25日]

去年の11月に発売された富士フイルムのネオパン100 ACROS II。富士フイルムは、需要の減少と原材料の入手困難により、2018年秋に全ての黒白フィルムの販売を終了していましたが、販売継続を望む声が多く寄せられたことを受けこの度ACROSⅡとして復活したのです!価格高騰や生産終了などのニュースが相次ぐ中、この復活はとてもうれしいニュースです。 今回はそんなACROSⅡを使って鎌倉で撮影をしてき...
続きを読む
SIGMA fp + SIGMA MC-21 + TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD

【SIGMA】しぐまびより Part35[2020年02月25日]

SIGMA fp から使えるようになった「ティールアンドオレンジ」 Quattroから使えるようになったアスペクト比「21:9」と 合わせることがすっかりマイブームになりました。 現像ソフト「Adobe Lightroom」に SIGMAの カラーモードを反映できるプリセットが用意されるようになってから最近はこちらで現像しています。 「ティールアンドオレンジ」のみだけでなく「サンセットレッド」なども使えま...
続きを読む
【FUJIFILM】X-PRO2とちょっとそこまで

【FUJIFILM】X-PRO2とちょっとそこまで[2020年02月24日]

川崎で用事を済ませ時間が余った午後の日のこと。 天気もいいのでどこに行こうかと予定もなく駅の路線図を眺めていたら目に留まったのが秘境駅「海芝浦」でした。 「海芝浦」駅に向かうにはひとつの方法しかありません。それは鶴見線に乗ること。 早速、電車に乗り換え鶴見線の始発駅である鶴見駅に向かいました。 昭和の面影を色濃く残すレトロなホームに3両編成の短い電車入ってきます。...
続きを読む
スローシャッター×ポートレート

【OLYMPUS】スローシャッター×ポートレート【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月23日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『スローシャッター×ポートレート』 絞り:F4 / シャッタースピード:1/2秒 / ISO:200 / 使用レンズ:OLYMPUS M...
続きを読む