【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 | THE MAP TIMES
Select Language

【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界

[ Category: SONY|掲載日時:2019年09月16日 12時00分]


今回は、スーパーマクロレンズにデビューしてみました。
上の写真は皆さんも日頃から目にしている「ある物」をクローズアップして撮影したものです。
何を撮影したものか分かりますでしょうか。

その「ある物」とは、ボールペン(0.5mm)です。
比較用に等倍撮影が可能なフルサイズ対応、標準マクロレンズで撮影してみます。

SONY α7III + SONY FE 50mm F2.8 Macro


次は今回の撮影に使用する最大倍率4.5:1のマクロレンズ
中一光学 「FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1」(最短撮影距離は約0.12m)での撮影です。
ちなみに、マクロ専用のため無限遠撮影には対応していません

※更に接写撮影を可能にするためCommliteのエクステンションチューブ(10mm/16mm)を付けて撮影してみました。

通常のマクロ撮影と異なり、被写体・カメラ側の少しの動きがブレに繋がってしまうためピント合わせはよりシビアとなりました。
先程と同じボールペンの先端を正面から撮影してみました。

SONY α7III + FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO/Commliteエクステンションチューブ

撮影してみるとボールの先端がミラーボールの様になっており、周辺の環境が写り込んでいるのが分かります。
肉眼では目を凝らしてもボール部分に周辺環境が写り込んでいるかは分かりません。

折角なのでAPS-CサイズのSONY α6400でも撮影してみました。

SONY α6400 + FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO/Commliteエクステンションチューブ


SONY α6400で撮影

4K撮影を行い、映像の一部をクロップしています。
撮影中は映り込みが分かり易いよう、ペン先に向けて手を振ってみました。
私の手がボールに映っているのが分かりますでしょうか。
ペン先をまじまじと見たことは今までありませんでしたが、スーパーマクロならではの面白い映像となりました。


Q:さて、次の写真は何を撮影したものでしょうか。


SONY α7III + FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO/Commliteエクステンションチューブ

すぐに分かった方も多いのではないでしょうか。答えは・・・

A:液晶モニター
光の3原色 RGB(赤,緑,青)を1セットとして一つの画素を構成しています。マクロ撮影する事でモニターの仕組みがよく分かります。
ブラウン管や有機ELはどのように映るのか、興味がわいてきました。

スーパーマクロでの撮影は普段、身近にある被写体を違った角度から見る事ができるので非常に面白いです。
撮影者の探究心をくすぐるオススメの一本です。


▼おススメ機材▼






〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: SONY|掲載日時:2019年09月16日 12時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!11票


SONY α7III + FE 16-35mm F2.8 GM

【飛行機を撮ろう】飛行機 x プロジェクションマッピング[2019年10月19日]

【飛行機を撮ろう】飛行機 x プロジェクションマッピング SONY α7III + FE 16-35mm F2.8 GM | 27mm | 1/2 | F4 | ISO640 まだ暑い7月のある日、ふと思い立ち、中部国際空港セントレアに飛びました。 羽田や成田ではなくセントレアだったのには、訳があります。セントレアには毎日たくさんの飛行機がやって来ますが、それだけでなく「FLIGHT OF DREAMS」という飛行機のテーマパークが併設されているのです。 SONY α7III + FE 16-35mm F2.8 GM | 22mm | 1/5 | F4 | ISO100 パークのメ...
続きを読む
【SONY】早秋の汀にて。

【SONY】早秋の汀にて。[2019年10月14日]

SONY α7S+SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN 焦点距離:45mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100 「早秋の汀にて。」 暑さが一段落して、秋深まりつつある今日この頃…。皆様、いかがお過ごしでしょうか。筆者は北の生まれなもので、夏のうだるような暑さは苦手です。まだまだ残暑厳しい日もありますが、朝晩の風に秋の気配を感じつつあります。 ふと、「秋の海」というものに興味を持ちました。 海水浴客で賑わう夏の海とは少し違う、趣のある風景に出会うため...
続きを読む
【SONY】α7RIV:第4世代の真価 ×  ポートレート撮影

【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × ポートレート撮影[2019年10月04日]

SONY α7RIV × 最新瞳AF ヒガンバナ(彼岸花:曼珠沙華)が綺麗な季節にポートレート撮影の機会に恵まれましたので、発売して間もないSONY α7RIVを持ち出して撮影を行いました。 α7RIVのポートレート撮影/瞳AFを題材としたブログは本編が2回目です。    1回目のブログはこちらから         動物瞳AFのブログはこちらから 今回は今年発売された"FE 135mm F1.8 GM"をメインに、筆者が使用しているキヤノンマウントのレンズをMC-11を介して撮影を行いました。 その他にHVL-F60RM 2灯、...
続きを読む
見上げる町 一丁目

見上げる町ー1丁目[2019年10月01日]

空は、誰の頭上にも等しく覆いかぶさります。 時に、うららかな日差しを投げかけ。 時に、幾万の水の粒を落とし。 時に、空色のキャンバスに雲で絵を描き… 神無月の一日目。 八百万の神々が出雲の地へ会議へ赴き、不在になることから名づけられたこの10月、神無月。 本日『見上げる町』と銘打って、頭上の景色を写しながら書かせて頂きます。 此度見上げる秋空は、東京都のとある場所。 見上げた視界には、この街の見慣れない表情が垣間見えます。 一階はいつものコンビニ、お寿司...
続きを読む
【増税前にデビュー】この一本で旅の思い出を残す

【増税前にデビュー】この一本で旅の思い出を残す[2019年09月30日]

F16 1/200 ISO-100 105mm グランドキャニオン マーサーポイント 増税前に何を購入しようかお悩みの方へ、ぜひおすすめしたい。 スタンダードで万能かつ高画質のこのレンズ。 『SONY FE24-105mm F4 G OSS SEL24105G』 旅行には欠かせない素晴らしいレンズです。 今回はアメリカ西海岸のキャニオンツアーへ車で巡りました。 とても広いので車窓内からの観光が多かったですが、車内からでも充分素晴らしい画が沢山撮影出来ました。 F5.6 1/1250 ISO-640 37mm F6.3 1/400 ISO-6...
続きを読む