Select Language

【増税前にデビュー】とある50R 中望遠デビュー編

[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2019年09月11日 20時00分]



GFX 50R + GF120mm F4 R LM OIS WR Macro


『とある50R 中望遠デビュー編 』


茹だるような暑さが続いております。
写真を撮りに出掛けた際、まだまだ小休憩は欠かせません。
涼しく冷えた喫茶店で、撮影した写真を眺めながら、過ごすひと時は心地のいいものです。


さて、今回は増税前ということで、今までなかなか手が出なかったレンズ、GF120mm F4 R LM OIS WR Macroをチョイスし、写真を撮りに出掛けました。

今回は“マクロレンズ”としての運用ではなく、“120mm(35mm判換算約95mm)”という中望遠域の焦点距離を活かした運用を試みました。

なんと言ってもこのレンズ、
R(絞りリング)、LM(リニアモーター)、OIS(光学式手ブレ補正機構)、WR(防塵・防滴)付きのマクロレンズとなっており、
機能を盛り込みに盛り込んだ素晴らしいレンズなのです。

はやる気持ちを抑え、写真に参ります。


GFX 50R + GF120mm F4 R LM OIS WR Macro



GFX 50R + GF120mm F4 R LM OIS WR Macro


まずは絞り開放で。
ふわりとした柔らかいボケ、階調の良さが際立ちます。
ピントが合っている面の解像感が素敵なレンズです。


GFX 50R + GF120mm F4 R LM OIS WR Macro



GFX 50R + GF120mm F4 R LM OIS WR Macro


金属や石の質感、陰影の表現に心を打たれました。
すぐそこにあるのではないか、そう思ってしまうような立体感です。



GFX 50R + GF120mm F4 R LM OIS WR Macro



GFX 50R + GF120mm F4 R LM OIS WR Macro


タクシーのつやつやとした車体が心を躍らせます。
トンネルなどの薄暗い場所でも迷い無くピントを合わせてくれます。
フォーカスリミッターのスイッチも非常に手軽で使いやすくなっています。

前回のとある50R
に引き続き、フィルムシミュレーションのACROSに嵌っております。
もうしばらくお付き合いくださいませ。


GFX 50R + GF120mm F4 R LM OIS WR Macro


少し引いて建物などを撮影してみました。
非常にシャープで、繊細に写ります。


GFX 50R + GF120mm F4 R LM OIS WR Macro


雑踏の中で、心惹かれたものに焦点を当てる、
そんな時にピッタリのレンズです。


GFX 50R + GF120mm F4 R LM OIS WR Macro


フィルムシミュレーション、クラシッククロームのこってりとした色味は時折恋しくなります。


さて、65:24のパノラマ、
このフォーマットはどんな画角のレンズで使用しても楽しむことができ、さながら映画のような、非日常を味わえます。


GFX 50R + GF120mm F4 R LM OIS WR Macro



GFX 50R + GF120mm F4 R LM OIS WR Macro



GFX 50R + GF120mm F4 R LM OIS WR Macro



GFX 50R + GF120mm F4 R LM OIS WR Macro



GFX 50R + GF120mm F4 R LM OIS WR Macro



今回はGFX50Rと共に、GF120mm F4 R LM OIS WR Macroデビューを果たしました。
持ち運びに苦にならない大きさ、頼もしい鏡筒、所有欲を満たしてくれる素晴らしいレンズでありました。


これから少しずつ涼しくなる見込みではありますが、
ぜひ小休憩を挟みながら、写真撮影をお楽しみくださいませ。


▼今回使用した機材はこちら▼







〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2019年09月11日 20時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!22票


Nikon Z7 × NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct をZ7に装着してみました【カメラを愉しむ vol.8】[2020年01月21日]

2019年10月12日に受注を開始した受注生産モデルの「新生Noct」。 ノクトニッコールと言えば1977年(昭和52年)に発売された「Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct」。 Nocturne=夜想曲から命名されたと言われ、中古相場では今でも状態の良い個体で60万円近い価格で取引されている伝説のレンズだ。 この伝説のノクトニッコールの歴史を現代に受け継いだZシリーズ用レンズ。 これが今回ご紹介す...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】monochrome 【SONY】[2020年01月21日]

皆さんこんにちは。 今月は「街で見つけた形にフォーカス」をテーマに綴っております。 昔聞いたことのある話なのですが一般的に男性は形や空間認識能力に優れ、女性は色彩感覚に優れているのだそうです(あくまで一般的に、なので逆の人もいれば両方共優れている人もいるのだとか。) となると今回のテーマは一般的(?)に言えばまさに男性が得意な被写体と言えるのでしょうか。実際どのスタッフが書...
続きを読む
【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】

【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】[2020年01月20日]

今回の掲載写真は「SONY α7S」にマウントアダプター「LA-EA3」を使い Aマウントレンズ「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM」で撮影しました。 こちらは東京・浅草周辺を歩いている時に見つけた面白い形の白い大きなオブジェ 側面に穴が開いており、穴からはスカイツリーが見えます。 スカイツリーの隠れ撮影スポットを発見しました。 穴の中にカメラを入れるとオブジェの内側を覗く事がで...
続きを読む
D780

【発売直前】 D780とはどんなカメラ?[2020年01月20日]

Nikon D780とはどんなカメラ? 待っていた方も多いのではないでしょうか。 2014年に登場し、 ミドルレンジのフルサイズデジタル一眼レフとして長年多くのユーザに愛されてきたD750。 時代の移り変わりとともに、 Nikon一眼レフの金字塔D850が登場したり、 待望のフルサイズミラーレスZシリーズが誕生してきましたが、 それとは別に、今の時代ならではの新しい技術を取り入れつつも 安心して使...
続きを読む
カタチから過去を振り返る

【街で見つけた形にフォーカス】カタチから過去を振り返る【FUJIFILM】[2020年01月19日]

FUJIFILMといえば最近は専ら『X-Pro3』の話題で持ちきりですが、 『X-Pro2』も捨てたものではありません。 今回、街で見つけた形にフォーカスということで、 その『X-Pro2』を片手に今まで撮影してきたものを振り返ります。 私の中で丸といえば、なぜか道路標識が優先度高めに出てきます… 最初の写真は福岡にいたときに撮影したもので、こちらは東京丸の内で撮影。 同じような被写体...
続きを読む