【増税前にデビュー】とある50R 中望遠デビュー編 | THE MAP TIMES 
Select Language



【増税前にデビュー】とある50R 中望遠デビュー編

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2019年09月11日 20時00分]




GFX 50R + GF120mm F4 R LM OIS WR Macro


『とある50R 中望遠デビュー編 』


茹だるような暑さが続いております。
写真を撮りに出掛けた際、まだまだ小休憩は欠かせません。
涼しく冷えた喫茶店で、撮影した写真を眺めながら、過ごすひと時は心地のいいものです。


さて、今回は増税前ということで、今までなかなか手が出なかったレンズ、GF120mm F4 R LM OIS WR Macroをチョイスし、写真を撮りに出掛けました。

今回は“マクロレンズ”としての運用ではなく、“120mm(35mm判換算約95mm)”という中望遠域の焦点距離を活かした運用を試みました。

なんと言ってもこのレンズ、
R(絞りリング)、LM(リニアモーター)、OIS(光学式手ブレ補正機構)、WR(防塵・防滴)付きのマクロレンズとなっており、
機能を盛り込みに盛り込んだ素晴らしいレンズなのです。

はやる気持ちを抑え、写真に参ります。


GFX 50R + GF120mm F4 R LM OIS WR Macro



GFX 50R + GF120mm F4 R LM OIS WR Macro


まずは絞り開放で。
ふわりとした柔らかいボケ、階調の良さが際立ちます。
ピントが合っている面の解像感が素敵なレンズです。


GFX 50R + GF120mm F4 R LM OIS WR Macro



GFX 50R + GF120mm F4 R LM OIS WR Macro


金属や石の質感、陰影の表現に心を打たれました。
すぐそこにあるのではないか、そう思ってしまうような立体感です。



GFX 50R + GF120mm F4 R LM OIS WR Macro



GFX 50R + GF120mm F4 R LM OIS WR Macro


タクシーのつやつやとした車体が心を躍らせます。
トンネルなどの薄暗い場所でも迷い無くピントを合わせてくれます。
フォーカスリミッターのスイッチも非常に手軽で使いやすくなっています。

前回のとある50R
に引き続き、フィルムシミュレーションのACROSに嵌っております。
もうしばらくお付き合いくださいませ。


GFX 50R + GF120mm F4 R LM OIS WR Macro


少し引いて建物などを撮影してみました。
非常にシャープで、繊細に写ります。


GFX 50R + GF120mm F4 R LM OIS WR Macro


雑踏の中で、心惹かれたものに焦点を当てる、
そんな時にピッタリのレンズです。


GFX 50R + GF120mm F4 R LM OIS WR Macro


フィルムシミュレーション、クラシッククロームのこってりとした色味は時折恋しくなります。


さて、65:24のパノラマ、
このフォーマットはどんな画角のレンズで使用しても楽しむことができ、さながら映画のような、非日常を味わえます。


GFX 50R + GF120mm F4 R LM OIS WR Macro



GFX 50R + GF120mm F4 R LM OIS WR Macro



GFX 50R + GF120mm F4 R LM OIS WR Macro



GFX 50R + GF120mm F4 R LM OIS WR Macro



GFX 50R + GF120mm F4 R LM OIS WR Macro



今回はGFX50Rと共に、GF120mm F4 R LM OIS WR Macroデビューを果たしました。
持ち運びに苦にならない大きさ、頼もしい鏡筒、所有欲を満たしてくれる素晴らしいレンズでありました。


これから少しずつ涼しくなる見込みではありますが、
ぜひ小休憩を挟みながら、写真撮影をお楽しみくださいませ。


▼今回使用した機材はこちら▼







〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2019年09月11日 20時00分]



≪前の記事 記事一覧 これ以上新しい記事はありません。

とある50R 【増税前にデビュー】とある50R 中望遠デビュー編 2019年09月11日
『とある50R 中望遠デビュー編 』 茹だるような暑さが続いております。 写真を撮りに出掛けた際、まだまだ小休憩は欠かせません。 涼しく冷えた喫茶店で、撮影した写真を眺めながら、過ごすひと時は心地のいいものです。 さて、今回は増税前ということで、今までなかなか手が出なかったレンズ、GF120mm F4 R LM OIS WR Macroをチョイスし、写真を撮りに出掛けました。 今回は“マクロレンズ”としての運用ではなく、“120mm(35mm判換算約95mm)”という中望遠域の焦点距離を活かした運用を...
続きを読む
こFUJIFILM 広角でスナップデビュー 【増税前にデビュー】FUJIFILM 広角でスナップデビュー 2019年09月04日
『FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR』 -言葉を写真に- 1/40 F8 ISO200 WB AUTO FUJIFILM唯一のボディ内手ブレ補正搭載のX-H1と FUJIFILMで最広角となる大口径超広角ズームレンズであるXF8-16mmF2.8 R LM WR、 この組み合わせで都内へ出かけました。 1/60 F2.8 ISO500 WB AUTO ボディとレンズ、合わせておおよそ1,400gの重量ですので、 決して軽くはない組み合わせでしたが、 X-H1の深いグリップにより、迷わずすぐに構えることが出来たので、 とっさの撮影でも安定して撮影...
続きを読む
【私のお気に入り】横浜、ちょっとだけ散歩 【私のお気に入り】横浜、ちょっとだけ散歩 2019年08月19日
とある夏の日、セミの声のシャワーを浴びながらたどり着いたのは横浜の洋館でした。 出迎えてくれたのは、ブラフ18番館。横浜山手にある大正末期に建てられた歴史のある建物です。 建物の中に入ると冷房がよく効いており、ひんやりとした空気が出迎えてくれます。外の暑さとはまるで別世界に来たようでした。 この日の相棒はFUJIFILM X100。2011年発売と少し古いカメラですが、ちょうどよい大きさとしっかりとした描写力を兼ね備えているので、ちょっとしたお散歩にはいつもこのカメラを持って行き...
続きを読む
とある50R 【私のお気に入り】とある50R ACROS編 2019年08月07日
『とある50R ACROS編 』 長い梅雨が明けて暑い夏がやってまいりました。 写真を撮りに出かけた際、ついつい喫茶店などで休んでしまう。 私はそんな夏が好きです。 さて、私の『お気に入り』、それはFUJIFILMのフィルムシミュレーション、ACROSです。 FUJIFILMが積み重ねてきた写真用フィルムの歴史、その中でも多くの人々に愛用されてきたモノクロネガフィルムACROSを忠実にシミュレートしたものです。 各メーカーがカメラに搭載しているフィルターとは一味違った機能になっています。 今回...
続きを読む
FUJIFILM X100F 【私のお気に入り】FUJIFILM X100F 2019年07月31日
『FUJIFILM X100F』 私のお気に入りのひとつはFUJIFILMX100Fです。 毎日のように持ち歩き、自分の記録として使ったり、スナップを撮影したりしています。 1/125 f5.6 iso1250 毎日使っていても飽きない理由が大きく分けて3つあります。 1つめはISO、スピード、F値の操りがアナログ操作であることです。 画角が固定なことも、写真に迷いがなく統一した作品作りができます。 デザインやボタン配置等に無駄がなく、かっこいいルックスも好みです。 2つめは開放の甘さです。 F2で撮ると、...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]