Select Language

見上げる町ー1丁目

[ Category: SONY|掲載日時:2019年10月01日 10時30分]



SONYα7RⅢ + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

空は、誰の頭上にも等しく覆いかぶさります。

時に、うららかな日差しを投げかけ。
時に、幾万の水の粒を落とし。
時に、空色のキャンバスに雲で絵を描き…

SONYα7RⅢ + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

神無月の一日目。
八百万の神々が出雲の地へ会議へ赴き、不在になることから名づけられたこの10月、神無月。
本日『見上げる町』と銘打って、頭上の景色を写しながら書かせて頂きます。

此度見上げる秋空は、東京都のとある場所。
見上げた視界には、この街の見慣れない表情が垣間見えます。
一階はいつものコンビニ、お寿司屋さん、はたまたデパート。
街の歴史を物語るのは我々が普段見上げない、かつてのままの上層階だったりするのです。

SONYα7RⅢ + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical


SONYα7RⅢ + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2.0 Aspherical
今回使用したこのレンズは以前のブログでも“空が映える”と紹介させていただきました。
ここ最近は他のレンズにうつつを抜かしていたため、しばらくぶりではございますが、この色、この写り、是非お楽しみください。
解像感にはやはり目を見張るものがありますね。

SONYα7RⅢ + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

ところで、街の電光掲示板では、22度の表記をよく見かけるようになりました。
「暑い」と「寒い」の中間にあたる季節は、春も秋も、同じ“22度”を経験するはずですが、
どうにも私には、寒くなってゆく22度が心地よく感じられます。
わくわくした気分になるのですが…単に暑がりなだけでしょうか。

SONYα7RⅢ + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

そんな秋の天気は変わりやすいと聞いたことがあります。
快晴だった空もじわりじわりと薄雲がかかり、透明度の高い厚みを感じる空はすぐに臨めなくなってしまいました。

SONYα7RⅢ + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

雨が降るでもなく風が吹くでもなく、ただすり抜けるように移ろう空を眺めながら…
おしゃれな街を、おしゃれだな、と当たり前に独り言ち、欠伸の涙を流さぬよう、幾度もファインダーを覗いては空を仰ぎ見ます。

SONYα7RⅢ + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

陽の光を浴びるには特等席のこの場所から、緑が見下ろしていることはきっと、この町の人もあまり知らないでしょう。

SONYα7RⅢ + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

もうお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、今回見上げた町は東京都武蔵野市、吉祥寺周辺です。
駅の周りには、長い時間を感じさせる建物が立ち並びます。
頻繁に歩き回るこの町ですが、見上げて初めて見える景色も多くありました。
規則的に並ぶ窓、風に揺れる草花、見慣れないビル装飾…
元はと言えば秋空に魅せられて見上げた視界です。
こんなにも楽しい世界が広がっていたとは、まだまだ私の視野も狭いことを実感いたしました。

関東は紅葉にはまだ早く、行楽シーズンも始まるかどうかといった時期ですが、秋空は今日も綺麗です。
「空を見上げてみては?」などと無粋な事は申しません。
ただ、このブログを見ていただくために見下ろしたそのスマホ、一度スリープにしてみてはいかがでしょうか。
見上げるべき広い広い世界は、見下ろす先にもきっと。

SONYα7RⅢ + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

私は、毎日息をし、パンを食べ、写真を撮り、寝ます。
そうして生きる日々は常に更新し続け、全てを知り、記録することは不可能です。
その莫大な情報の中で、自分が歩んだこの街を、自分が気づいたその視野で、切り取ることは永遠の宝物です。

「明日、何処で写真撮ったろかなぁ」
ぜひ見上げる町ー2丁目にいらしてください。
首を痛めながら空を撮り続ける人が居たら、きっとそれは私でしょう。

それではまた。



〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: SONY|掲載日時:2019年10月01日 10時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!27票


D850と宝登山

【Nikon】D850と宝登山[2020年02月21日]

2月も半ばになり、少しずつ暖かくなってきました。 今回は【Nikon D850】と 【TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2】を持って、 秩父郡長瀞町にある宝登山に行って来ました。 バイクに跨って走ること1時間。 宝登山の登山口に到着。 準備を整えて登山開始します。 この日の天気は快晴。 綺麗な景色が見れそうです。 標高は497mと低く登山道は綺麗に整備されて...
続きを読む
ライカ ブティック 7周年

LEICA Boutique ~MapCamera Shinjuku~ 7th Anniv.[2020年02月20日]

ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン7周年を迎えることとなりました。 これもひとえに、たくさんのお客様のご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一同一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 今回、7周年の感謝を込めて、...
続きを読む
Canon EOS 5D Mark IV+Carl Zeiss Milvus 50mm F2 M ZE

【Carl Zeiss 】 Milvus 50mm F2 M ZEで写す風景[2020年02月20日]

みなさんは神社やお寺に足を運ぶ機会は、どのくらいありますか。 私は初詣やちょっとした出先に、それも時間に余裕がある時でもない限り、その土地の神社やお寺に行くことは中々ありませんでした。 神社巡りや御朱印集めが趣味として人気を集める中、私は何かきっかけが無ければ、神社やお寺に訪れることはほとんどありません。 そんな中、突然ですが浅草に行く機会がありましたので、久しぶりにカ...
続きを読む
【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”

【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”[2020年02月19日]

皆様一眼レフ使っていらっしゃいますか? ここ最近はミラーレスの隆盛ですっかり影をひそめてしまった一眼レフですが、ここにきてニコンから待望のビッグネームが登場しました。 その名もD780!名機と名高いD750の後継機です。 今回の記事では、カタログスペックでは解らない細かい所について掘り下げます。 せっかくなので、わが愛機であり直接のライバルとなるであろうCanon EOS 6D MarkⅡとの...
続きを読む
【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~

【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~[2020年02月18日]

皆さま、こんにちは。 MapCameraの店舗のある新宿は暖かいなぁと感じる日がだんだんと多くなってきました。 さて、今回はLeica M10-PとNOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VMを使って写真を撮ってきました。 VMとはVoigtlander Mマウントの略です。 VoigtlanderのBessaシリーズをはじめとしてM型ライカのカメラにも装着することが出来ます。 まずは開放F1.5。優しいピント面からなだら...
続きを読む