Select Language

大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-

[ Category: PENTAX RICOH|掲載日時:2019年12月03日 20時00分]


PENTAX67、通称"バケペン"と呼ばれるこのカメラ。
一眼レフカメラをそのまま巨大化させたフォルムがまるで
お化けの様だと例えられ、長く愛される6x7の中判機。


大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-


その中でも今回取り上げる67IIは、
AEファインダーと併用する事によって絞り優先モードの
使用が可能なところが最大のポイント。
これが実際に使ってみると…「コレ無くしては…!」と考えてしまう程に
テンポ良く速写が可能になります。
測光モードも3種類切替可能。露出精度も非常に高く、カメラ任せで
しっかり結果も残してくれる頼もしい1台。


大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-


ファインダー内もデジタル表示になり、
先代のTTLファインダーは横に露出確認用の針が置いてあるだけのシンプルなものでした。
しかし67IIでは他社のフィルム一眼レフに近いインターフェイス。
フィルムカウンターもご覧の通り。


大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-


中判カメラには様々なフォーマットサイズがあります。
使いやすさと機動性を両立した6x4.5、正方形の真四角が印象的な6x6。そして今回の6x7。
その特徴は撮影後のネガの迫力ある大きさや、情報量の多さも挙げられますが
筆者としては「明確な目的は無いが、ふと"撮りたい"と思ったら撮る」場合に
この6x7フォーマットが何故か丁度良くフィットします。


大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-


場所の気配や、漠然と見えつつも明確には決まらないもの。
6x7になると何故かそれがある感覚はやはり他のフォーマットには無い大きな魅力です。紅葉も関東はこれからの所も多く、中判の醍醐味を味わえるシーズン。皆様もこの機会に6x7の魅力を感じてみてはいかがでしょうか。紅葉を活かしたポートレートや、ダイナミックな風景撮影に、この67IIは存分に活躍してくれるでしょう。





〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category: PENTAX RICOH|掲載日時:2019年12月03日 20時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!10票


Nikon Z7 × NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct をZ7に装着してみました【カメラを愉しむ vol.8】[2020年01月21日]

2019年10月12日に受注を開始した受注生産モデルの「新生Noct」。 ノクトニッコールと言えば1977年(昭和52年)に発売された「Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct」。 Nocturne=夜想曲から命名されたと言われ、中古相場では今でも状態の良い個体で60万円近い価格で取引されている伝説のレンズだ。 この伝説のノクトニッコールの歴史を現代に受け継いだZシリーズ用レンズ。 これが今回ご紹介す...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】monochrome 【SONY】[2020年01月21日]

皆さんこんにちは。 今月は「街で見つけた形にフォーカス」をテーマに綴っております。 昔聞いたことのある話なのですが一般的に男性は形や空間認識能力に優れ、女性は色彩感覚に優れているのだそうです(あくまで一般的に、なので逆の人もいれば両方共優れている人もいるのだとか。) となると今回のテーマは一般的(?)に言えばまさに男性が得意な被写体と言えるのでしょうか。実際どのスタッフが書...
続きを読む
【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】

【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】[2020年01月20日]

今回の掲載写真は「SONY α7S」にマウントアダプター「LA-EA3」を使い Aマウントレンズ「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM」で撮影しました。 こちらは東京・浅草周辺を歩いている時に見つけた面白い形の白い大きなオブジェ 側面に穴が開いており、穴からはスカイツリーが見えます。 スカイツリーの隠れ撮影スポットを発見しました。 穴の中にカメラを入れるとオブジェの内側を覗く事がで...
続きを読む
D780

【発売直前】 D780とはどんなカメラ?[2020年01月20日]

Nikon D780とはどんなカメラ? 待っていた方も多いのではないでしょうか。 2014年に登場し、 ミドルレンジのフルサイズデジタル一眼レフとして長年多くのユーザに愛されてきたD750。 時代の移り変わりとともに、 Nikon一眼レフの金字塔D850が登場したり、 待望のフルサイズミラーレスZシリーズが誕生してきましたが、 それとは別に、今の時代ならではの新しい技術を取り入れつつも 安心して使...
続きを読む
カタチから過去を振り返る

【街で見つけた形にフォーカス】カタチから過去を振り返る【FUJIFILM】[2020年01月19日]

FUJIFILMといえば最近は専ら『X-Pro3』の話題で持ちきりですが、 『X-Pro2』も捨てたものではありません。 今回、街で見つけた形にフォーカスということで、 その『X-Pro2』を片手に今まで撮影してきたものを振り返ります。 私の中で丸といえば、なぜか道路標識が優先度高めに出てきます… 最初の写真は福岡にいたときに撮影したもので、こちらは東京丸の内で撮影。 同じような被写体...
続きを読む