Select Language

【OLYMPUS】カメラと旅を。Ⅶ

[ Category: OLYMPUS|掲載日時:2019年12月19日 11時00分]


今回の旅のお供は11月22日に発売されたばかりのOLYMPUS OM-D E-M5MarkIII
レンズは私が動物を撮るときのお気に入りM.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm F4.0 IS PRO
こちらを鞄に詰め夜行バスに飛び乗りました。
行き先は山形。
お目当てはキツネ。
今年最後の旅はキツネと共にお送りいたします。


OM-D E-M5 Marklll+ M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm F4.0 IS PRO

f/4 1/200sec ISO-200



と、その前に夜行バスの朝は早い。朝日が出る前に仙台に到着しました。
始発から電車に揺られ塩釜水産物仲卸市場へ
ここでは7時から一般に開いており、お米とあら汁と好きな具材を市場で買いマイ海鮮丼を作ります。


OM-D E-M5 Marklll+ M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm F4.0 IS PRO

f/4 1/60sec ISO-2500



カメラを下げていたら「可愛いカメラマンさんだねぇ」とご夫婦に話しかけられました。
撮ってもいいですか。
カメラ旅はこの少しの会話も楽しみの一つになります。
何故毎回中高生に間違えられるのでしょう。
市場の皆さんお優しくて気付いたら山盛りの海鮮丼が出来上がっておりました。新鮮で格別。


今回は写真とともにOLYMPUSの魅力を紹介して行こうと思います。
OLYMPUSの良いところその①小型軽量化です。
E-M5Markllの後継機種として発売されたE-M5Marklll
さらに小型軽量化したボディは約366g、後継機よりも更に軽く、更にコンパクトに設計されております。
旅に持っていくにはできるだけ荷物を抑えたい。そんな方にも自信をもっておすすめが出来ます。
実際に一日首から提げていましたが、全く痛くなりませんでした。


OM-D E-M5 Marklll+M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm F4.0 IS PRO

f/4 1/60sec ISO-650



メインのきつね村には車で1時間ほど。
山を登り先月降った雪が木陰に残っている中到着しました。
気温は3度、寒い。
手袋をしていても指がかじかみます。
OLYMPUSの良いところその②防塵・防滴・-10℃耐低温設計
寒さにも強く、シャッターボタンが軽い為どのような場面でも逃さずシャッターが切れます。
連写もなんのその。
山の上、森の中という立地上でも防塵防滴であれば気にせず撮影が出来ます。
モコモコの毛に顔を埋め寝るきつね達。


OM-D E-M5 Marklll+M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm F4.0 IS PRO

f/4 1/320sec ISO-200



OLYMPUSの良いところその③
マイクロフォーサーズなのでレンズの焦点距離が35mm換算で2倍。
なので12-100mmのレンズであれば200mmまで寄る事が出来ます。
動物を撮るには距離は必須。
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROは全域F4.0での撮影ができ美しいボケも演出できます。
換算200mmF4での撮影でもほとんどゆがむことなく前ボケ、後ろボケが表現できました。
動物写真は一瞬が重要。自身が思うように撮れると口元が緩んでしまいます。


OM-D E-M5 Marklll+M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm F4.0 IS PRO

f/4 1/250sec ISO-200



OLYMPUSの良いところその④強い手ブレ補正とAF性能
6.5段の手ぶれ補正で動きまわるきつねをひたすら追いかけることが出来ます。
フラッグシップのE-M1Markllと同じ画像処理エンジンを搭載しており、高速かつ高精度なAFを実現しております。
私が良く使う機能として動体追従クラスター表示をしています。ピントが合った部分が緑色で表示されるので動物を撮影する時にはとても便利です。


OM-D E-M5 Marklll+M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm F4.0 IS PRO

f/4.5 1/125sec ISO-200



OLYMPUSの良いところその⑤22種類のシーンモードと16種類のアートフィルター
そのシーンに合わせたモードが選択できさらに自身の好みにカスタマイズすることが出来ます。
私はビビット強めが好きなので、きつねの色と毛のふわふわをポップアートのモードで撮影してみました。


OM-D E-M5 Marklll+M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm F4.0 IS PRO

f/4 1/200sec ISO-320



まだまだ良いところがいっぱいございますが、長くなってしまいましたのでこの辺で。
私の旅はまだまだ続きます。来年も旅の写真とともにカメラの良さを微力ながらお伝えできたらと思っております。

本館4階では実機のお試しも可能でございます。
是非、愛用のレンズをお持ちになってお試しください。
ご来店を心よりお待ち申し上げております。


↓使用した機材とおすすめ商品です↓









〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: OLYMPUS|掲載日時:2019年12月19日 11時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!19票


【街で見つけた形にフォーカス】名前のないかたち【SONY】

【街で見つけた形にフォーカス】名前のないかたち【SONY】[2020年01月28日]

写真を撮るとき、被写体の形を意識するのはどんな瞬間ですか? 被写体を見つけたとき。 フレーミングして、構図を考えているとき。 シャッターを押す瞬間。 はたまた、撮り終わって、今日の思い出を眺めるときでしょうか? 私はシャッターを押す瞬間に被写体の形を意識しているように思います。 撮影の準備は全て終わり、あとはこの人差し指で快音を鳴らすだけ。 その瞬間に、散漫していた...
続きを読む
Shinjuku

【街で見つけた形にフォーカス】NikonのライカLレンズをSONYで撮る[2020年01月27日]

ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Nikon W Nikkor 3.5cm F2.5 (L39) マウントアダプター:K&F Concept KF-LME - Voigtlander L/Mリング 35/135用  NikonのLレンズ?と思った方もいると思います。今回使用したのは、NikonのL39マウントレンズ、Nikkor 3.5cm F2.5です。今回は、コンパクトながらも準広角レンズであり、F2.5とスナップとしては十分な明るさをもつ、『W Nikkor 3.5cm F2.5』を使用して撮影を...
続きを読む
ねずみ年とRP

【街で見つけた形にフォーカス】ねずみ年とRP【Canon】[2020年01月26日]

2020年。 早くも1ヵ月が過ぎようとしています。 2020年の干支はねずみ。 ねずみの形を探してみようかと考えましたが私の頭に浮かんだねずみは一つでした。 入門向けのフルサイズミラーレスEOS RPと使い勝手に定評のあるRF24-105/F4を携えて、とあるテーマパークへ行ってきました。 まず使用してみて感じたことは『軽い』と言う事。 筆者は2019年に発売されたフルサイズミラー...
続きを読む
α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z

【街で見つけた形にフォーカス】曇天から斜陽【SONY】[2020年01月25日]

街で見つけた形にフォーカス。 あっという間に令和2年目を迎えた1月の中旬、曇天模様の空の下、多摩センター駅周辺を散策することにしました。 この辺りは昔からの生活県内であり見慣れた街なのですが、ファインダーを通し新たな「形」の発見を期待して来たのでした。 雨が降らないことを祈りつつ、散策を始めます。 駅を出てすぐ、六角形のガラス張りの天蓋が二基。 あいにくの曇り空です...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

【街で見つけた形にフォーカス】気ままにスナップin下北沢【OLYMPUS】[2020年01月25日]

今回の撮影場所は下北沢です。小田急線の地下化工事が終わり、ここ5年程の間に周辺の開発が進み、地上の景色もだいぶ様変わりしてきました。 そんな下北沢でカメラを手に、お散歩スナップして参りました。気になるものに気ままにフォーカス。短いひと時でしたが、楽しい撮影でした。 以前にも似たようなことを書きましたが、真冬の撮影は日の傾きが思いのほか早く、ちょうどよく...
続きを読む