Select Language

【Panasonic】 LUMIX S1H特集Vol.3 「LUMIX DC-GH5SとS1Hを検証」

[ Category: Panasonic|掲載日時:2019年12月22日 12時00分]
 

LUMIX S1H特集の第三弾
今回はLUMIX DC-GH5SとS1Hの検証動画となります。


記録方式:MOV形式、4K [3840×2160]、29.97p、400Mbps(4:2:2,10bit ALL-I)、S1H V-Log /GH5S V-Log L

Log撮影とは
Log撮影をする事で通常の撮影ガンマに比べて幅広いダイナミックレンジを得ることができ、色の再現域も広く記録出来ます。この特徴を活かして編集時のグレーディングと合わせることで、制作者のイメージに合った自由度の高い映像表現を可能にしてくれます。

V-Log /V-Log Lとは、Panasonic独自のLogの事です
GH5Sに搭載されている「V-Log L」とS1Hに搭載されている「V-Log」の大きな違いは撮影出来るストップ数(ダイナミックレンジの再現域)で、「V-Log」が14ストップ以上あるのに対して「V-Log L」は最大12ストップとなっています。


今回どちらの機材も同じISOやシャッタースピード、レンズF値で撮影。
さらにダイナミックレンジの広さをわかりやすくするため、明暗差が激しくなるような環境を意識し両機種の差が確認できるように撮影を行いました。
両者のダイナミックレンジの差が映像にどのような違いを見せてくれるのでしょうか。
それでは、さっそく比較をしてみましょう。






逆光の木の下で撮影。

null



赤枠部分を拡大した画像がこちら

null








null


赤枠部分を拡大した画像がこちら

null



ハイライト部分に関しての効果や差異がわかりにくい結果となってしまいましたがシャドウ部分に関しては赤枠で拡大している通りS1Hの方がシャドウ部の黒潰れが少ないことが分かります。

この様な差がLogをベースにマスター制作を行う事が基本のデジタルシネマや、広いダイナミックレンジが必要とされる映像制作などにおいては必須となるでしょう。

さらにV-Logの持つ多階調(濃淡)・広ダイナミックレンジを生かしてフィルムライクな映像やハイライトやシャドウ部の諧調(調和)を生かした映像表現も可能ではないかと感じました。


LUMIX GH5/GH5Sをお使いの方は映像制作をしていく上でV-Log Lのレンジの狭さに不満を持っている方も多かったのではないでしょうか。
従来は14+ストップV-Log/V-Gamutを搭載したカメラといえば業務用のシネマカメラVARICAMシリーズのみとなります。

今回、ミラーレス機で初めてS1Hが対応したことでプロの映像クリエイターはもちろん、これから映像制作を始めてみたいアマチュアの方々など、今までよりも幅広いユーザーが高いクオリティで気軽にワンランク上の映像表現に挑戦できるようになったのではないかと感じています。






過去記事はこちら

LUMIX S1H特集Vol.1「シネマクオリティを個人でも」↓クリック
LUMIX S1H特集Vol.1



LUMIX S1H特集Vol.2「6Kを活用しよう!6K撮影のメリットとは?」↓クリック
LUMIX S1H特集Vol.2






[ Category: Panasonic|掲載日時:2019年12月22日 12時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!5票


null

【Nikon】開放F値1.2!1977年生まれの元祖ノクトの作例[2020年01月24日]

先日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。本日は、元祖ノクトニッコールを最新のボディであるZ7と組み合わせて、すべて開放F値1.2で撮影してきました。1977年(昭和52年)生まれの実力やいかに! ショーウインドウに飾られたスパンコールが付いたバッグ。ベージュ系の優しい色合いの服飾に似合うやわらかい描写です。 街角に貼られたステッカー群。目が合った気がして...
続きを読む
「かたち」あるものを探して【Nikon】

【街で見つけた形にフォーカス】「かたち」あるものを探して【Nikon】[2020年01月24日]

こんにちは。 今回のテーマが「街で見つけた形にフォーカス」 ということで、Nikon D800を通して 「かたち」あるものを探してみました。 さっそくご紹介させていただきます。 公園にはいろんな形の遊具があります。 形を意識して写真全体を見ると、 木々や雲もあっていろんな「かたち」が見られます。 平日は夕方になると学校が終わった子供たちや 幼稚園、保育園等が終わった親子連れが ...
続きを読む
HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR

【PENTAX】「HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR」速報レポート![2020年01月23日]

本日、1月23日に発表された、35mmフルサイズ判センサー対応の望遠ズームレンズ、 ペンタックス『HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR』。 発表当日の今日、縁あってほんの数分ながら実機に触れる機会がありましたので、 そのファーストインプレッションを皆様にお届けいたします! 何といっても特筆すべきはその軽量小型な出で立ち。 開放F値2.8の望遠ズームレンズ「HD D FA★ 70-200mm ...
続きを読む
Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4

【M42】スーパータクマー 50mm F1.4の魅力【PENTAX】[2020年01月23日]

今回はスーパータクマー50mm F1.4のレンズを使用し、撮影した写真をご紹介します。 使用カメラはCanon EOS 5D Mark IVです。 この日は、よく撮らせてもらっている友人と袴撮影をしました。 豪快なフレア・ゴーストを撮影できるのが大きな特徴のひとつです。 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 あえて逆光で撮影をし...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】ミラーレスで行くさんぽみち~成田参道~ 【Nikon】[2020年01月22日]

先日、久しぶりに成田参道を成田山に向かってぶらぶらと散歩に出かけてみました。 今回のお供はNikon Z50 16-50kitです。 この組み合わせのコンパクトさは素晴らしいと思います。 手元に構えても大きさがまったく気にならない。 グリップのホールディングの良さは歴代のニコンの機体から受け継がれたものを感じられます。 さて、1月の土・日曜日といえば成田の街中は人混みですごいイメー...
続きを読む