Select Language

【Panasonic】 LUMIX S1H特集Vol.2「6Kを活用しよう!6K撮影のメリットとは?」

[ Category: Panasonic|掲載日時:2019年12月02日 11時00分]


今回紹介する「LUMIX S1H」は、従来の4K動画よりも大きい解像度「6K」での撮影に対応しました。
6Kカメラと聞くと「6Kも解像度は必要か?」と言った考えを持つ方も多いのではないでしょうか。
実際、4Kカメラが一般化した現在も我々が目にするテレビ番組・WEB動画・Blu-ray等の動画コンテンツはフルHD(1920x1080px)が多く使われています。

しかし、納品フォーマットがフルHDであっても制作者の間では4Kサイズ、それ以上で撮影が行われることが増えています。その理由は、ポスプロ(動画編集)で多くのメリットがあるからです。
では、6Kは制作者にどのようなメリットを与えてくれるのでしょうか。
これから、映像制作を本格的に始めたい方、S1Hへの乗り換えを検討している方に「6Kで撮影するメリット」を紹介します。

【6Kなら編集の幅が広がる】


使用機材:Panasonic LUMIX DC-S1H+LUMIX S PRO 24-70mm F2.8

編集の幅とは、主にカメラワーク(ズーム・パン・ティルト)などを後から調整可能な点です。
皆さんも、編集作業の際に「水平が取れていない」「もう少し寄りのカットが欲しい」など思った経験があると思います。
そのような状況に備えて「より大きな解像度で撮影する」ことは有効な手段となります。

では、実際に4K編集を想定して水平の取れていない5.9K素材の「水平を調整」してみます。
水平を直す為に編集ソフト上で回転(-2°)してみました。

編集画面:4Kプロジェクトに5.9K素材を配置した場合


編集画面:4Kプロジェクトに4K素材を配置した場合

最終的な書き出しが4Kの場合、4K素材で上記の編集を行うと上画像のように一部ケラレが発生します。それを補うために映像サイズを変更(拡大)すると、映像が引き伸ばされる為、画質が低下します。
6Kで撮影しておけば画質を落とす(拡大する)ことなく編集が可能となります。

【6K動画なら静止画データとしても活用可能】

従来のカメラにも4K動画を活かして「4Kフォト機能」が有りましたが、写真の画素数で言うと約800万画素相当。
WEB用の画像データであれば問題ないですが、印刷用途だと物足りない印象を受けた方も多かったと思います。
しかし、6K動画からの切り出しとなれば約1800万画素相当、十分印刷にも使用できる大きさではないでしょうか。

例えば、「5.9K/30p」で動画記録した場合は(5888×3312px:72dpi)サイズの映像となります。
この動画データは1秒間に30枚の静止画から構成されます。
スチルカメラで言うと30コマ/秒の連写した画像からベストな写真を選ぶことと同じです。
では、5.9kの動画データから切り出される静止画は印刷用のデータとしても使えるのでしょうか。
Adobe PhotoshopにてA3用紙への印刷を想定して「A3サイズ 300dpi」設定にしてみます。


上記設定に必要なサイズは4961×3508(横設定)となっています。
実際に5.9Kサイズの画像をA3カンバスサイズに入れてみました。

A3用紙サイズ(300dpi)に近い解像度です。
もちろん、写真データと比べると圧縮率が異なるので、同じ画質ではありませんが、6K動画から切り出される静止画は印刷用としても十分使用できるサイズです。

【動画から切り出した写真を印刷してみました】


印刷サイズはA3サイズよりも大きいA3ノビです
印刷した写真を見ると、動画からの切り出しを感じさせない綺麗な仕上がりとなりました。
従来、撮影した動画はPCやテレビで鑑賞するのが一般的でしたが、動画からベストショットを選び、印刷して楽しむのも面白いと思います。

一つのデータで写真・動画を制作できれば制作コストを抑える事もできます。
6K動画は一人で写真・動画の撮影をこなすクリエイターの強い味方となってくれるでしょう。
皆さんも是非、S1Hの6K撮影を活用して新たな映像表現に挑戦してみてください。


▼映像関連ブログのバックナンバーはこちら▼





▼映像制作におススメの機材▼



〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: Panasonic|掲載日時:2019年12月02日 11時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!10票


【Panasonic】LUMIX GX7 MarkⅢの気になる機能を使って撮影に挑戦

【Panasonic】LUMIX GX7 MarkⅢの気になる機能を使って撮影に挑戦[2020年02月27日]

Panasonic LUMIX GX7 MarkⅢ レンズ交換式ながら、小型軽量ボディに加え、 ボディ内手振れ補正や、可動式のファインダーなどを搭載し 操作性を兼ね備えたLUMIX GX7 MarkⅢ。 動画撮影をする中で、どうしても入れたてみたい映像があり、 今回は、気になる機能を使って撮影してみました。 インターバル撮影(タイムラプス撮影) 長時間の撮影のようですが、実際には静止画を一定...
続きを読む
【FUJIFILM】X-T4 ついに発表!

【FUJIFILM】X-T4 ついに発表! [2020年02月26日]

富士フイルムより待望の新製品『X-T4』がついに発表されました!一眼レフスタイルの『X-Tシリーズ』は様々な撮影シーンに対応できるフラッグシップ機として、世界的な人気を誇るシリーズです。噂のボディ内手振れ補正はどうなったのか!?新たなフィルムシミュレーションの追加は!?など、マップカメラ的に気になる進化点をご紹介いたします。 5軸手ブレ補正 最大6.5段...
続きを読む
【D780徹底レポート!】第四回 休日の相棒

【D780徹底レポート!】第四回 休日の相棒[2020年02月26日]

マップカメラ本館3階 Nikonフロアスタッフが綴るD780徹底レポート、 第四回となる今回は、機能面やスペックなどの深堀りのお話ではなく、 単純に、筆者のとある休日で写真を楽しんだブログをお送りいたします。 実を言いますと、筆者はプライベートでは新品で5年以上前に買ったカメラを未だ愛用しております。 最新を購入しなくとも、昔のカメラのスペックで充分楽しめると考えてしまう人間で...
続きを読む
【Leica】みんなのライカ

【Leica】みんなのライカ[2020年02月25日]

ライカブティックMapCamera Shinjuku は、2月20日にオープン7周年を迎えることとなりました。 これもひとえに、たくさんのお客様のご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一同一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 さて、今日は本館地下スタッフの...
続きを読む
ACROS IIで撮る鎌倉

【FUJIFILM】ACROSⅡで撮る鎌倉[2020年02月25日]

去年の11月に発売された富士フイルムのネオパン100 ACROS II。富士フイルムは、需要の減少と原材料の入手困難により、2018年秋に全ての黒白フィルムの販売を終了していましたが、販売継続を望む声が多く寄せられたことを受けこの度ACROSⅡとして復活したのです!価格高騰や生産終了などのニュースが相次ぐ中、この復活はとてもうれしいニュースです。 今回はそんなACROSⅡを使って鎌倉で撮影をしてき...
続きを読む