【FUJIFILM】X-T3「F-Log&外部収録のメリットとは?」 | THE MAP TIMES 
Select Language



【FUJIFILM】X-T3「F-Log&外部収録のメリットとは?」

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2019年05月13日 11時00分]



前回のブログ【ATOMOS】FUJIFILM X-T3でF-Log・10bit外部収録を試すではF-Log&外部収録での撮影を行いました。
今回は前回詳しく紹介の出来なかった「F-Log」&外部収録のメリットを紹介いたします。



・センサーの持つダイナミックレンジを最大限引き出せる
「F-Log」はグレーディングが必須になるため、導入にハードルを感じる方も多いかもしれませんが、通常ガンマよりも広いダイナミックレンジを持つガンマカーブが使用できます。
※F-Logの仕様・詳細ついてはこちら(公式サイトが開きます)

上図のようにLogで撮影した映像は眠い色(コントラストの浅い映像)となり、そのままの再生には適しません。
しかし、Logは編集時に調整できるレンジが最大限保持されるように設計されており、カラーグレーディングに最適な映像として記録されます。自分好みに映像のルックをコントロールしたい方はぜひ活用してみてください。

F-Logでの高感度撮影


使用機材:FUJIFILM X-T3+XF16-55mm F2.8 R LM WR
撮影設定:ISO6400/ATOMOS NINJA INFERNO外部記録

暗部が潰れずにハイライト部までバランスよく記録されていますが、ノイズが目立つ映像となりました。
Log撮影全般に言える事ですが、F-Logのグレーディング前の映像は、ほかのガンマカーブに比べて広い階調を記録しているために暗部のノイズが目立ちやすくなっています。
※正しい露出での撮影後、編集で適切な明るさにグレーディングすることでノイズの少ない映像に仕上げることが出来ます。

グレーディング後

目立っていた暗部のノイズもグレーディング後には目立たなくなりました。
グレーディング後に「ノイズが気になる」といった結果にならないように、F-Log撮影する場合は、事前にテスト撮影を行い、グレーディングを含め最終の画質を確認するのがオススメです。
また、新機能「4Kフレーム間NR」や編集ソフト側でのノイズ処理を行うのも高感度ノイズ対策には効果的です。


・「ETERNA(エテルナ)」のLUTを適応できる

「F-Log」を使用するメリットの一つがこのLUTを使用できる点ではないでしょうか。
ETERNAは「永遠なるもの」を語源に持ち、 「永遠に残る傑作・名作を映像クリエーターの皆さまに創造していただきたい」との願いが込められ、今まで様々な映像作品に使用されてきました。
この映画用フィルムのルックを個人でも気軽に使えるのは大変魅力です。
使用は本体内のフィルムシミュレーションでも可能ですが、編集時にルックを決めたい場合にはとても便利です。


・「F-Log」4:2:2 10bit収録(ATOMOS)

SDカード収録時は「4:2:0 10bit」記録ですが、HDMIからは「4:2:2 10bit」出力が可能となり情報量が増えます。
4:2:2と4:2:0はモニターで再生するだけであれば、人間の視覚的にはほとんど違いが分からないレベルですが、色差情報には数値的な違いがあり、グレーディングなどの編集作業をされる方には大きなメリットとなります。

ProResDNxHRといった、編集に最適なコーデックで保存することで、画質や編集作業などポストプロダクションの面で有利な部分が多くなります。※Apple ProResの使用が承認されている製品(公式サイトが開きます)
今回はX-T3での収録を行いましたが、ATOMOSは様々なメーカーのカメラに対応しています。例えば、お問い合わせの多いSONY α7IIIでは一般的に下図の様なワークフローとなります。(X-T3も大まかなワークフローは同じです)

SONY α7SII+ATOMOSの紹介記事はコチラ⇒【ATOMOS】 4K収録の強い味方、SHOGUN × α7SIIで4K収録を試す

マップカメラはATOMOS製品の正規販売店です。
新品・中古、純正アクセサリーも各種お取り扱いございますので、ご気軽に在庫状況・価格お問い合わせください。


・・・・・

少し前まで動画機能に強いメーカーと言えば"Panasonic"や"SONY"をイメージする方が多かったのではないでしょうか。
そんな中、FUJIFILMは4K/60P、10bitなどプロ仕様の動画性能を搭載した「X-T3」を発売。
また、専用のシネレンズ「MKシリーズ」をラインナップさせるなどFUJIFILMのミラーレス動画市場への本気度が伺えます。
同社のレンズは既に放送・映画界では「FUJINON」というブランドで広く知られており、憧れのシネレンズがマウントアダプター無しでネイティブに使えるのは魅力の一つです。
「X-T3」をはじめ、今後のXシリーズの4K動画は、新しいデジタルシネマの形を作る存在となっていくのではないでしょうか。

▼映像関連ブログのバックナンバーはこちら▼

null
null

▼おススメ機材▼



〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2019年05月13日 11時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 【増税前にデビュー】ヨコハマワイドスナップ 2019年09月22日
筆者は神奈川県出身で、横浜は何度も訪れたことはある地なのですが、 気が付けばいつも人との用事で赴くことばかりで、撮影のために訪れるのは初めてでした。 今回使用するレンズはM.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0です。 購入してから何か月か経ってしまい、撮影に使用するのは初めてとなります。 普段、望遠系のレンズで一部を切り取る撮影に慣れているせいか、 自分の影や通行人の姿など、余計なものが写りこんでしまうことがありました。 そのためお見せできるショットは少し...
続きを読む
【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 動物瞳AF 【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 動物瞳AF 2019年09月21日
α7RIV + FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS / 400mm F5.6 SS 1/4000 ISO 1600 SONY α7RIV × 超高画素&動物対応瞳AFの実力 今年のαシリーズはハードウェアの進化とともに、ソフトウェア面でも大幅な進化がありました。 その中でもミラーレス業界初の動物対応 リアルタイム瞳AFに驚かれた方も多いと思います。 私も犬を飼っており、動物瞳AF機能の恩恵を受けたユーザーの1人でした。 α7IIIに搭載された動物瞳AFで撮影した愛犬はどれも目元にびしっとピントが合っており、衝撃を受けた事を良く...
続きを読む
はじめてのマクロレンズ 【増税前にデビュー】はじめてのマクロレンズ 2019年09月21日
雨の雫を撮影してみたかったんです。 世の中には素敵な雫写真が沢山あるので、 真似したくなりました。 そうはいっても雨の日にカメラを持ち出す気にはなれず。 雨上がりでの撮影チャンスにもなかなか出会えず。 ということで無理やり庭に水をまいて撮影することにしました。 くつろいでいた虫達が逃げ回っております。 今回使用した機材はこちら。 『PENTAX KP』 『PENTAX HD DA35mm F2.8 Macro Limited』 「HD DA35mm F2.8 Macro Limited」は、 小型で携帯性もよく「KP」との相性も抜...
続きを読む
【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 2019年09月20日
ようやく過ごしやすい気温になってきました。 個人的に夏は好きなので名残惜しいですが、秋は紅葉などの風景写真を撮る楽しみがあります。 とは言うもの、私はまだ夏気分を捨てきれないので、 少しばかりですが涼しい金魚たちを使用したカメラと共にご紹介させてください。 Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM 何やら怪しげな雰囲気を漂わせる作品です。 よく見ると金魚が泳いでいます。 今回使用したレンズは「Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM」です。 選んだ理由は全ての要求を満たしていたから、...
続きを読む
7RM4 - Otus 55 【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 世界最高の標準レンズ 2019年09月20日
ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Carl Zeiss Otus 55mm F1.4 マウントアダプター:SIGMA MC-11 キャノンEF用/ソニーE用 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 SONY α7RIV × Carl Zeiss Otus  カールツァイスの中でも圧倒的なパフォーマンスで他の追従を許さないレンズ『Otus』のラインナップ。今回は標準レンズとして位置する『Otus 55mm F1.4』と、フルサイズカメラ世界初、有効画素数6100万画素を持つ『SONY α7RIV』を使用して撮影を行いました。  甲州街道沿いの駐輪場で撮影し...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]