Select Language

【Nikon】開放F値1.2!1977年生まれの元祖ノクトの作例

[ Category: Nikon|掲載日時:2020年01月24日 17時30分]

先日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。本日は、元祖ノクトニッコールを最新のボディであるZ7と組み合わせて、すべて開放F値1.2で撮影してきました。1977年(昭和52年)生まれの実力やいかに!



null
ショーウインドウに飾られたスパンコールが付いたバッグ。ベージュ系の優しい色合いの服飾に似合うやわらかい描写です。



null
街角に貼られたステッカー群。目が合った気がして、赤いタコにピントを合わせました。



null
学校の花壇に植えられた黄色い花。こちらに向いて主張していた一輪を主役に選びました。F1.2の力で、脇役たちがきれいにボケてくれています。



null
null
null
null
null
上から順に、水仙、桜、ホワイトパウダーパフ。花のアップを撮ると、背景のボケ味の美しさがより際立ちます。ホワイトパウダーパフの白くふわふわした部分は花びらではなくおしべです。



null
みかんがたくさん生っていました。



null
null
よく見ると小さな花が咲いています。優しい写りですがピントが合った部分は精細に描写されます。



null
null
木の皮を撮るのが好きです。この木は表面が波打っており、F1.2のピントの薄さがよくわかります。



null
null
スズメたちがおしゃべりしていました。58mm単焦点ということで少し近寄りたかったのですが、筆者がゆっくり動くと察して飛んで行ってしまいました。




null
あくびをする仔犬。マニュアルフォーカスですが、なんとかあくびのタイミングに間に合いました。当レンズの優しい写りは、こういった写真を撮るのにぴったりです。



nullnull
ティファニーカラーの珍しいタイプライター。金属部分の光の反射とF1.2の大きなボケが相まって、おしゃれな雰囲気で撮れました。



null

最新のノクトの描写は先日のブログでお伝えしたとおり素晴らしいですが、1977年(昭和52年)生まれのノクトの優しく味のある描写もまたたまらないものがあります。なによりF1.2にもかかわらずこの軽さ、そして大きな美しいボケ味を持っているのは、何十年経った今でも唯一無二の存在と言えるでしょう。ぜひお試しください!









〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: Nikon|掲載日時:2020年01月24日 17時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!11票


【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~

【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~[2020年02月18日]

皆さま、こんにちは。 MapCameraの店舗のある新宿は暖かいなぁと感じる日がだんだんと多くなってきました。 さて、今回はLeica M10-PとNOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VMを使って写真を撮ってきました。 VMとはVoigtlander Mマウントの略です。 VoigtlanderのBessaシリーズをはじめとしてM型ライカのカメラにも装着することが出来ます。 まずは開放F1.5。優しいピント面からなだら...
続きを読む
光害カットフィルター「StarScape」の魅力

【marumi】光害カットフィルター「StarScape」の魅力[2020年02月17日]

α7RⅣ + FE24-70mm F2.8 GM + M100 + StarScape for M100 + ND8 65mm | F8 | 31s | ISO100 東京都江東区にて 古今を問わず、写真撮影の応用として、「特殊な効果」を持ったフィルターは大変人気です。例えば、「C-PLフィルター」「NDフィルター」等はその中でも定番です。更に特殊なものとして、カラーフィルターやソフトフィルター、クロスフィルターなんかがありますが、昨今では夜景を...
続きを読む
【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】

【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月16日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『4K動画×手ブレ補正』 手持ちでシネマクオリティを実現するOM-D Movie 4K動画撮影機能はもちろん、E-M1 X...
続きを読む
null

私の現像レシピ[2020年02月15日]

先日、自分でフィルム現像をしていて本当に良かったなぁと感じたことがありました。 カメラ屋さん「ご自身で現像されたんですか?」 私「ええ、意外と簡単ですよ。」 カメラ屋さん「私も興味がありまして... 暗室でですか。」 私「いえ、暗室がなくてもできますよ。私はお風呂場を暗室の代わりにしてやってます。」 カメラ屋さん「すごい、私もやってみようと思います。」 自家現像...
続きを読む
【Laica】ひだまりの暗箱、詠う蛹

【Leica】ひだまりの暗箱、詠う蛹[2020年02月15日]

のぼる朝日は靄を帯びて、 窓からのぞく歩道は白く歪んでみえます。 鼻をすする声と軽快な足音が入り混じる街は 少し早めの春の訪れを感じさせます。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 この度はライカブティック 7周年にあやかりまして 7枚の御手と少しのおまけを 撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 『愛昧』 さて、いきなりで大変恐縮ですが ...
続きを読む