Select Language

【Nikon】開放F値1.2!1977年生まれの元祖ノクトの作例

[ Category: Nikon|掲載日時:2020年01月24日 17時30分]

先日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。本日は、元祖ノクトニッコールを最新のボディであるZ7と組み合わせて、すべて開放F値1.2で撮影してきました。1977年(昭和52年)生まれの実力やいかに!



null
ショーウインドウに飾られたスパンコールが付いたバッグ。ベージュ系の優しい色合いの服飾に似合うやわらかい描写です。



null
街角に貼られたステッカー群。目が合った気がして、赤いタコにピントを合わせました。



null
学校の花壇に植えられた黄色い花。こちらに向いて主張していた一輪を主役に選びました。F1.2の力で、脇役たちがきれいにボケてくれています。



null
null
null
null
null
上から順に、水仙、桜、ホワイトパウダーパフ。花のアップを撮ると、背景のボケ味の美しさがより際立ちます。ホワイトパウダーパフの白くふわふわした部分は花びらではなくおしべです。



null
みかんがたくさん生っていました。



null
null
よく見ると小さな花が咲いています。優しい写りですがピントが合った部分は精細に描写されます。



null
null
木の皮を撮るのが好きです。この木は表面が波打っており、F1.2のピントの薄さがよくわかります。



null
null
スズメたちがおしゃべりしていました。58mm単焦点ということで少し近寄りたかったのですが、筆者がゆっくり動くと察して飛んで行ってしまいました。




null
あくびをする仔犬。マニュアルフォーカスですが、なんとかあくびのタイミングに間に合いました。当レンズの優しい写りは、こういった写真を撮るのにぴったりです。



nullnull
ティファニーカラーの珍しいタイプライター。金属部分の光の反射とF1.2の大きなボケが相まって、おしゃれな雰囲気で撮れました。



null

最新のノクトの描写は先日のブログでお伝えしたとおり素晴らしいですが、1977年(昭和52年)生まれのノクトの優しく味のある描写もまたたまらないものがあります。なによりF1.2にもかかわらずこの軽さ、そして大きな美しいボケ味を持っているのは、何十年経った今でも唯一無二の存在と言えるでしょう。ぜひお試しください!









〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: Nikon|掲載日時:2020年01月24日 17時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!14票


SONY α7III×Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO

【SONY】水槽の生きものがかわいい!【Tokina】[2020年04月01日]

少し前になりますが、「SONY α7III」と「Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO」を組み合わせて、水族館へ撮影に行ってきました。 水族館といってもペットショップくらいの広さで、いつ行っても空いています。 じっくり見学できて良いと、私はこの穴場を大変気に入っており、たまに訪れるのです。 こちらはキイロハギ。 口がひょっとこのように突き出ています。 カクレクマノミがイソ...
続きを読む
私の一番好きなカメラ

【マップカメラスタッフ10人に聞いた!私の一番好きなカメラ】[2020年04月01日]

4月1日。1年のうちたった一日だけ、嘘吐きが許される日です。 そんな日だからこそ、誰かを楽しい気持ちにさせる嘘をつきたいものですね。 さて、今回は【マップカメラスタッフ10人に聞いた!私の一番好きなカメラ】というタイトルです。 寝ても起きてもカメラの事を考えているマップカメラスタッフは、いったいどんなカメラが好きなのか。 独断と偏見大歓迎、本日限りの特別企画です...
続きを読む
indoor ~Lens Taste in April~

【indoor】~Lens Taste in April~ 2020.04.01[2020年04月01日]

本日の機材 Nikon Z6 + NIKKOR Z 24-70mm F4 S var forcia_var = { JAN_CODE: "4960759901484,4960759149534" ,LIMIT: "2" ,SELL:"new" }; var forcia_var = { JAN_CODE: "4960759901484,4960759901514...
続きを読む
お散歩

【Hassel blad】フィルム散歩[2020年03月31日]

妻、「天気いいし、散歩しましょう!」 少し前のことですが、妻と二人で多摩川まで散歩に出かけました。 自宅から徒歩だとちょっと距離があるのですが、冬にしては暖かな午後、休日は家でゴロゴロが当たり前の私を見かねての妻の決断です。 私、「……」 従うしかありません。 まぁ、どうせならと、今回お伴に選んだのは(…勿論、一番のお伴は妻ですが……)、ハッセルブラッド 500C/Mにプ...
続きを読む
邂逅、Leica M4

【Leica】邂逅、Leica M4[2020年03月31日]

ライカって、どんなカメラだろう カメラといえばどんな形?…カメラと言われて思い浮かぶ形には、ある程度の共通点があると思います。 例えば、CanonやNikonのデジタル一眼レフの形であったり、ローライのような二眼レフであったり、ディアドルフやリンホフの大判カメラであったり、ポラロイドのような形状を想像する方もいるかもしれません。 そのような「代名詞的な存在」のカメラた...
続きを読む