Select Language

【Leica】手放せないカメラはありますか。

[ Category: Leica|掲載日時:2020年02月08日 11時00分]


2月に入り東京もグッと寒さが増してきました。
カメラを握る手も悴みます。

唐突ですが皆さんはフイルムカメラを使用しますか。
私は初めてカメラを持った時からデジタルでしたので、デジタルカメラの方が馴染み深いです。
たまの気分転換や、長く記録に残したいものがある時にフイルムを使用することはあります。
気分転換という意味で言うと、フイルム写真は出来上がりを見るまでの緊張感が格別ですよね。
撮っている時もデジタルと比べて1枚1枚噛み締めて撮っている気持ちがあります。

そんな私のフイルムカメラ事情を今回はご紹介させて頂こうと思います。
是非お付き合いください。

せっかくの機会ですので、カメラバッグとお出かけセットもご紹介いたします。

最近は肩掛けのカメラバッグがお気に入りです。速写性に優れ、バッグ内へのアクセスが素早く行えます。なによりこの渋いキャンパス生地と佇まいが魅力的です。
iPhone Xs
thinkTANKphoto(シンクタンクフォト)のRetrospective®︎7(レトロスペクティブセブン)です。
このシリーズは大きさ毎にいくつも種類があるのでそれぞれ自分にあった用途や容量で選べるのが嬉しいです。

iPhone Xs
前面フラップにはサイレンサーが採用されており、状況に応じてマジックテープの音を立てることなく、開閉を妨げずに使用できるよう工夫がなされています。
またレインカバーが付属しているのも頼もしいです。

iPhone Xs
背面ポケットにはタブレットや電子書籍を忍ばせておいて移動時間に読んでいます。

それでは中身を出してみます。
iPhone Xs
カメラボディはCONTAX(コンタックス)G2ブラックとLeica(ライカ) R9 アンスラサイト
レンズはCONTAX(コンタックス)Biogon T*28mm F2.8(G)とLeica(ライカ)ズミクロン R50mm F2(ROM)です。

過去にはライカ・コンタックス論争なるものが盛大に繰り広げられた程の2大メーカー。ブランドとも言うべきでしょうか。
この2つのブランドのカメラを同時に持ち歩くなど当時の人には考えられなかったことでしょう。
少しそわそわします。

CONTAX(コンタックス)G2 + CONTAX(コンタックス)Biogon T*28mm F2.8(G)+ 富士フィルム業務用100
CONTAX(コンタックス)G2 + CONTAX(コンタックス)Biogon T*28mm F2.8(G)+ 富士フィルム業務用100

熱海の高台にある駐車場での1枚。私は夏が恋しいです。
業務用フィルムは非常にお手頃価格なので、まさに気軽に使えるフイルムの1つです。
CONTAX(コンタックス)G2はAFレンジファインダーというカテゴリーを作ったCONTAX(コンタックス)G1の上位機として1996年に発売。
ファインダーはズーム式でパララックスも補正され、AFも機能するという変わったスタイルのレンジファインダーカメラです。

Leica(ライカ) R9 アンスラサイト + Leica(ライカ)ズミクロン R50mm F2(ROM) + Kodak Color Plus 200
Leica(ライカ) R9 アンスラサイト + Leica(ライカ)ズミクロン R50mm F2(ROM) + Kodak Color Plus 200

バッグに余裕がある時、たくさん撮りたいなと思う時はボディを2台持って出かけます。
途中でレンズ交換をしなくても良いようにです。レンズ交換はシャッターチャンスを逃したり、埃などの混入であったり何かと気を遣うものです。
できるだけシャッターを切る瞬間に集中して楽しめるようにという考えからです。

Leica(ライカ) R9 アンスラサイト + Leica(ライカ)ズミクロン R50mm F2(ROM) + ILFORD DELTA100
Leica(ライカ) R9 アンスラサイト + Leica(ライカ)ズミクロン R50mm F2(ROM) + ILFORD DELTA100

Leica(ライカ) R9はマニュアルフォーカスの一眼レフカメラです。
1996年発売のR8の改良機、トップカバーが亜鉛ダイキャストからマグネシウム合金に変更されました。
軽量化やフイルムカウントが肩部分にも増えた等、細かな仕様変更はありますがここでは割愛します。
R7までのミノルタ製カメラをベースとした設計からガラリと姿を変え、ライカ独自開発設計となり全く異なるカメラへと変貌を遂げたのです。

Leica(ライカ) R9 アンスラサイト + Leica(ライカ)ズミクロン R50mm F2(ROM) + ILFORD DELTA100
Leica(ライカ) R9 アンスラサイト + Leica(ライカ)ズミクロン R50mm F2(ROM) + ILFORD DELTA100

2019年は空前のタピオカブームが到来しました。タピる、と言う単語は流行語大賞ノミネート30語にも選ばれました。

少しアクセサリーの話もしましょう。
レンズ交換をしない、とは言ってもブロワーは持っていきます。
VSGOのノズル取り替え式ブロワー、V-BO2。とても気に入っています。ノズルが長短と交換できたり、
底面に吸盤がついていて転がってしまうのを防止できたり、噴射力が安定しいるであったり、とても優秀です。

CONTAX(コンタックス)G2 + CONTAX(コンタックス)Planar T*35mm F2(G) + 富士フィルム業務用100
CONTAX(コンタックス)G2 + CONTAX(コンタックス)Planar T*35mm F2(G) + 富士フィルム業務用100

レンズペンやワイプも念のためバッグに入れておきます。特に嵩張るアイテムでもないですし、いざという時には頼りになります。
レンズペンは魚眼用やフィルター用などいくつか種類があるので選ぶ際には注意が必要です。
カールツアイスのレンズワイプ、拭き跡が残りにくく小分けで使い切り、携帯性にも優れており重宝しています。

Leica(ライカ) R9 アンスラサイト + Leica(ライカ)ズミクロン R50mm F2(ROM) + Kodak Color Plus 200
Leica(ライカ) R9 アンスラサイト + Leica(ライカ)ズミクロン R50mm F2(ROM) + Kodak Color Plus 200

替えフイルムも何本か持っていきます。同じフイルムを持っていくことは滅多にないのですがそれは、
色々な種類から選べたほうが楽しいからです。皆さまは同じものを持っていきますかそれともバラバラでしょうか。

CONTAX(コンタックス)G2 + CONTAX(コンタックス)Planar T*35mm F2(G) + Kodak Color Plus 200
CONTAX(コンタックス)G2 + CONTAX(コンタックス)Planar T*35mm F2(G) + Kodak Color Plus 200

CONTAX(コンタックス)G2はオートフォーカスが使えるので比較的気軽に撮り歩けますが、その反面ピントを追い込めるほどの機能が備わっていないので(ボディ左肩部分に距離数値表示とファインダー内に大まかな距離計表示はある)シビアな撮影やピントの追い込みは、お世辞にもできるとは言えません。
その点は理解した上で受け止めて付き合っていきましょう。

Leica(ライカ) R9 アンスラサイト + Leica(ライカ)ズミクロン R50mm F2(ROM) + Kodak Ektar100
Leica(ライカ) R9 アンスラサイト + Leica(ライカ)ズミクロン R50mm F2(ROM) + Kodak Ektar100

Leica(ライカ) R9 アンスラサイト + Leica(ライカ)ズミクロン R50mm F2(ROM) + Kodak Ektar100
Leica(ライカ) R9 アンスラサイト + Leica(ライカ)ズミクロン R50mm F2(ROM) + Kodak Ektar100

LEICA R9のファインダーは非常に見やすくピン合わせもしやすいです。ボディは決して小さくはないですが、ボディ形状は手に馴染みグリップが十分に確保されていて安心感を持ってシャッターを切れると感じます。
手動でのフイルム送りには趣があり、写真を撮っている実感を与えてれます。

Leica(ライカ) R9 アンスラサイト + Leica(ライカ)エルマリート R35mm F2.8 フード組込(3-CAM) + 富士フィルム業務用100
Leica(ライカ) R9 アンスラサイト + Leica(ライカ)エルマリート R35mm F2.8 フード組込(3-CAM) + 富士フィルム業務用100

フイルムカメラでの三脚使用はどことなく緊張感がありました。
原宿駅も老朽化に伴って取り壊しが決定し、来月3月21日から新駅舎共用開始予定。
もう今しか撮れないと言うことです。

Leica(ライカ) R9 アンスラサイト + Leica(ライカ)ズミクロン R50mm F2(ROM) + 富士フィルム業務用100
Leica(ライカ) R9 アンスラサイト + Leica(ライカ)ズミクロン R50mm F2(ROM) + 富士フィルム業務用100

すでに新駅舎は旧駅舎も覆うようにできています。
是非皆さまにも写真や映像におさめておいて頂きたいです。

Leica(ライカ) R9 アンスラサイト + Leica(ライカ)ズミクロン R50mm F2(ROM) + Kodak Ektar100
Leica(ライカ) R9 アンスラサイト + Leica(ライカ)ズミクロン R50mm F2(ROM) + Kodak Ektar100(デジタイズ後にモノクロ変換)

根強い人気があるフイルム写真ですが、価格は年々高騰しお財布への風当たりは冷たくなる一方です。
私もなんとか踏ん張ってフイルムカメラ、フイルム写真を大切に楽しんでいこうと思います。

今回は少し長くなりましたがお付き合いありがとうございました。

皆さまも素敵なカメラライフをお楽しみください。

Leica(ライカ) R9 アンスラサイト + Leica(ライカ)ズミクロン R50mm F2(ROM) + FUJIFILM(フジフイルム)ネオパン100 ACROS Ⅱ
Leica(ライカ) R9 アンスラサイト + Leica(ライカ)ズミクロン R50mm F2(ROM) + FUJIFILM(フジフイルム)ネオパン100 ACROS Ⅱ






↓今回使用した機材はコチラ!↓





〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓








[ Category: Leica|掲載日時:2020年02月08日 11時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!35票


邂逅、Leica M4

【Leica】邂逅、Leica M4[2020年03月31日]

ライカって、どんなカメラだろう カメラといえばどんな形?…カメラと言われて思い浮かぶ形には、ある程度の共通点があると思います。 例えば、CanonやNikonのデジタル一眼レフの形であったり、ローライのような二眼レフであったり、ディアドルフやリンホフの大判カメラであったり、ポラロイドのような形状を想像する方もいるかもしれません。 そのような「代名詞的な存在」のカメラた...
続きを読む
【Leica】The World of Monochrom Episode V

【Leica】The World of Monochrom Episode V[2020年03月31日]

Leica M10 monochrome+Leica Summilux 50mm F1.4 ASPH. ライカブティックスタッフがM10 モノクロームをリレーしていく連載ブログ The World of Monochrom Episode Vです。 今回はLeica Summilux 50mm F1.4 ASPH.とCarlZeiss C Sonnar 50mm F1.5 それとNOKTON 35mm F1.4 MC VM MapCamera 25th Editionを使用しました。 Episode Vと聞くと雪だなぁ。と思っていたら…見事に降りました。 少し...
続きを読む
Episode II

【Leica】The World of Monochrome Episode IV[2020年03月24日]

各スタッフが使うM10モノクロームの世界。 今回は第4弾。ストリートスナップで見せる陰影の世界。 先代のMシリーズから更に「身体的に撮影」ができるその理由を感じ取って頂ければ幸いです。 今回使用したレンズはCarlZeiss Distagon 18mm F4 ZMとvoigtlander NOKTON 21mm F1.4 Aspherical。 新旧広角対決…と行きたいところですがやはりどちらの良さも際立つ結果となりました。 ...
続きを読む
Episode II

【Leica】The World of Monochrome Episode III[2020年03月17日]

ライカブティックスタッフがM10 モノクロームをリレーしていく連載ブログ The World of Monochrom 早くもEpisode IIIです。 Episode IIIと聞くと、なんだか暗黒面の気配が…。 それで、という訳ではありませんが、 モノクロ写真を撮ると、フィルムの頃から黒め(暗め)の写真を撮りがちです。 増感してコントラストを上げて、階調とは何処へ…。という写真ばかりでした。 あの頃の自分は何...
続きを読む
【SONY / Leica】うちのワンコ

【SONY / Leica】うちのワンコ[2020年03月15日]

わが家にワンコが来て半年になる。 パピヨンと、おそらくジャックラッセルか何かのMIX犬。 年齢は推定3歳の女の子。 元々はブリーダーの所で飼われていたのだが、その環境が劣悪で動物保護団体がレスキューに入り、救い出されたのだ。 狭いケージから出される事もなく、仔犬を産むためだけに飼われていた彼女。 保護された時は今の体重の半分くらいしかなかったらしい...
続きを読む