Select Language

【街で見つけた形にフォーカス】しぐまびより Part34【SIGMA】

[ Category: SIGMA|掲載日時:2020年01月31日 22時05分]


まる、さんかく、しかく。

一度(ひとたび)意識を向けてみれば
世の中は形で出来たものばかり。
写真だって形にすれば四角形。
というわけでひねくれものは街に形を探しに出掛けます。

SIGMA fp * SIGMA Art 24-70mm F2.8 DG DN

たまに唐突に神田駅と秋葉原駅の線路沿いを歩きたくなります。
今回もそのつもりだったのですが気まぐれに向かった反対側。

所狭しと四角形。
立ち並ぶビルも立派な四角形です。
何個の数の四角形があるのか、、数え始めてすぐ止めました。

SIGMA fp * SIGMA Art 24-70mm F2.8 DG DN

丸形(立体的に考えて)と三角の立塔。
そしてやっぱり四角形。
空を切り取ってみるだけで四角形が生まれます。

SIGMA fp * SIGMA Art 24-70mm F2.8 DG DN

三角不足な私に天の恵み。
これほど立派な三角を見つけられたのはラッキーでした。
斜光がきれいです。そしてやはりここにも四角形。

SIGMA fp * SIGMA Art 24-70mm F2.8 DG DN

この時、この瞬間にしか入れない扉です。
そんなつもりで撮った一枚。
こういう光の悪戯みたいなものを撮れたときは嬉しくなります。

SIGMA fp * SIGMA Art 24-70mm F2.8 DG DN

まる、さんかく、しかく
全ての要素が詰まった夢のような建築物。
もうこれで今日の目標は達成した気分です。
でももう少しだけこの散歩は続くのです。

SIGMA fp * SIGMA Art 24-70mm F2.8 DG DN

この美しい直角線。
見上げることで圧縮されもはやビルであるかもわからない状態。
いつもとは別の視点で被写体を探すきっかけになって
今回の「まる、さんかく、しかく」はいい刺激になりました。

SIGMA fp * SIGMA Art 24-70mm F2.8 DG DN

曲線美、なんていいますが
直線とはまた違う魅力があります。

SIGMA fp * SIGMA Art 24-70mm F2.8 DG DN

はい、ぐるっと周って神田駅のほうに戻ってきました。
このレンガの色が綺麗だなぁと思いながら歩き続けます。
どちらに歩くのかで街の感じが別世界。
東京はエリア一つ一つが小さい代わりに
その場所その場所の個性が見えるのが面白いです。

SIGMA fp * SIGMA Art 24-70mm F2.8 DG DN

さて、一応しぐまびよりとしても書いているので
今回の組み合わせの感想を。
「Art 24-70mm F2.8 DG DN」を「SIGMA fp」で使用するなら
「HG-11」があるとグリップ感が増して持ちやすいと思います。
ただ、ノングリップで撮影にのぞんだ感想としては
なくても大丈夫なくらいのサイズと重量です。(ストラップは装着)
大三元の一本がこのサイズで使えるというのは改めて考えると驚きです。

省サイズ化による解像への影響はどうか。
今回だけで図れるものではありませんがざらついた壁の質感も
しっかり描写してくれることは確認出来ました。
(あんまり言うと大袈裟に思われてしまうのであっさり言ってますが実は結構驚いてます)

SIGMA fp * SIGMA Art 24-70mm F2.8 DG DN

どちらかといえば実用向け。
個性を楽しむレンズではないかなと思っていましたが
ズーミングによる撮影の幅や意外な発見があったので
思った以上に撮影を楽しんでおりました。

改めておすすめする必要すらないほどにおすすめな大三元レンズ。
今回の企画に持ち出して大正解のレンズでございました。

それではまた次の機会に。

SIGMA fp * SIGMA Art 24-70mm F2.8 DG DN








〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category: SIGMA|掲載日時:2020年01月31日 22時05分]

面白いと思ったらコチラをClick!13票


【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”

【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”[2020年02月19日]

皆様一眼レフ使っていらっしゃいますか? ここ最近はミラーレスの隆盛ですっかり影をひそめてしまった一眼レフですが、ここにきてニコンから待望のビッグネームが登場しました。 その名もD780!名機と名高いD750の後継機です。 今回の記事では、カタログスペックでは解らない細かい所について掘り下げます。 せっかくなので、わが愛機であり直接のライバルとなるであろうCanon EOS 6D MarkⅡとの...
続きを読む
【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~

【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~[2020年02月18日]

皆さま、こんにちは。 MapCameraの店舗のある新宿は暖かいなぁと感じる日がだんだんと多くなってきました。 さて、今回はLeica M10-PとNOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VMを使って写真を撮ってきました。 VMとはVoigtlander Mマウントの略です。 VoigtlanderのBessaシリーズをはじめとしてM型ライカのカメラにも装着することが出来ます。 まずは開放F1.5。優しいピント面からなだら...
続きを読む
光害カットフィルター「StarScape」の魅力

【marumi】光害カットフィルター「StarScape」の魅力[2020年02月17日]

α7RⅣ + FE24-70mm F2.8 GM + M100 + StarScape for M100 + ND8 65mm | F8 | 31s | ISO100 東京都江東区にて 古今を問わず、写真撮影の応用として、「特殊な効果」を持ったフィルターは大変人気です。例えば、「C-PLフィルター」「NDフィルター」等はその中でも定番です。更に特殊なものとして、カラーフィルターやソフトフィルター、クロスフィルターなんかがありますが、昨今では夜景を...
続きを読む
【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】

【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月16日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『4K動画×手ブレ補正』 手持ちでシネマクオリティを実現するOM-D Movie 4K動画撮影機能はもちろん、E-M1 X...
続きを読む
null

私の現像レシピ[2020年02月15日]

先日、自分でフィルム現像をしていて本当に良かったなぁと感じたことがありました。 カメラ屋さん「ご自身で現像されたんですか?」 私「ええ、意外と簡単ですよ。」 カメラ屋さん「私も興味がありまして... 暗室でですか。」 私「いえ、暗室がなくてもできますよ。私はお風呂場を暗室の代わりにしてやってます。」 カメラ屋さん「すごい、私もやってみようと思います。」 自家現像...
続きを読む