Select Language

二眼レフは、いかがですか?!  その7

[ Category: etc.|掲載日時:2008年07月24日 21時00分]
先日、浅草のほおずき市に行ったところ、若い女性の方がローライフレックスで撮影されている場面に遭遇しました。
「うーん、格好いい!」 女性が肩から二眼レフ下げている姿って、すごく絵になりますよね。素敵です。

 そこで、街中でもっとオシャレにローライを使っていただきたく、どーでしょう?!


  モデルがいなかったので、うちのドラで・・・ 頭でかくて、一度外さないと入らなかった・・・

 ご存知の方も多いと思いますが、ローライフレックスのEやF、現行のFXは「カニ爪ストラップ」という特殊な金具のついた専用ストラップが必要です。 これはローライ以外では作っておらず、純正品が¥13000以上します。 中古でも¥7000~8000くらいしますし、細い一枚革なので劣化が心配。


  カニ爪ストラップ・・・かなり革部分が疲れています。もし、プチッといったらと思うと・・・

 お客様からもよく、何か代わりのものはないの?とお問い合わせを受けるのですが、そんな時「お客様の自己責任でということでしたら・・・」と前置きしたうえで紹介しているのが、次の方法。

 ストラップ環(特にニコンのものが小さくてベスト)を用意し、ボディのストラップ取り付けのアイレットにはさみ込むようにします。 アイレットの内側にはカニ爪が引っかかる心棒のようなものがありますので、そこにストラップ環が巻きつくようにラジオペンチなどで回してください。 その際、アイレットに傷が付きやすいので、テープなどでマスキングしておくのも手です。


 1年ほど前の「日本カメラ」にも同様の方法が裏技的に紹介されていましたが、私はその前から実際にこれで撮影していました。 ただこの方法だとケースがつけられなくなりますので、ご自分の使用法に合わせてご検討ください。

 確か「日本カメラ」では、ドンケのストラップをつけていました。 滑り止めのゴムが縫いこまれているので、とても適しているとは思いますが、先程「もっとオシャレに・・・」と言った以上、ここはやっぱり当社オリジナルのレザーストラップLS-4000をお勧めします! 黒や茶系のほか、レッド・ネイビーなど全7色のラインアップ!! 他にも文字通り13色揃えたLS-13やこの夏お目見えの新シリーズLS-501などもございますので、是非どうぞ!!


  というわけで、もう一度、今度はもっとアップで・・・ あ、でもホントにこれで銀座歩いてたら、初老の紳士に「洒落てるねぇ!」って誉められたんですよ。 ・・・でも、ドラにローライも似合うなぁ・・・ 携帯の待ち受けにするので、このへんで続く。 (文責・イット)





[ Category: etc.|掲載日時:2008年07月24日 21時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!238票


Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4

【M42】スーパータクマー 50mm F1.4の魅力【PENTAX】[2020年01月23日]

今回はスーパータクマー50mm F1.4のレンズを使用し、撮影した写真をご紹介します。 使用カメラはCanon EOS 5D Mark IVです。 この日は、よく撮らせてもらっている友人と袴撮影をしました。 豪快なフレア・ゴーストを撮影できるのが大きな特徴のひとつです。 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 あえて逆光で撮影をし...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】ミラーレスで行くさんぽみち~成田参道~ 【Nikon】[2020年01月22日]

先日、久しぶりに成田参道を成田山に向かってぶらぶらと散歩に出かけてみました。 今回のお供はNikon Z50 16-50kitです。 この組み合わせのコンパクトさは素晴らしいと思います。 手元に構えても大きさがまったく気にならない。 グリップのホールディングの良さは歴代のニコンの機体から受け継がれたものを感じられます。 さて、1月の土・日曜日といえば成田の街中は人混みですごいイメー...
続きを読む
null

【Nikon】元祖Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct × 最新NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct の外観を比べてみまし...[2020年01月22日]

昨日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。 本日は歳の差 なんと約42歳! 『新旧 Noctノクト』を最新のNikon Z7に装着し、外観をじっくり比較してみたいと思います。 まずは元祖Noctのプロフィールからご紹介。 このレンズの誇るべきポイントは3つ。 1.サジタルコマフレアを開放から補正 2.6群7枚の変形ガウスタイプレンズ構成 3.線が細...
続きを読む
NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct で開放一本勝負!【カメラを愉しむ vol.9】[2020年01月22日]

受注生産モデルの新生Noct「Nikon NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」 実はこのレンズ、100万円を超える価格帯ながら予約殺到によりメーカーでのご予約を一時休止している希少品! 前回は外観をじっくり観察しましたが、今回はなんと『開放 F0.95』だけで撮影した作例を一挙ご紹介。 開放でも『ピント部の驚くべき立体感』 逆光では『太陽の暖かさを感じるボケ味』 それでは写真をご覧ください...
続きを読む
Nikon Z7 × NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct をZ7に装着してみました【カメラを愉しむ vol.8】[2020年01月21日]

2019年10月12日に受注を開始した受注生産モデルの「新生Noct」。 ノクトニッコールと言えば1977年(昭和52年)に発売された「Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct」。 Nocturne=夜想曲から命名されたと言われ、中古相場では今でも状態の良い個体で60万円近い価格で取引されている伝説のレンズだ。 この伝説のノクトニッコールの歴史を現代に受け継いだZシリーズ用レンズ。 これが今回ご紹介す...
続きを読む