Select Language

二眼レフは、いかがですか?!  その12

[ Category: etc.|掲載日時:2008年09月10日 20時00分]
ローライ持って、いざ鎌倉!


(って、タイトルは気負ってますが、中身はユルユルです…)

 幸い、鎌倉まで電車で1時間弱のところに住んでいるため、ちょっと写真撮りたいなぁという気分の時の絶好のスポットになっています。 普段は、撮影7、お散歩3くらいの気持ちでハッセルに交換レンズをバッグに詰め、途中で「重いよぉ…」と後悔することもしばしばなのですが、今回はお散歩7、撮影3のまったり系。 9月6日(土)晴れ、ローライぶら下げて家を出たのは、お昼ちょっと前でした。

 JR鎌倉駅で、まずは腹ごしらえにと向ったのが、東口若宮大路二の鳥居近くのお蕎麦屋さん「なかむら庵」。 ここは私の鎌倉めぐりでは絶対に外せない場所。 というか、とりあえずここでおそばを食べてから、さてどこ回ろうかと考えるのが毎度のパターン。 いつもは店の前に行列が出来ているのに、今回土曜日にもかかわらず行列なし… もしかしてお休み?? と、一瞬慌てましたが、大丈夫、無事カウンター席につき、大冷やしなめこそばとビール! 今頃フロアのみんなは頑張って働いてるんだろうなぁ… 暑いのに大変だなぁ… 昼間っからビールなんて、みんなに悪いかなぁ… まぁいっか、休みだし…


鎌倉らしい写真… 行ったことある人なら分かってくださるかも… ローライフレックッス2.8F[プラナー]以下同じ (ローライナー1使用)

 …気持ちを改め、1日乗車券(580円)を手に江ノ電に… ここでもなぜか座れてしまい、なら江ノ島駅まで行ってしまおうと、酔いに任せてガッタンゴットン。 でも私、江ノ島自体には学生の時以来、全く上陸していないんです。 いつも途中で引っ掛かって行けずじまい… 今回もずっと気になっていた「新江ノ島水族館」へ。

 いやぁ、夏休みは終わったとはいえ、さすが土曜日。 子どもたちの多いこと、多いこと… 水槽にべたーっと張りついている子や、大きな魚に泣き叫ぶ子。 せっかくのイルカショー、お父さんに抱っこされているのに完全に反対方向の1点をじっと見つめている子(何が見えるの? 何かいるの??) …水族館って、楽しいですね。(あ、いや、お魚がね…) 来世はクラゲでもいいかな…なんて考えていたら、…あぁ、またローライ使ってない! …えーい、とりあえず亀さん!!



 水族館を出たら、目の前の片瀬海岸をお散歩。 もうこの時期ならカメラ片手でも大丈夫。 特にローライならね。 (見た目、怪しいおじさんなんで、気を使うんです…)



 もうそろそろ帰る時間かなと思いながらも、このまま鎌倉駅に直行では1日乗車券のもとが取れない… 七里ヶ浜駅で降りて、暮れゆく海岸線をローライのファインダー越しにぼんやり眺めながら、「もしかして、今の自分、ちょっと絵になってる……ふふ……」 


 うーん、ちょっと水平線傾いちゃったか… 方眼のスクリーンにすればよかった…

 …さぁ、1日乗車券のもとも取れたし…… フロアのみんなにお土産買って帰ろう! …って、結構お金使っちゃったので、安売りのせんべいでゴメンね… 続く (文責・イット) 


[ Category: etc.|掲載日時:2008年09月10日 20時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!229票


Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4

【M42】スーパータクマー 50mm F1.4の魅力【PENTAX】[2020年01月23日]

今回はスーパータクマー50mm F1.4のレンズを使用し、撮影した写真をご紹介します。 使用カメラはCanon EOS 5D Mark IVです。 この日は、よく撮らせてもらっている友人と袴撮影をしました。 豪快なフレア・ゴーストを撮影できるのが大きな特徴のひとつです。 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 あえて逆光で撮影をし...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】ミラーレスで行くさんぽみち~成田参道~ 【Nikon】[2020年01月22日]

先日、久しぶりに成田参道を成田山に向かってぶらぶらと散歩に出かけてみました。 今回のお供はNikon Z50 16-50kitです。 この組み合わせのコンパクトさは素晴らしいと思います。 手元に構えても大きさがまったく気にならない。 グリップのホールディングの良さは歴代のニコンの機体から受け継がれたものを感じられます。 さて、1月の土・日曜日といえば成田の街中は人混みですごいイメー...
続きを読む
null

【Nikon】元祖Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct × 最新NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct の外観を比べてみまし...[2020年01月22日]

昨日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。 本日は歳の差 なんと約42歳! 『新旧 Noctノクト』を最新のNikon Z7に装着し、外観をじっくり比較してみたいと思います。 まずは元祖Noctのプロフィールからご紹介。 このレンズの誇るべきポイントは3つ。 1.サジタルコマフレアを開放から補正 2.6群7枚の変形ガウスタイプレンズ構成 3.線が細...
続きを読む
NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct で開放一本勝負!【カメラを愉しむ vol.9】[2020年01月22日]

受注生産モデルの新生Noct「Nikon NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」 実はこのレンズ、100万円を超える価格帯ながら予約殺到によりメーカーでのご予約を一時休止している希少品! 前回は外観をじっくり観察しましたが、今回はなんと『開放 F0.95』だけで撮影した作例を一挙ご紹介。 開放でも『ピント部の驚くべき立体感』 逆光では『太陽の暖かさを感じるボケ味』 それでは写真をご覧ください...
続きを読む
Nikon Z7 × NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct をZ7に装着してみました【カメラを愉しむ vol.8】[2020年01月21日]

2019年10月12日に受注を開始した受注生産モデルの「新生Noct」。 ノクトニッコールと言えば1977年(昭和52年)に発売された「Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct」。 Nocturne=夜想曲から命名されたと言われ、中古相場では今でも状態の良い個体で60万円近い価格で取引されている伝説のレンズだ。 この伝説のノクトニッコールの歴史を現代に受け継いだZシリーズ用レンズ。 これが今回ご紹介す...
続きを読む