二眼レフは、いかがですか?!  その16 | THE MAP TIMES 
Select Language



二眼レフは、いかがですか?!  その16

[ Category:etc.|掲載日時:2008年11月21日 19時45分]

再びの横浜は、ヤシカ44(ただしカビあり)で…



 前回のブログ掲載後、周りから「結局、横浜までビール飲みいっただけじゃないか!」とか「作例よりもビールの写真の方が気入れて撮ったでしょ!」とか「次の日教わって赤レンガ行ってきた。ビールおいしかった!!」とか賛否両論もらいました… そんなわけで、今回はもっと気入れて(別に前回サボったわけではなく、あくまで天候が…)撮りにいくことになりました。

 で、選んだのがヤシカ44。 …またベスト判のカメラです。 プリモ ジュニア同様クランク巻き上げですが、フィルム巻き上げとシャッターチャージが別という、ローライのフレックスとコードの中間のような操作感(?)が味わえます。 巻き上げた後、右手親指でグイッとレンズ横のレバーを下げチャージ、人差し指でレリーズ。 前のヤシカDと同じ感覚ですが、ボディが小さい分、ちょっとショックが大きいか… まぁ、クランク式に慣れてる身としては、巻上げを忘れて二重露光… というような前回の失敗はなかったですが、シャッターチャンスの肝心なところで「あ、チャージ忘れてた!」 ……情けない…

 その他のスペック的な面はプリモ ジュニアと大きな差はありません。 レンズは「ヤシコール60㎜F3.5」 ファインダーも比較的明るく、ピント合わせも良好。 あとは写りに期待! …といきたいところなんですが、実はちょいと問題あり… 今回の使用カメラ、撮影レンズの後玉がかなりカビカビしているんです… 普通だったら、手は出さないってくらいのカビです。 でもね、かわいかったんですもの… 「ダメならオブジェとして飾っとくか!」って気分でした。
 …自分だけの寛ぎの空間である書斎(ナイけど)の、間接照明(ナイけど)がほのかに照らす重厚な書棚(ナイけど)の一角、スタンダール全集(ナイけど)の前にしまい忘れたおもちゃのようなグレーの小さなヤシカ44… うん、買った!

 じゃあ、どのくらいのカビかといいますと、このくらい  

 きゃぁー…
……でも、この写真、ダメもとでコンパクトデジカメをマクロモードにして、裏蓋側からカメラ突っ込んで撮ったんですが… 撮れちゃいました、カビ… ……こんな風に何でも簡単に撮れちゃうカメラがあるのに、カビありのカメラ持って喜んでる私って……………… ま、いっか…

 で、今回も横浜! 寒くなる前に何としても大桟橋までと思いまして… 今回はあらかじめ調べて、赤レンガ倉庫前で足止めをくいそうなおいしいイベントはやっていないことを確認し(ちっ…)、久し振りの晴天の日、出掛けて参りました。

 まずは、大観覧車前。 気になるカビの具合はどうかといいますと…

 …全然問題なし…… どうしよう、「こんな風にカビの影響って出るんですね…」って話の展開にしようと思ってたのに、う~ん…… …あっ、喜んでいいのか…… 
 ちなみに今回の記事は、ネガからのスキャンとプリントからのスキャンと混ぜて掲載します。 こちらはネガから…  空の部分に少し色ムラがありますが、プリントの補正で直せる範囲です。 ちょいと昔っぽい色味ですね。 カメラ自体がかもし出す雰囲気にぴったり!

 で、赤レンガ倉庫です。

 絞りは開放に近いF4。 シャープさも十分ですね。 …カビありなんですが…


 こちらはF11。 そびえてる感出てます。 何度もいいますが、レンズはカビあり…

 ところで、このネガを少し濃い目にプリントしてもらうとこんな感じ…

 一気に雰囲気が変わりました。 レンガの色は、こちらの方が見た目に近いか… にしても、こんなにこってりな色が出るんですね。 空の感じなど、これまた別の意味でレトロな色です。

 さて、やっと大桟橋にたどり着きました。

 プリントからのスキャンです。 やはり逆光には弱いですね。 純正のフードが見つからなければ、ベビーローライのものでも代用できますって高いけど…


 こちらはネガから。 かなり白くなっていますが、木目の感じは良いでしょう… 質感描写もなかなかです。 …にしても、大桟橋まで行って何撮ってんだろう…


 これもネガから。 左上の色ムラは光線モレ… でもプリントでの補正は可能です。 前回、プリモ ジュニアの時にも述べましたが、遠景が実際よりもかなり圧縮されているように感じます。


 最後はプリントから。 こちらもネガでは左上に光線モレが出ていたのですが、補正してもらいました。 少し濃い目に焼いてもらったら、こんな青空に… ちょっと現実離れした感じがして、幻想的……かな…

 え~、そんなわけで私のヤシカ44は書斎(ナイけど)の書棚(ナイけど)のオブジェになることなく、現役として活躍してくれそうです。 …勿論、他の子からは隔離しておきますが…

 ちゃんと大桟橋まで行ったし(山下公園へは、日が落ちてしまったので断念…)、作例もいっぱい撮ったし、 ……でも、なんか足りないような気がする… 何だろう……  続く… (文責・イット)


[ Category:etc.|掲載日時:2008年11月21日 19時45分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む
Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1.4L IS USM Canon EF85mm F1.4L IS USM で見る今日この頃 2018年12月06日
こんにちは。12月に入り、空気がすっかり冷え込むようになりました。通勤等で目にする景色も日々変化しているのを感じます。 今回はこの頃、Canon EF 85mm F1.4L IS USMをファインダーを通して見たものをご紹介させていただきます。 この時期、やさしい日差しを浴びながら撮影するのは気持ちよいのですが、咲いている花が少ないのが残念です。 しかし、このような被写体を強調するタイプのレンズは背景をぼかしてくれるので 実際の光景よりも格好よく写し込むことが可能です。 背景を美しく...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]