二眼レフは、いかがですか?!  その16 | THE MAP TIMES 
Select Language



二眼レフは、いかがですか?!  その16

[ Category:etc.|掲載日時:2008年11月21日 19時45分]

再びの横浜は、ヤシカ44(ただしカビあり)で…



 前回のブログ掲載後、周りから「結局、横浜までビール飲みいっただけじゃないか!」とか「作例よりもビールの写真の方が気入れて撮ったでしょ!」とか「次の日教わって赤レンガ行ってきた。ビールおいしかった!!」とか賛否両論もらいました… そんなわけで、今回はもっと気入れて(別に前回サボったわけではなく、あくまで天候が…)撮りにいくことになりました。

 で、選んだのがヤシカ44。 …またベスト判のカメラです。 プリモ ジュニア同様クランク巻き上げですが、フィルム巻き上げとシャッターチャージが別という、ローライのフレックスとコードの中間のような操作感(?)が味わえます。 巻き上げた後、右手親指でグイッとレンズ横のレバーを下げチャージ、人差し指でレリーズ。 前のヤシカDと同じ感覚ですが、ボディが小さい分、ちょっとショックが大きいか… まぁ、クランク式に慣れてる身としては、巻上げを忘れて二重露光… というような前回の失敗はなかったですが、シャッターチャンスの肝心なところで「あ、チャージ忘れてた!」 ……情けない…

 その他のスペック的な面はプリモ ジュニアと大きな差はありません。 レンズは「ヤシコール60㎜F3.5」 ファインダーも比較的明るく、ピント合わせも良好。 あとは写りに期待! …といきたいところなんですが、実はちょいと問題あり… 今回の使用カメラ、撮影レンズの後玉がかなりカビカビしているんです… 普通だったら、手は出さないってくらいのカビです。 でもね、かわいかったんですもの… 「ダメならオブジェとして飾っとくか!」って気分でした。
 …自分だけの寛ぎの空間である書斎(ナイけど)の、間接照明(ナイけど)がほのかに照らす重厚な書棚(ナイけど)の一角、スタンダール全集(ナイけど)の前にしまい忘れたおもちゃのようなグレーの小さなヤシカ44… うん、買った!

 じゃあ、どのくらいのカビかといいますと、このくらい  

 きゃぁー…
……でも、この写真、ダメもとでコンパクトデジカメをマクロモードにして、裏蓋側からカメラ突っ込んで撮ったんですが… 撮れちゃいました、カビ… ……こんな風に何でも簡単に撮れちゃうカメラがあるのに、カビありのカメラ持って喜んでる私って……………… ま、いっか…

 で、今回も横浜! 寒くなる前に何としても大桟橋までと思いまして… 今回はあらかじめ調べて、赤レンガ倉庫前で足止めをくいそうなおいしいイベントはやっていないことを確認し(ちっ…)、久し振りの晴天の日、出掛けて参りました。

 まずは、大観覧車前。 気になるカビの具合はどうかといいますと…

 …全然問題なし…… どうしよう、「こんな風にカビの影響って出るんですね…」って話の展開にしようと思ってたのに、う~ん…… …あっ、喜んでいいのか…… 
 ちなみに今回の記事は、ネガからのスキャンとプリントからのスキャンと混ぜて掲載します。 こちらはネガから…  空の部分に少し色ムラがありますが、プリントの補正で直せる範囲です。 ちょいと昔っぽい色味ですね。 カメラ自体がかもし出す雰囲気にぴったり!

 で、赤レンガ倉庫です。

 絞りは開放に近いF4。 シャープさも十分ですね。 …カビありなんですが…


 こちらはF11。 そびえてる感出てます。 何度もいいますが、レンズはカビあり…

 ところで、このネガを少し濃い目にプリントしてもらうとこんな感じ…

 一気に雰囲気が変わりました。 レンガの色は、こちらの方が見た目に近いか… にしても、こんなにこってりな色が出るんですね。 空の感じなど、これまた別の意味でレトロな色です。

 さて、やっと大桟橋にたどり着きました。

 プリントからのスキャンです。 やはり逆光には弱いですね。 純正のフードが見つからなければ、ベビーローライのものでも代用できますって高いけど…


 こちらはネガから。 かなり白くなっていますが、木目の感じは良いでしょう… 質感描写もなかなかです。 …にしても、大桟橋まで行って何撮ってんだろう…


 これもネガから。 左上の色ムラは光線モレ… でもプリントでの補正は可能です。 前回、プリモ ジュニアの時にも述べましたが、遠景が実際よりもかなり圧縮されているように感じます。


 最後はプリントから。 こちらもネガでは左上に光線モレが出ていたのですが、補正してもらいました。 少し濃い目に焼いてもらったら、こんな青空に… ちょっと現実離れした感じがして、幻想的……かな…

 え~、そんなわけで私のヤシカ44は書斎(ナイけど)の書棚(ナイけど)のオブジェになることなく、現役として活躍してくれそうです。 …勿論、他の子からは隔離しておきますが…

 ちゃんと大桟橋まで行ったし(山下公園へは、日が落ちてしまったので断念…)、作例もいっぱい撮ったし、 ……でも、なんか足りないような気がする… 何だろう……  続く… (文責・イット)


[ Category:etc.|掲載日時:2008年11月21日 19時45分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

キヤノン 【新元号令和、平成を振り返る】平成に誕生した「L」レンズ、勝手に8選 2019年04月22日
キヤノン EFレンズで振り返る平成。 「平成」に誕生した「個人的に推せる」EFレンズの数々を写真と共に紹介します。 今回は数あるEFレンズから、筆者が特に思い入れの強い8本を選出しました。 EFレンズは多くの種類から構成されていますがその中でも「Lレンズ」から厳選します。 鏡筒に刻まれた鮮やかな一本の赤いラインには特別感があります。 プロ品質と呼ぶに相応しい卓越した描写性能と優れた操作性、耐環境性・堅牢性を備えたレンズです。 EF50mm F1.0L USM(1989年/平成元年) 当時、35mm一眼...
続きを読む
Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 【新元号令和、平成31年間を振り返る】平成最後の目黒川桜まつり 2019年04月21日
新元号の発表が迫る平成31年3月の終わり。 愛用の一眼レフを片手に初めて目黒川桜まつりに足を運びました。 「さて、レンズはどれにしようか」 初めての場所だし、混雑すれば自由に動けないかもしれない。 広角か、望遠か、単焦点か…。 そうは言っても、機材をあれもこれも持っていけるわけでもない。 そんな時に持ち出すのは、 「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」 2010年にキヤノン用が発売され、かれこれ10年近く経過しますが、 未だに人気の衰えない平成のロングセラー商品となります。 ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 2019年04月20日
初めて意識的に写真を撮ったのは18歳でした。高校を卒業し、進路がバラバラになる友人達を撮るためにフィルムのコンパクトカメラで撮影をしていました。 それから写真を撮るようになり、アルバイトをしてNikon FM10と50mmを購入。 ボディは壊れるまで使いました。 当時はカメラと言えばフィルムカメラの時代で、進学先で出来た友人達やライブハウスで撮影したりする日々を送っていました。 その頃から「ロンドンの街をフィルムで撮りたい」という夢があり、2016年にお休みをいただいて渡英。 ...
続きを読む
【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 2019年04月19日
SONY α7III(動物リアルタイム瞳AF) + SEL100400GM 2019年4月11日 α9に続いてα7RIII、α7IIIの大規模アップデートが実施されました。 今回のアップデートでは初めて動物を対象にしたリアルタイム瞳AFが搭載されました。 ペットを飼っている方は待望の機能、待っていた方も多かったと思います。 実際の使い勝手はどうなのか? 本当に瞳にAFが合うようになるのか? そんな疑問にお答えすべく、今回は動物リアルタイム瞳AFにスポットを当てて行きたいと思います。 筆者はロングコートチワワ(白)...
続きを読む
SIGMA MC-21 【SIGMA】マウントコンバーターMC-21発売開始! 2019年04月19日
フルサイズミラーレスLマウントユーザーのお客様、大変お待たせいたしました。 使用できる交換レンズ数が広がる大好評のマウントコンバーター「MC-21」、本日発売開始です! ラインナップがまだまだ限定的なLマウントにあって、既に発売されているEFマウントレンズやSAマウントレンズを取り付けられます。これは素晴らしい。 2019年4月19日時点で、対応を謳うレンズは以下の通りです。 【35mmフルサイズ】 12-24mm F4 DG HSM | Art 14-24mm F2.8 DG HSM | Art 24-35mm F2 DG HSM | A...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]