Select Language

二眼レフは、いかがですか?!  その21

[ Category: etc.|掲載日時:2009年06月30日 17時00分]
鎌倉のアジサイをローライで…

null
露出やアングルには目をつぶってください… 周囲からの奇異の目を感じつつ撮ってます…

前回「サクラの次は、フジの写真を…」なんていってましたが、あっという間にフジのシーズンも終わり、気がつけばアジサイだって見頃を終えようとしています。 このコーナー、常に後手、後手になっていますが、まぁ旅番組ではないので大目にみてやってください。
そんなわけで、ネタに困った時の「いざ、鎌倉」… ローライフレックス2.8F(プラナー)を持って、快晴どピーカンというアジサイを撮るには不向きな条件の日に、鎌倉の名所を廻ってきました。

かなりの人出と圧倒的なデジカメ攻勢が予想されるなか、それでも果敢に(無謀に?)二眼レフを携えていくからにはと、今回は近接撮影用のローライナー1・2もバッグに詰めていきました。
このローライナー、ローライをより楽しみたい方は是非手に入れていただきたいアイテム。 通常の撮影では最短1m弱までのところを、ローライナー1は100cmから45cm。 2は50cmから31cm、3は32cmから24cmまで寄ることができます。 私の場合、人物をもうちょっとアップでなんて時に1を、花などの手持ちアップに2、3はちょいと本格的な接写時にという感じで使ってます。 なお、お持ちのローライの機種、付いてるレンズによってバヨネットの口径が異なりますので、ご注意を! 一番小さなバヨネットⅠのローライナーなら多くの国産二眼レフにも流用できます。

null
 ローライナーを装着した図。 厚い方はビューレンズ用で、薄い方が撮影レンズ用です。ビューレンズ用はパララックスの補正のため、必ず赤いポッチが上にくるように付けてください。 上からフードも装着可能です。


まずは、「あじさい寺」として有名な北鎌倉の明月院に… いやぁ、本当にすごい人でした… 数千株の青いヒメアジサイの中を、列になってゾロゾロと行進しながらの撮影。 ゴメンナサイ、デジタルと違って撮影にちょっと手間取ります… でも、ヒットアンドアウェイで撮ったらすぐどくから許してね…

null
 (コダック・E100GP 以下同じ)ローライナー2使用
null 
 ローライナー1使用

…待てよ、アップでばっかり撮ってたら、鎌倉の意味ないじゃん… ちょっと引きで… と思っても、人、人、人… なかなか途切れてくれません。 あ、ここの横道いいかも… と構えた途端に、私よりご年配のご婦人がた5名ほどが、「あら、ここいいじゃない、ほら集まって、撮るわよ!」 パシャ… 「どれ、あーもう、○○さんたら目つぶってる。 はい、もう1枚撮るわよ」 「ちょっと、××さん、顔に花かかっちゃってる! もっと前出て」 「大丈夫よ」 「いいから、前!」 (……) パシャ… 「いいじゃない。 素敵、素敵!」 (ふう…) 「もう、さっきから△△さんばっかり撮ってるじゃない。 ちょっと貸して!」 「いいわよ」 「いいから、入って入って!」 (………) パシャ… 「どれ、あらっ、いいじゃない!! ねぇ、見て見て!」 (……) ここでようやく私の存在に気が付いてくれた1人が、「あっ、どうぞ、通ってください」 (違うっっ!!)

null
 よく写真には撮影者の気持ちが写るなんていいますが、…大丈夫、写ってません。

出口付近では、上方の竹林をバックに。 こんな時、ウェストレベルのカメラなら、構えるのも楽チン。
null
 よく見ると、木洩れ陽が絞りの形の五角形になってます。 嫌う人もいるけど、私は気に入っています。

かなり長く居座りましたが、このへんで明月院を辞し、線路を渡って浄智寺の方へ。

null
 途中の1枚。 バックに列車の通過を待ちましたが、来ないのであきらめました… 鉄っちゃんにはなれません…

null
そして、浄智寺前、甘露の井で1枚。

さっきまでが嘘のように、人が少なく静かです。
null
 ローライナー2使用

寺の中には入らず、お隣の東慶寺へ。

null
 ローライナー1使用  こちらも門前で1枚。 決して拝観料を渋ったわけではなく、お腹減っちゃったんです…

ここから建長寺を経て鶴岡八幡宮まで歩く人も多いのですが、えぇ軟弱者です。 鎌倉駅まで1駅、しっかり列車に乗りました。 降りたら、わき目も振らずに蕎麦の「なかむら庵」へ。 いつもの大冷やしなめこそばを…

null
 オプション付き! そば湯も堪能して、満足、満足。

腹ごなしにお土産物屋をひやかした後、これまた定番の江ノ電へ。 遠足でグループ行動中の小学生のボウズども……もとい、お子様方の周りが全く目に入っていない天真爛漫な元気ぶりに、思わず喉元まで出かかった言葉を抑えるため七里ガ浜駅で下車。 海を見て気を落ち着けよう…

…いやぁ、いいですねぇ、湘南の海! 空は青く澄み渡り、風は穏やか。 せっかくだから、隣りの鎌倉高校前駅まで浜辺を歩いてみましょう。
砂も舞わないような優しい風、でも波はそこそこあって、サーファーの姿もちらほら。 浜辺には小さな子どもの砂遊びを見守るお母さんや、愛犬との散歩を楽しむ方も… そんな、本格的な夏前の穏やかな砂浜に一歩一歩足跡を残しながら進む、ローライを肩からぶら下げたおじさんひとり…… う~ん、絵になる… (えぇ、どこでも自分の世界に入れます…)
………でも、意外に距離あるなぁ… ……見えてるのに、近づかないのはなぜ? …普通の靴できたもんだから、中、砂だらけになっちゃったし… ……もう戻るのも遠いじゃん… ………だぁー、あづぃ!!……
…今度来るときは、涼しい曇りの日にします… 

やっと着いて、ほっと一息… …あっ、写真撮ってないや…

null
 青い空… 大丈夫、気持ちは写っていません…

とにかく、ゆっくり日陰で… ということで、鎌倉高校前駅舎へ。 ここは、ホームから海が見えることで有名。 ベンチに座って、ローライのファインダーを開き、スクリーンに映る風景を堪能… ……えぇ、傍から見たら変な人かもしれませんが、本当にいいんですよぉ… まさに自分だけのシアタースクリーンに映し出された映像の1コマを切り取る感覚でパシャ…

null
 赤いビートル… 私の地域のルールでは「0に戻る」だったっけ…って、さて何の話でしょう……

null

江ノ電で極楽寺駅に戻り、成就院へ。 ここもアジサイの名所です。 階段状の坂道の両側にアジサイが咲き乱れ、その遠方に湘南の海が臨めるという絶景ポイント… ということで、すごい人… 去年は閉門間近の4時過ぎには人も減り、奇跡的に無人の坂道を撮れたのですが、今年はダメ… 年々、人が増えているようです。 そんなわけで写真なし… ご想像におまかせします。

そのまま歩いて、1駅鎌倉寄りの長谷駅に戻る途中にある御霊神社へ。 ここもアジサイスポットとして近年人の多い所です。 線路を渡るとすぐ神社の敷地なんですが、線路沿いにアジサイが… アジサイと江ノ電を撮れる名所として、昼間電車内から見た時もたくさんの人だかりでした。 でも、もうすっかり暮れ時… ひっそりしてます。 周りは普通の民家なので、こちらも静かにポイントを定め、カメラを構えて江ノ電を待ちます… とそこへ、若いカップルが… 「あ、ここいいじゃん、すごーい。 ねぇ、撮って撮って!」 (…いや、線路内入るのはよくないぞ…) 「これ、電車と一緒に撮れるね。 早く来ないかな…」 何となく視線を感じます… たぶん、邪魔なんだろうなぁ… でも、先に来たの私だし、線路際に飛び出しているわけでなし… 「ねぇ、あそこ、ゴニョゴニョ…」 …別に昼間おばさま方にどいてもらえなかったのを、君らに当てこすりしようとか、んなイチャイチャしやがってとか、…そうじゃなくてね、私は先に来てここで電車待ってるわけで… 何となく息苦しいなか、江ノ電が来ました。鎌倉方面に続き、すぐに江ノ島方面の列車が… 撮り終わって、ふと見るともうカップルいません… なんだ、あと15分くらい待てば次来るのに… 神社をお参りし、もう一回江ノ電を撮影した後、帰途に着きました。

null
null
(フジ・プロビア400X) 邪心などありません…

null
でも、踏まれてます…


追記:仕事柄、周りの人が持ってるカメラにもつい目が向いてしまうのですが、今回の鎌倉でフィルムカメラを下げている人、5人くらいでした… …それでも、あえて言わせてもらいます、古都鎌倉に二眼レフはよく似合います!!

続く… (文責・イット)


[ Category: etc.|掲載日時:2009年06月30日 17時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!303票


Nikon Z7 × NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct をZ7に装着してみました【カメラを愉しむ vol.8】[2020年01月21日]

2019年10月12日に受注を開始した受注生産モデルの「新生Noct」。 ノクトニッコールと言えば1977年(昭和52年)に発売された「Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct」。 Nocturne=夜想曲から命名されたと言われ、中古相場では今でも状態の良い個体で60万円近い価格で取引されている伝説のレンズだ。 この伝説のノクトニッコールの歴史を現代に受け継いだZシリーズ用レンズ。 これが今回ご紹介す...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】monochrome 【SONY】[2020年01月21日]

皆さんこんにちは。 今月は「街で見つけた形にフォーカス」をテーマに綴っております。 昔聞いたことのある話なのですが一般的に男性は形や空間認識能力に優れ、女性は色彩感覚に優れているのだそうです(あくまで一般的に、なので逆の人もいれば両方共優れている人もいるのだとか。) となると今回のテーマは一般的(?)に言えばまさに男性が得意な被写体と言えるのでしょうか。実際どのスタッフが書...
続きを読む
【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】

【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】[2020年01月20日]

今回の掲載写真は「SONY α7S」にマウントアダプター「LA-EA3」を使い Aマウントレンズ「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM」で撮影しました。 こちらは東京・浅草周辺を歩いている時に見つけた面白い形の白い大きなオブジェ 側面に穴が開いており、穴からはスカイツリーが見えます。 スカイツリーの隠れ撮影スポットを発見しました。 穴の中にカメラを入れるとオブジェの内側を覗く事がで...
続きを読む
D780

【発売直前】 D780とはどんなカメラ?[2020年01月20日]

Nikon D780とはどんなカメラ? 待っていた方も多いのではないでしょうか。 2014年に登場し、 ミドルレンジのフルサイズデジタル一眼レフとして長年多くのユーザに愛されてきたD750。 時代の移り変わりとともに、 Nikon一眼レフの金字塔D850が登場したり、 待望のフルサイズミラーレスZシリーズが誕生してきましたが、 それとは別に、今の時代ならではの新しい技術を取り入れつつも 安心して使...
続きを読む
カタチから過去を振り返る

【街で見つけた形にフォーカス】カタチから過去を振り返る【FUJIFILM】[2020年01月19日]

FUJIFILMといえば最近は専ら『X-Pro3』の話題で持ちきりですが、 『X-Pro2』も捨てたものではありません。 今回、街で見つけた形にフォーカスということで、 その『X-Pro2』を片手に今まで撮影してきたものを振り返ります。 私の中で丸といえば、なぜか道路標識が優先度高めに出てきます… 最初の写真は福岡にいたときに撮影したもので、こちらは東京丸の内で撮影。 同じような被写体...
続きを読む