StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

【おいしいカメラ#007】黄金のレンズ!Petzvalの強烈なボケ【Lomography】

今回は、ロモグラフィーのNew Petzval 58mm F1.9をご紹介します。

時は江戸時代。

1840年にジョセフ・ペッツバール博士が発明した「Petzval(ペッツバール)」というレンズがあります。

そのレンズ設計と外観デザインを継承した新しいペッツバールが、当レンズ「New Petzval 58 Bokeh Control Art Lens」です。

オリジナルのペッツバールのデザインを引き継ぐ美しい鏡筒に、F1.9からの「ボケ調整リング」を差し込みます。

リングはプレーンな各サイズの丸型はもちろん、星型やハート型など様々な形があり、それらが生み出す強烈なぐるぐるボケは超個性的。

(中古のPetzvalの場合、その個体により付属するリングが異なりますので、ご注意ください。)

 

薄いピントに大きなボケ、そしてギア式のマニュアルフォーカスですから、扱いが難しいのではと想像するかもしれません。

確かにファインダーでピント合わせするのは慣れないとちょっぴり難しいでしょう。

そんな時は、180年前にはなかったライブビュー機能が頼りになります。

その使い勝手の良さは、まさしく「現代生まれのオールドレンズ」といったところです。

では写りを見てみましょう。

ボケは1~7の7段階に調節できます。

最もボケが強くなるのは7に設定したときで、こちらがボケレベル7の写真です。

中心にはしっかりピントが合い、周辺が大きくぐるぐるボケしていることが見て取れます。

また「ボケ調整リング」にはいろいろな形があるので、その中から星型を試してみると、点光源が見事に星型になりました。

なんてフォトジェニックなのでしょう!

いろいろ使えそうです。

 

Petzvalは85mm、58mm、55mmと3種類レンズが出ています。

デザインや色をはじめ対応マウントも選択肢がありますので、相性のよい一台を見つけ、ぜひお試しください!

 

[ Category:etc. | 掲載日時:20年05月27日 16時30分 ]
9+

RECOMMEND

PAGE TOP