StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

【増税前にデビュー】アートな世界へお散歩に

【増税前にデビュー】アートな世界へお散歩に

SONY α7RIV + Leica ノクティルックス M50mm F1.0
SONY α7RIV + Leica ノクティルックス M50mm F1.0

8月から続いた暑さも和らぎ、ふらっとカメラ片手に出歩きたくなるような、秋風が心地よい季節になりました。
まだまだ紅葉には少し早いですが、写真撮影を行うには最高のベストシーズンの到来です。

SONY α7RIV + Leica ノクティルックス M50mm F1.0

ちょっとした用事で都内に行く機会があり、カメラ片手に銀座で行われている金魚のアートアクアリウムと渋谷の万華鏡展に行ってきました。
アートアクアリウムは最終日が近かったせいか会場は大賑わい、各々金魚を見て楽しんでいました。

SONY α7RIV + Leica ノクティルックス M50mm F1.0

SONY α7RIV + Leica ノクティルックス M50mm F1.0

SONY α7RIV + Leica ノクティルックス M50mm F1.0

SONY α7RIV + Leica ノクティルックス M50mm F1.0

ふわふわとゆっくり泳いでいる金魚は癒されます。
湾曲型のガラスだったり、多角形の水槽だったり…。
見たら思わずハッとしてしまうような、アーティスティックな展示物が並びます。

ガラス越しだと光が屈折してピントが合わず、M50mm F1.0で撮影するのは中々難しいですが、大口径ならではのボケが大いに楽しめます。

SONY α7RIV + Leica ノクティルックス M50mm F1.0

SONY α7RIV + Leica ノクティルックス M50mm F1.0

会場内外の装飾も綺麗で、ついつい足を止めて写真を撮りたくなってしまいます。
壁に開けられた隙間から漏れ出す煌びやかな光は、まるで金箔のようです。

SONY α7RIV + Leica ノクティルックス M50mm F1.0

少し季節はずれな風鈴ですが、秋風に揺れて心地よい音色を奏でていました。
さすがノクティルックス、ピント面から徐々に溶けていくボケ味にはうっとりしてしまいます。

SONY α7RIV + Leica ノクティルックス M50mm F1.0

場所は変わって渋谷で催されている万華鏡展へ。
主に国内で活動されている万華鏡職人の作品を中心に約1000点の万華鏡が展示されていました。

SONY α7RIV + Leica ノクティルックス M50mm F1.0

実際に覗いて楽しむことができ、好みの万華鏡が見つかれば実際に購入することも!
指一本に満たない小さなサイズの作品から、サイズの大きな据え置き型の作品まで様々な種類が数多く並んでいました。

SONY α7RIV + Leica ノクティルックス M50mm F1.0

覗くことで楽しむのが万華鏡というイメージがありますが、万華鏡そのものが一つの芸術作品として成り立っているのには驚きました。

木彫りの物からステンドグラス、写真のようなオシャレなコスメを連想させる形まで、万華鏡作者さんの想いが詰まった品々を数多く見ることが出来るので、気になる方は是非足を運んでみてください。
(渋谷 Bunkamuraにて2019/9/21(土)~9/29(日)まで 入場無料です)

▼今回のおすすめ機材はこちら▼


〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica | 掲載日時:19年09月23日 16時45分 ]
0

RECOMMEND

PAGE TOP