【新元号令和、平成を振り返る】フォトキナ2008とマイクロフォーサーズ

今から遡ること、10年半ほど前。
既にカメラ業界に足を踏み入れていた私は「フォトキナ2008」を視察する機会を得たのでした。

ちなみに、撮影機材は「リコー R8」です。

フォトキナ直前に、パナソニックからマイクロフォーサーズ企画のデジタル一眼カメラ「LUMIX DMC-G1」が発表され
言わばミラーレス創生のタイミングであった訳ですが、市場的にはライブビュー専用機に懐疑的な見方がされ
小型で女性に受けるかなという程度の感覚で見られている方が多かったように思います。

「ミラーレス」という総称もしばらく後からでしたし、パナソニックもブランド名の一つ(ナショナルと双璧)で
会社名は松下電器産業でした。

そんな中、オリンパスもフォトキナにてマイクロフォーサーズ企画の施策モックアップを参考出品すると発表。
パナソニックG1がデジタル一眼レフライクなスタイルであったのに対し
従来のスタイルとは一線を画す、超小型フラットなスタイルに衝撃を受けました。

ここから翌年の「PEN E-P1」の発売に繋がり、一気にマイクロフォーサーズは市場を席巻したと記憶しています。そして私も買いました。

当然、まだまだデジタル一眼レフが圧倒的なシェアを保っていましたが、今のミラーレス全盛の流れが生まれた
エポックメイキングな時期と言えるかもしれません。

同じタイミングで懐かしいものも参考出品されていました。

こちらは所有するまでは至らず。

会場周りの散策。

ケルンメッセ駅

ケルン大聖堂

大聖堂からの街並み

10年ひと昔と言いますが、隔世の感あり。

令和10年にはどんなカメラが登場しているのでしょう。

〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:OLYMPUS | 掲載日時:19年04月13日 10時30分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP