StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【新旧共存】ハロー、平成元年。EF85mm F1.2L II USMについて

【新旧共存】ハロー、平成元年。EF85mm F1.2L II USMについて

「新旧共存」

この言葉を聞くたび、カメラとはいいものだと感じます。

今回ご紹介するCanon (キヤノン) EF85mm F1.2L II USMの原型は、1989年(平成1年)9月に登場したⅠ型(EF85mm F1.2L USM)です。

2006年にⅡ型へとモデルチェンジしましたが、その時の変化は鉛フリーレンズへの変更、コーティングのデジタル対応化、高速CPUの搭載とAFアルゴリズムの最適化などなど…。マイナーチェンジと言って差し支えない小変更に留められています。

そんなレンズが、2020年9月18日現在新品で購入でき、2017年に発売した現行機のCanon (キヤノン) EOS 6D Mark IIにマウントして使用できるなんて、カメラ以外では考えられません。

例えば平成元年の車といえば、マツダのサルーンはアテンザではなくペルソナというエレガントな車でした。

オーディオはカセットテープが全盛期で、まだMDすら出ていません。

コンピュータの記録メディアはフロッピーディスクですし、ゲーム機はやっと「ゲームボーイ」が発売となった頃です。

その頃発売されたレンズとほとんど同じものを、今のボディで使える。

これぞまさしく「新旧共存」です。

まずは絞り開放で一枚。飛行機の周りがやさしく滲みました。

 

 

さて、その写りを表現するのであれば、

「とても、やさしい。」

という言葉に落ち着きます。絞り開放から中央部の解像力は見事なものの、画面中心部を1/3程超えたあたりからシャープネスが低下し始めます。

被写体の周囲に少しでも光があれば、たちまちそれは軸上色収差となり、画面を賑やかに彩ってくれます。

最新レンズとは全く違うその個性をどう生かすか。

非常に使い出があります。

こちらは飛び回る蝶を絞り開放のAI SERVOで追いかけていた際に撮れた一枚で、蝶がどこにいるのかわからないくらいのフレアが出ています。

動画などで使用すると、ファンタジックな絵が撮れそうです。

 

因みに元来コンティニュアスAFで使用するレンズではないので、AF時の挙動はゆったりなものの、オートエリアAFはしっかりと蝶を認識し追尾しようとしていました。

しかし最短撮影距離を割るほど蝶が近づくと、「ドコドコドコ…」という振動と共にカメラが揺れます。

それは「もうこれ以上近寄れない」というレンズ側からのサイン。「一生懸命ピントを合わせようとしているけれど、構造上これ以上はクローズ出来ない」という状態です。

全群繰り出し式のAFは、時に微笑ましいほどクラシカルです。

 

強い光源が無ければ、比較的素直な描写で大きな癖はありません。

どちらかというと湿度を感じるような写りですが、ツアイスレンズの様な湿度感とはまた違います。

周辺減光はありますが、f1.2というスペックから想像されるより強烈でないのは、大きな前玉のおかげでしょうか。

 

 

至近距離では柔らかい描写ですが、被写体までの距離が5m~10mかつf1.8~2.8の時は筆舌に尽くしがたい程良い画を吐きます。

十分以上のシャープネス、たぐいまれなる立体感。

このコツをつかむと、一気に使いこなしが進みます。

 

 

遠景をf1.2で撮影すると、あまり見たことのない写真になります。

当然のようにパープルフリンジは出ますが、そこはご愛敬。

まるでミニチュアの様な写り方ですが、デジタルフィルターでミニチュア風にするのと違って「加工しました」写真になりません。

これはこのEF85mm F1.2L II USMだけの特権です。

 

 

どのような条件下でも圧倒的なシャープネスを誇る現行レンズと比べれば、強い癖のおかげで振り回されることも少なくありません。

それでもついつい防湿庫から持ち出してしまうのは、「決まった」時の描写が忘れられないから。

 

画面の四隅まで高解像な写真が当たり前の時代に、「とても、やさしい」一本は如何でしょうか。

 

 

 

[ Category:Canon | 掲載日時:20年09月18日 18時52分 ]
4+

RECOMMEND

PAGE TOP