StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【新旧共存】Canon 70-200mm F2.8L IS USM比較

【新旧共存】Canon 70-200mm F2.8L IS USM比較

今回、新旧で比較するレンズは「Canon EF70-200mm F2.8L IS USM」シリーズです。
RFマウントのRF70-200mm F2.8L IS USMも一緒に比較しました。

フルサイズ大三元の望遠ズーム。
通称「ナナニッパ」とも呼ばれています。
憧れの白レンズ。「一度は使ってみたい!」と思っている方も多いのではないでしょうか。

4本並べると、迫力が凄いです。
左から、I型・Ⅱ型・Ⅲ型・RFマウント用です。

レンズのデザインはどれもあまり変化がないですが、 EFマウント用はⅠ型に比べて、Ⅱ型・Ⅲ型はピントリングの幅が広くなり、手に馴染みやすくなりました。

発売年と重量は下記の通りです。

Ⅰ型 2001年発売 1,590g

Ⅱ型 2010年発売 1,490g

Ⅲ型 2018年発売 1,480g

RF用 2019年発売 1,070g

RFマウント用はEFマウント用に比べ、小型・軽量化されています。実際に手に取ると、軽さに驚きます。

そして、それぞれの描写も気になるところ。
Canon 5D MarkIVに装着して撮影を行いました。

屋外で撮った写真は、ワイド側70mm/ISO400/F5
室内でレンズを電球に向けて撮った写真は、テレ側200mm/ISO100/F5に設定しています。

〇Ⅰ型

手振れ補正は3段分。
ピントを合わせた面はパキっとした写りですが、少し柔らかな印象です。
光源に向けて撮ると、フレア・ゴースト等が目立ちます。

ですがⅠ型なのに、この描写力。さすがフルサイズ大三元の望遠ズームです。
四隅の解像力などもスマートフォンなどの小さな画面で見る限りでは、気にならない程度です。
19年前のレンズですが、現在も通用するこの描写力はさすがです。

〇Ⅱ型

蛍石レンズ・UDレンズが採用され、レンズ面のコーティング性能がアップしています。
フレアやゴーストの発生も抑えられています。
なのでⅠ型に比べ、より描写がシャープな印象になりました。

Ⅰ型では3段分の手振れ補正が搭載されていましたが、Ⅱ型では4段分の手振れ補正が採用されたのも嬉しい点です。

〇Ⅲ型

パッと見る限りでは、Ⅱ型との大きな差はあまり感じられません。
ですが新たに反射防止コーティングのASCが採用されており、よりフレアやゴーストを低減させています。
強い逆光時や夜景などを撮るときなどに、大きなパワーを発揮しそうです。手ぶれ補正効果は3.5段分です。

〇RF用
こちらのレンズはCanon EOS Rに装着し、撮影しました。


キヤノンの最新技術が惜しみなく採用され、申し分ない描写力です。手振れ補正はなんと5段分です。
EFマウント用のⅢ型と張り合える存在ではないでしょうか。
RFレンズは高価でなかなか手が出ない存在かもしれませんが、一度は検討してみる価値があります。

数年後には、Ⅱ型が発売されるのでしょうか…。今後の展開が楽しみです。

以上、EFマウント用Ⅰ型〜Ⅲ型・RFマウント用を比較しました。
フレアやゴーストに関してはⅠ型が目立ちますが、意図的にフレアやゴーストを発生させたい!という時にはピッタリのレンズです。
Ⅱ型・Ⅲ型・RFマウント用も安定の描写力。人気な理由に納得です。

長年に渡り、風景写真・ポートレート・鉄道写真など様々な場面で愛用されてきた「Canon EF70-200mm F2.8L IS USM」シリーズ。
その実力は今も、一級線のままです。


 

[ Category:Canon | 掲載日時:20年09月27日 20時00分 ]
+2

RECOMMEND

PAGE TOP