StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

【新旧共存】EF 24-70mm F2.8 L~Ⅰ型とⅡ型~【Canon】

Ⅰ型・Ⅱ型・Ⅲ型… カメラと同じくレンズも日々進化を遂げ、同じ焦点距離・F値で何種類も出ています。

同じレンズの新旧比較をし、使用者のニーズに合わせた世代のレンズを選択出来るのが我々のような中古販売店の強みと感じております。

 

さて、ではその新旧は一体何が違うのか?一体何が変わったのか?という疑問を皆様はお持ちだと思います。

今回はその疑問を作例を交え、検証という形で皆様にご紹介出来たらと思います。

右がⅠ型のEF24-70mm、左がⅡ型のEF24-70mm

まずは、各レンズのスペックから比較します。

 

EF24-70mm F2.8L USM

発売年月 2002年(平成14年)11月
レンズ構成(群) 13
レンズ構成(枚) 16
絞り羽根枚数 8 (円形絞り)
最小絞り 22
最短撮影距離(m) 0.38
最大撮影倍率(倍) 0.29
フィルター径(mm) 77
最大径x長さ(mm)x(mm) 83.2 X 123.5
質 量(g) 950

EF24-70mm F2.8L II USM

発売年月 2012年(平成24年)9月
レンズ構成(群) 13
レンズ構成(枚) 18
絞り羽根枚数 9(円形絞り)
最小絞り 22
最短撮影距離(m) 0.38
最大撮影倍率(倍) 0.21
フィルター径(mm) 82
最大径x長さ(mm)x(mm) 88.5 x 113
質 量(g) 805

重量は約150g程、後継機種の方が軽くなっていますがレンズの枚数は16枚→18枚に増え、フィルター径が77mm→82mmと大型化しています。

 

初代のモデルは24mm側になると鏡筒が伸びる構造になっております。

 

一方Ⅱ型は、70mm側で鏡筒が伸びるようになっております。

 

サイズ感については、約150gの差なのでグリップの深い機種や大型の機種であればあまり重量差を感じないと思います。

操作性はⅠ型の方は24mm側で鏡筒が伸び、Ⅱ型は70mm側で伸びますが、回す方向が一緒なので特段どちらかに不便さを感じる事はありませんでした。

ちなみに、Ⅰ型の方はマクロ機能があり最短で0.38mで撮影を行えます。


このマクロ機能はⅡ型の24-70mm F2.8にはありません。

続いて、描写の性能比較を行いたいと思います。

今回は分かりやすい比較検証の為、ボディはいずれもEOS R5を使います。

EF24-70mmF2.8L USM 24mm F2.8 SS1/2000 ISO100

 

EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM 24mm F2.8 SS1/2500 ISO100

開放側での撮影比較。
曇り気味だったので、太陽の当たり方が多少雲の位置で変わってしまいⅠ型のほうは少し暗くなってしまいました。
一応Avモードにしており、ある程度露出は揃うようにしました。

どちらのレンズも全体を見ると解像力はとても素晴らしく流石Lレンズだと言えます。
しかし細かく比較していくとⅠ型は四隅の解像感が若干甘いのと、少し暗いとは言え発色が少しⅡ型に比べ劣っているように見えます。

ですが、人によってはⅠ型のようなあっさりした色味が好きな人もいると思います。

 

EF24-70mmF2.8L USM 24mm F8 SS1/250 ISO100

EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM 24mm F8 SS1/320 ISO100

今度はF8まで絞り撮影してみました。F8まで絞るとⅡ型のほうは更に解像感は高まり周辺も流れず、収差もない素晴らしい写りとなっています。

Ⅰ型は僅かに周辺が流れてしまってますが、それでも合焦部はF8なだけあり素晴らしい解像度です。

 

EF24-70mmF2.8L USM 70mm F2.8 SS1/1600 ISO100

 

EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM 70mm F2.8 SS1/1600 ISO100

あえて逆光のあるシーンで撮影し、フレアやゴーストが出やすい環境で撮影を行いました。

比較をしてみると、初代のⅠ型の方には中央下部にゴーストが発生してますが、Ⅱ型の方は目立ったフレア・ゴーストは出ておりません。

フレア・ゴーストに対する対応力はⅡ型が一枚上手となる結果でしたが、使い方によってはフレア・ゴーストを写真の演出の一部に使ったりすることがあります(ポートレート撮影など)

これらの効果をコントロールし、自分の写真表現の一環として使えるといつもの写真に一味も二味も良さを加えることが出来ます。

 

いかがでしたか?レンズの大三元と呼ばれる内の一本である24-70mmF2.8。

まず買ったみたいレンズとして候補に挙がる憧れのレンズの1つだと思います。

Ⅰ型であれば中古で8万円前後、Ⅱ型であれば16万円前後で買うことが出来ます。

 

皆様のレンズ選びに、この【新旧共存】ブログが参考になれば幸いです。

 




[ Category:Canon | 掲載日時:20年09月03日 12時00分 ]
6+

RECOMMEND

PAGE TOP